今は28歳の社会人なのだが、俺が小5の頃に起こったことを話そうと思う。

実家は◯崎県の田舎にあるのだが、そこで俺はソフトボールクラブに入っていたんだ。
あまり強いチームじゃなかったが、人数は多く全部で30人ぐらい居たと思う。
練習はほぼ毎日あって、毎日何時間もやるので、俺はあんまり楽しいとは思っていなかった。

夏休みの練習が午後4時ぐらいに終わり、家に帰ったときだった。
家にいたのは母だけだった。
俺の父親はその当時出張が多く、平気で1週間とか家にいない人だった。
だから兄弟のいない俺は母と2人のことが多かった。

俺の父と母は大学の同級生らしく、25歳のときに結婚して俺を生んだから、そのとき36歳ぐらいだったはずだ。
客観的に見るとどうかわからないが、母は結構いい女だと思う。
線は太くないのだが胸がデカく、優香が年を取ったような感じだ。

その日も練習が終わると、いつものようにリビングのソファーでゲームをしていた。
よく覚えていないが母は夕飯を作っていたと思う。
そのときチャイムが鳴って、ソフトボールチームの先輩のオヤジ(山内)がうちに来たんだ。
白いTシャツに短パンというラフな格好だった。

山内はすぐに子供を殴るし怒鳴るし、態度も横暴で子供からは好かれていなかった。
親の間でもあんまり評判は良くなかったと思う。
母と山内はソフトボールの役員をしてたみたいで、それで家に来たみたいだった。

母は山内にお茶を出して、しばらく山内とリビングのダイニングテーブルに座って話していた。
母はそのとき白のTシャツと淡い青のロングスカートだった。
30分ぐらい話をしていたが、話が終わったのか山内が帰った。
そして母は洗濯物を取り込むために家の2階に上っていった。
俺はまだリビングのソファーでゲームをしていた。

それから2分も経たないうちにまた山内がそーっと玄関のドアを開けて、「母ちゃんは?」って俺に声を掛けてきた。

俺が「2階にいます」って答えたら、山内はにやーって笑って忍び足で階段を上っていった。

2階には父と母の寝室と俺の部屋がある。
洗濯物は寝室に面してるベランダに干してるはずだから、母はそこで作業をしているはずだ。
俺は山内が2階に上っていくのに違和感を覚えたが、ゲームを続けていた。

山内が上っていったすぐ後で母の小さな声と、ドタドタっていう大きな音が聞こえてきた。
俺は何が起こったのか全然わからず、一時ゲームを中断した。
2階からのドタドタという音は3分ぐらい続いていたが、急に小さくなった。
そして母の大きな「イヤー」っていう声が一度聞こえて、急に聞こえなくなった。
俺は母の悲鳴を今まで聞いたこともなかったし、訳も分からず心臓だけがはち切れんばかりに高鳴っていた。
2階に上がって何が起こっているのか確かめたかったが、なんだか行ってはいけない気がしてテレビの前でずっとゲームを続けていた。
でも全然内容は頭に入ってこなかった。
耳を澄ましても母の声は聞こえてこなかったが、時々山内の低い声が聞こえてきた。
なんて言っていたのかは判らなかった・・・。

30分ぐらいしてからだろうか、山内が下りてきた。
格好は来たときと一緒だったが、Tシャツの背中が汗でびっしょりくっついており、額にも大粒の汗をかいていた。
駆け足で階段を下りてきて、俺と目が合ったが何も言わずにそそくさと帰っていった。
そのあと何分経っても母は下りてこない。
たぶん1時間ぐらいは経った。
でも下りてこない。
俺は母が心配だったが、なんだか2階に行くのがいけないような気がしてなかなか上れなかった。
セックスなどという性的なことを詳しく知っていたわけではないが、なんだか躊躇してしまった。

でもやっぱり母が心配なので勇気を出して、そろりそろりと階段を上がっていった。
寝室のドアが開いていて中の様子が見えた。
その中の光景を見て体が固まったのを覚えてる。

母は敷布団の上に全裸で座っていた。
女の子座りをしていた。
その周りにさっきまで母が着ていた服がぐちゃぐちゃに散らばっている。
もちろんおっぱいは丸見え。
母の姿を横から見ている感じだったので股の間は見えなかったが、股の毛が少し見えた。
今思えば、所々が赤くなっていたと思う。
顔は俯いていて見えなかったが母はピクリとも動かなかった。
ガキの頃の俺でも、母は山内に変なことをされたんだろうなって思った。
不謹慎かもしれないが、そこで俺は母のおっぱいを見て勃起してしまっていた。

やっと俺は母に、「大丈夫?」って聞いたんだ。
母はその声で初めて俺が2階に上がってきたことに気づいたらしくて、慌てて服を着始めた。
顔はいつもの母じゃなくて悲しそうな顔をしてた。
そして俺に、「ちょっと下におりてて」と言って、俺はそれに素直に従った。
20分ぐらい経ってから下りてきて、すぐに母は風呂に入った。
ずいぶん長い風呂だった。

夕食の時、母は何も話さなかった。
俺が夕食を食べ終わるぐらいに、「今日、山内さんが家に来たことと2階で見たことは絶対に他の人に言ったらいけないからね。お父さんにも言っちゃだめよ」と真剣な顔で言われた。
俺は素直に従うしかなかった。
そのときは母が山内に嫌なこと、たとえば裸を見られたとかをされたと思っていたけど、中学・高校と上がるにつれて、山内が母に何をしたかがわかっていって興奮したのを覚えてる。
ドタバタって音は母が抵抗していた音なんだろうね。
「イヤー」って言う大きな声は、ペニスが体に入ってきたときの断末魔みたいなものなのかな?
長風呂は、精子を中に出されて、それを洗ってたのかな?

そのときの衝撃が強すぎて、今では立派に母ぐらいの年の女性が好きな熟女マニアです。