私が国立大学附属中学3年のときの体験談です。
当時、私は学校の写真部に所属していました。
夏休みを間近に控えたある日。

隣のクラスの悪女Kから、「2日前に保健室で発育検査をされた。各クラス順番にやっているようだから、もしかすると明日あたり、あんたのクラスかもしれないわよ」という情報を入手しました。

なんでも検査前日にクラスから男子3人、女子3人が指名されて大学の先生に保健室で検査されるらしく、悪女Kも保健室の中で体操着を脱がされてパンツ1枚にされ、最後にはそのパンツも下ろされてしまったとのことでした。
私はその話に半信半疑でした。

夕方のホームルームの時間に担任から、「明日の1時間目は自習となる。その時間に今から名前を呼ばれた者は体操着で職員室前に集合するように」と言って男子3人、女子3人の名前を呼びました。
その女子の中には、私が密かに好意を寄せていたKさんとSさんも含まれていました。

Kさんは、南国系のような健康的で清潔感溢れる美少女。
中3にしてプロポーション抜群でロングヘアーとチャーミングな笑顔が魅力的でした。
バスケット部に所属しており学校の成績も優秀でした。
Sさんは、清楚な感じのお嬢様タイプで透き通るような色白の肌をした美少女でした。
やはり成績は優秀。
家は金持ちで豪邸に住んでいました。
サラサラのロングヘアーと気高い感じに庶民心を刺激されます。
2人とも私にとっては高嶺の花でしたが、想像の世界は自由ですので、部活のときに隠し撮りした2人の写真に随分とお世話になったものです。

悪女Kの話が真実だとすれば、明日、保健室でこの2人もパンツを下ろされるんです。
心臓がドキドキしました。
こんなことって本当にあるんですね。
可愛い女子が指名されればいいとは思っていましたが、まさかKさんとSさんとは!

検査が行われるであろう保健室の出入り口扉は引き戸になっていて、戸の上のほうの高い位置の部分はガラス張りになっていました。
そのガラスも曇りガラスなんかじゃなくて透明なガラスだったんです。
保健室の内側に白いカーテン設備はあるのですが、当時の人は大らかで、学校側も基本的に性善説に立っていたため生徒の覗きなんかは考えもおよばなかったようです。

私は覗きの絶好のポイントを知っていました。
私のクラスの教室が入っている校舎の外階段2階の踊り場から覗けば、保健室が斜め下にあるため、出入り口の扉の上部(透明ガラス)から保健室内部が一望できたのです。
その外階段は普段立ち入り禁止場所になっているため、人は誰も来ないのです。
検査前日の夜、私は家で望遠レンズと愛用の一眼レフカメラを準備して、明日起こるであろう出来事を想像してワクワクした気持ちで待ちました。

当日、私は早めに登校して、外階段2階の踊り場に足場となる踏み台を用意し、カメラセットもここに隠しておきました。
1時間目、職員室の前を通ると、指名された男子3人と女子3人は真面目にそこに待機していました。
これから行われる検査のことをまるで知らない様子で。

うちの学校の生徒は真面目な生徒がほとんどでしたので、1時間目の自習時間も受験に備えてみんな猛勉強をしてました。
私はトイレに行くふりをして教室を抜け出し階段の踊り場に待機しました。
踏み台に乗って外を見下ろすと、体操着の同級生の女子3人が職員室から保健室に繋がる外廊下を保健室に向かって歩いていくのが見えました。
私はカメラを構えてシャッターを切り始めました。

(ああ、Kさん、Sさん)

