去年の秋の話です。
会社の若手を中心にしたバーベキューが行われました。
私(29歳)は、新人の尚子(20歳)の住まいに一番近いので、車での送迎係になりました。

帰りの車中、尚子がトイレに行きたくなったので、私の一人暮らしのマンションに寄りました。
お茶を出してそろそろ家に送ろうかという時に尚子はソファーでスヤスヤ寝てしまいました。
尚子はキュロットでした。
ベージュのストッキングに包まれた太ももが半分ほど露出。

私は足フェチで、ストッキングやハイヒールを愛する男です。
タイプの女ではなかったのですが、足フェチのために尚子のストッキング越しの足にムラムラしてきました。
太ももをそっと指でなぞりました。
ナイロンの心地良い感触に早くも勃起です。
ふくらはぎをタッチした頃、尚子が目覚めました。

(ヤバい・・・)

「起きたか?」
「そりゃ起きますよ。係長に足を触られたら・・・」

(マズい!どーしよう!)

「係長って足が好きなの?」
「あ・・・ああ・・・勝手に触ってごめん・・・あんまり足が綺麗だから・・・」

「本当?」
「ああ・・・」

「生足とストッキング、どっちが好きなの?」
「ストッキング・・・」

「そ~なんだ(笑)」

尚子は挑発的にストッキング越しの足を私に伸ばしてきました。

「触りたい?」

「ああ・・・」

「いいよ、少しなら・・・」

私は尚子のストッキング越しのふくらはぎと脛、そして足の甲をソフトタッチです。
尚子の足・・・長さと太さが俺の理想だ!
なんで今まで気がつかなかっただんだ!
ストッキング越しのつま先も整っていて綺麗でした。
いつもはハイヒールに隠れているつま先・・・。

(舐めたい・・・嗅ぎたい・・・)

私は無意識に尚子のつま先を鼻先に持っていきました。

「あ!ダメ!匂いを嗅ぐのは!」

ハッと我に返りました。

「係長って相当の足フェチなんですね・・・」

尚子はさらに挑発的にストッキング越しのつま先をくねくねさせて私を焦らしてました。
私は完全に勃起です。

「あ!係長!なんかアソコが膨らんでますよ(笑)」

(ヤバい!恥ずかしい!)

私は咄嗟に股間を手で隠しました。

「も~足だけで・・・それもつま先に興奮するなんて(笑)。私のストッキング越しのつま先、触りたい?」
「尚子ちゃん!もう我慢出来ないよ!」

「それじゃあ、私と付き合える?」
「もちろん!」

「それじゃ許す!」
「尚子!」

私は無我夢中で尚子のストッキング越しのつま先を嗅ぎました。
つーんと甘美の匂いです。
つま先を口に含み、舐め回しました。
足の裏もベロベロと舐め回し、頬擦りしました。

「尚子のストッキング足!最高だ!!」

私の変態でマニアック行為を尚子は笑いながら見ていました。

「本当に足とストッキングが好きなんだね・・・なんか笑えちゃう」

会社では先輩の私が上の立場ですが、休みの日は完全に私が下になりました。
尚子を怒らせると大好きなストッキングを穿いてくれないので・・・。