まだ早取りだった頃のテレクラでのことなので、20年くらい前の話。
思い出すと今でも下半身が熱くなる。

夏のある日、藤沢のテレクラで獲物を探していた。
ランプが緑色に変わり、「こんにちは」と話しだすと・・・。

「話を聞いてもらえませんか?」

相手は男の声。

(なんだよ、おかまか?)と思い、「なんですか?」と不満そうに答えたら・・・。

「指定した場所で、調教している若い女を抱いてもらえませんか?」

何か危ない話だったが・・・少し興味を持った。
こういったことは長いテレクラ歴の中で、後にも先にもこの1回だけだった。
当然俺(当時は20代後半)が警戒をしていたのは相手もわかっているようで・・・。

「調教している女は、一切文句を言いませんから好きに遊んで下さい。ただ、1つだけ条件があります」

(そら来た、やっぱ金か?)

当然疑った。

「最初に出すまでを電話で聞かせて欲しい」

(なんだ、その要求は?チンポが立たない老人のエロ妄想か?)

そう思ったが、そんなに年を取った声にも聞こえない。
危ない関係の人間でもなさそうだ。
まあ当時はヤルことしか考えていなかったので、とりあえず話を聞いてみることにした。
女の自宅に行って欲しいと言うので、最寄り駅から自宅までの道程も細かく聞いた。
暇だったので、騙されたつもりで指定された家へ。
ドア開けて怖い男が出てきたらダッシュで逃げるつもりでチャイムを鳴らした。

「はーい」

出てきたのは・・・髪の毛が茶色に染まったジャージ姿のB子。
確かに若い女だったが、16歳と聞いてびっくりした。
いかにもセックスが好きそうなタイプの女だったら気兼ねなくハメたけど、ちょっと幼さが残る女だったので戸惑った。
しかし、ここまで来てしまった手前、やれるところまでやるしかなかった。

通された部屋には二段ベッドがあった。

「妹でもいるの?」って聞いたら、「お姉ちゃん」と言った。

(家の人間が帰って来る前に引き上げなくちゃ)とだけ思った。

ベッドに並んで、「じゃ、今日はよろしくね、B子ちゃん」と挨拶した。
すると、「じゃ電話するね」ってことで、例の男に電話を入れた。
まだ携帯がない時代だったので子機だった。
一体その男とどんな関係なのか気になったが、敢えて聞かなかった。

「もしもし。うん、今、会った」

何らや一言二言。

「代わってだって」
「はい、もしもし・・・」

「最初に出すまで、枕元に受話器を置いておいてください。話す必要はないので気にしないで抱いて下さい」
「生ハメでもいいの?」

聞いてみたところ、「構いませんよ」という返事。
さらに、「中出しはいいの?」と聞くと、「どうぞ、やりたいようにしてください」と言う。
お言葉に甘えることにした。

さて、B子の肩を抱き寄せてはみたものの、電話で聞かれていると思うとなかなかやりにくいものだと実感。
キスをしてみたら弱くだけど反応した。
ヤンキーかバンド関係の女でタバコ臭いかと思ったら、普通だったので拍子抜けした。
おっぱいに手を伸ばしてみると、そんなに大きくない感じ。
服をまくりブラを見るとまだ幼い感じ・・・。
ブラをずらすと、BとCカップの間くらいだろうか、まだ固い青いおっぱいが出てきた。
B子は感じているのかどうなのか、反応がほとんどない。
これじゃ電話先もつまらないだろうと、わざと大きな音を立てておっぱいを吸った。
これでやっとB子は目覚めたって感じになった。
マンコに手を伸ばしてみると少し濡れていた。

二段ベッドでというのもなんなので「他にベッドはないの?」って聞くと、「奥にある」って言う。
子機を持って奥へ移動。
いかにも親のベッドという感じ。
なんだかエッチな気分になった。

そこで、まずはフェラをさせた。
あまり上手くない。
頭を持って奥まで飲み込ませるいわゆるディープスロートを強行した。
ゲホゲホってなったが、関係なく頭を押して続けさせた。
B子は嫌がらなかった。

そのあと上着を脱がしておっぱいを堪能したのち、いよいよマンコとご対面。
赤いというか、まだ使い込んでないものだった。

(入るかな?)

そんな感じだった。
びちょびちょじゃなかったけど濡れていたので、そのまま生で入れさせてもらった。

「うーっ」

少し苦しそうだった。
俺のは少し大きいから苦しいのかもしれなかったけど関係なく腰を振った。

(やっぱり10代はピチピチだなぁ)と感じながらズコズコ・・・。

一瞬どうするか考えたが、中出しOKと言われていたので、たっぷり中出しさせてもらった。

(妊娠とかしないよな?)

って少し気になったが、気持ち良さが上回り、ティッシュで拭いてあげた後、「もう1回いい?」と聞いたら、「いいよ」って。

で、電話は切らせて、やっと安心して励めることに。
若い体を堪能したくて、今度はバックで突きまくった。
だんだん気持ち良くなってきた。
バックで腰を振っていると、16歳のアナルがやたらいやらしく見える。
経験はないんだけど、やってみたくなった。

「アナルに入れてもいい?」
「いいよ」

「やったことあるの?」
「ない」

普通なら躊躇するところだが、もうエンジン全開状態だったので止めることが出来なかった。
唾液をチンポとマンコにまぶして突撃!
なんとも言えない反動があってなかなか先に進まない。
何度かチャレンジしてみると、プチッって感じで亀頭部分が入った。

「痛いーっ」

「もう少し我慢して」

鬼畜の言葉に無言になるB子。
俺はグサッと奥まで突き入れた。
入り口周辺は、マンコとは違うキツい締め付けを感じたが、奥は抵抗のないホールといった感じで、正直、(こんなものなのか?)という印象だった。

でも興奮している俺は、そのまま出すことを目的に振りまくった。
で、発射!
出し切ってからズボッと抜いた。
ウンコとか付いていたら嫌だなと思っていたら、意外なことに綺麗な状態だった。
B子のアナルは泡を吹いた状態で、ティッシュで拭いてやった。

その後、服を着た俺は、「じゃあ帰るね」と、逃げるようにその家を後にした。
その後は、連絡することも行くこともなく時が過ぎていった。
今考えると、とんでもない鬼畜だったと思う思い出です。