2人の爽やかなロングヘアーと笑顔を望遠レンズで眺めながら、これから起こる出来事に想像をめぐらし鼻息荒く興奮している私。
保健室の扉を開け、中に入った女子3人。
レンズを動かしながら透明ガラス越しに2人の姿を追う私。
保健室の中で白衣の先生から何か説明を受けている3人。
3人の顔色が微妙に変わったのを見逃さない私。
3人は観念したようにモゾモゾと白の半袖体操シャツを脱ぎだしました。
KさんとSさんの白いブラジャー姿。
すかさずシャッターを切る私。
あと1人の子にはまったく興味はありません。
白いブラジャーの背中のホックを外しブラをとった3人。
下は紺色のショートパンツ。
靴下も脱ぎ、裸足です。
オッパイを両腕で隠しながら恐る恐る移動する3人。
3人が長椅子に腰掛けた。
順番待ちのようだ。
私からは横向きになっている。
オッパイはしっかりと両腕で隠したまま。
シャッターを切る私。

Sさんが最初に検査を受けるらしく、白衣を着て丸椅子に腰掛けた初老の医師の前に進み出ました。
医師の前の椅子に座るSさん。
私からは背中向きです。
Sさんは両手をオッパイから離し、体側に垂らしました。
医師から聴診器を胸に当てられています。
私の位置からSさんのオッパイは見えません。

(悔しい・・・)

白い。
本当に透き通るように白い綺麗な背中に向かってシャッターを切る私。

聴診器の検査の後は背中の打診。
Sさんは座っている丸椅子を回転させて医師の方に背を向けました。

(うわぁー!Sさんのオッパイ!!)

夢にまで見たSさんのオッパイ。
半球状に発達した思春期の恥ずかしいお椀型のオッパイ。
透き通るような白い乳房、緑色の細い血管が透けて見えるようだ。
ピンク色で清潔感漂う乳首。
子供の頃のそれとは明らかに乳輪の丸面積。
色はピンク。

Sさんのオッパイを最大ズーム、モータードライブで超興奮しながら連写する私。
想像の世界でしか知り得なかったSさんのオッパイ。

(ああ、こんなオッパイだったのか)

孤独な夜のひとりエッチのオカズとして想像していたSさんのオッパイ。
想像の世界だけで終わるはずだったオッパイを今、現実に見ているんだ。
おっと、順番待ちしているKさんの表情も撮っておかなければ!
やることはいっぱいある。

おや?
医師がSさんを椅子から立たせたぞ?
何の検査かな?

そう思った瞬間だった。

(信じられねぇ!絶対ありえねぇ!)

医師がSさんの背中側から両手でSさんの腰骨辺りを押さえるようにして紺色の体操用ショートパンツに手をかけたかと思うと、次の瞬間、一気に太腿の辺りまで下着もろとも下げてしまったではないか!

(えっ!!!)

驚愕する私。
本当にこれは現実なのか。
Sさんも驚きのあまり悲鳴を上げたような表情だった。
その表情も含め、Sさんの正面下腹部に狙いを定め、条件反射的にシャッターを切る私。

Sさんの股間。
淡い陰毛がオマンコの縦筋に沿って長方形に仄かに生えていた。
オマンコの縦筋は恥ずかしいほどハッキリと露出している。

(おおスゲェ!)

まさか、あのSさんのオマンコまで観賞できるとは思いませんでした。

(こんなだったのか!)

ひとりエッチのときに見たことのないオマンコを想像していたが、今夜からは楽しみだ!
あまりにも凄いシチュエーションで、私の愚息はいきり立ってしまい、もうビンビン。
先端がヌルヌルと我慢汁で濡れています。
だがしかし、いくら興奮していたとしても、こんな絶好のシャッターチャンスを見逃すはずはなかった。
ここぞとばかり超ドアップで連写。
気高いお嬢様Sさんのオマンコ。
思春期に入ってからは、見たことのある男子は誰もいないだろう。
高嶺の花のオマンコを私は、見たばかりではなく写真に撮ってるんだ。
優越感。
高まる興奮。
彼女のすべてを知ったんだ。

涙目で起立しているSさん。
上半身裸でオッパイ丸出し。
非日常の世界だ。
下半身は紺色の体操用ショートパンツを下着もろとも太腿まで下ろされた格好。
あまりの羞恥と屈辱感に白い肌が朱色に染まっている。
医師はSさんの背中を調べた後、回れ右をさせた。
今度は医師に対して正面向きで私からはSさんの素晴らしいお尻が丸見えだ。
ヒップアップした桃のようなお尻だった。

私はSさんのお尻を舐め回すように連写しました。
いいケツだ!
あのお尻に顔を埋めてみたい。
硬直した私のペニスを押し付けたい。
そう思いながらシャッターを切っているうちに検査は終わったらしく、医師はSさんの下半身のショートパンツを優しく元に戻してやっていました。

Sさんの検査の様子を目を丸くして見学していたKさん。
次は自分の番かなと心配しながら見ている様子で動揺がありありと見て取れました。
泣きっ面で長椅子に戻ったSさん。
Kさんの検査を物凄い期待感で待つ私。

清楚で気高いSさんが私に向かってオッパイとオマンコ、それにお尻を晒け出してくれた時間はトータルで正味1~2分くらいでしょう。
なのに私は36枚撮りカラーフィルムを1本使い切ってしまっていました。
次がKさんの番だったら大変です。
一生に一度のシャッターチャンスをみすみす見逃してしまうことになりかねません。
しかし神は私に味方してくれました。
次の順番は私が興味のない女の子だったのです。
その女の子が検査を受けている最中に私は急いでフィルムを巻き戻し、新しいフィルムと入れ替えました。
興味のない女の子が検査を終えて胸を両手で隠しながら長椅子に戻りました。

さあ、次はKさんの番です。
私は固唾を呑んで見守りました。
Kさんが名前を呼ばれたらしく長椅子から胸を押さえたまま立ち上がり医師の前に座りました。
Kさんは日焼けしていました。
噂によるとご両親と一緒に海外旅行で泳いできたみたいです。
ビキニ水着のブラジャーの紐跡がセクシーに背中にクッキリと残っていました。
私はその痕跡にまで興奮しシャッターを切りました。
聴診器の検査が終わり、Kさんがクルリと私の方に向きを変えてくれました。

(す、すごい!)

私は思わずゴクリと生唾を飲みました。
服を着ているときにはよく判らなかったプロポーション。
普段の学校生活では、(いいプロポーションだなぁ!)くらいにしか判らなかったKさんの上半身。
今、ブラジャーを外して晒け出されたKさんの生身の上半身はすごいグラマーです。
とても中3には見えない、デカくてエロいオッパイでした。
巨乳ですが垂れていません。
筋肉質っぽい形のいいオッパイでした。
乳房はそこだけブラジャーの跡で日焼けしておらず、ピンク色をした大きな乳輪にそそられました。
私はシャッターを切りまくりながら、(くそー!あのオッパイを鷲掴みしたい。あのオッパイを揉み揉みしたい!しゃぶりたい!)という欲求に駆られました。
私のペニスはズボンの中で痛いほど勃起してました。
Kさんが椅子から立ち上がるとき、オッパイもユサッといった感じで揺れました。

(でっかいなぁー)

ペニスはズボンの中でピクンピクンしています。
医師の手によりKさんの紺色ショートパンツが私のカメラの方に向かって太腿の辺りまで下げられました。
Kさんはジッと目を瞑って羞恥に耐えています。

(おっ!すげぇー!)

ビキニパンツの跡が鋭角に逆三角形の形で白く焼け残ったKさんの下腹部。
股間には真っ黒な剛毛がボーボーと生い茂っていました。
オマンコの縦筋など全く見えません。

(凄い陰毛だ!)と感嘆しました。

Kさんの顔や雰囲気からは想像だに出来なかったことです。
私がオナニーするとき想像していたKさんのオマンコとは全く違った感じでした。
回れ右をしたKさんのお尻も実にセクシーでした。
プリプリとした筋肉質の双丘と太腿のライン。

(ああ、かぶりつきたい!)

真実のSさんとKさんを知ることができたので、これ以降、私のオナニーはよりリアルで充実したものとなりました。