先週の金曜日、俺の部屋で俺の彼女と俺の妹と3人で飲んでた時の話。

いつの間にか3人とも酔っ払って雑魚寝のような寝てしまってからのこと。
夜中にふと俺のアソコをスリスリしてるのを感じて目が覚めた。
てっきり彼女が眠れなくて弄ってきたのかなって思ったら、その手は彼女ではなく、まぎれもなく妹の手だった。
一瞬意味がわかんなかったけど、彼女の手前、声を出すわけにもいかず、妹に小さい声で、「寝惚けてんのか?」って聞いても、ウウンって首を横に振るだけ。

俺は24歳、彼女は1つ下、妹は3つ下の2人兄妹。
妹とは結構仲良くて、小6まで一緒にお風呂に入ったりしてたけど、俺としては性的に感じたことはなく、ごく普通のどこにでもいる兄妹って感じです。
俺のツレから言わせると結構可愛い系だと思われてるみたいだけど、まさかこんな風になるとは・・・。

確か夜中の1時くらいまで飲んでて、その後カーペットの上で、彼女、俺、妹の順で川の字になって寝てたと思う。
気が付いたのが、3時前くらいかな。
彼女はぐっすり寝ている様子だし、こっちも突然でドキドキしてきて。
妹を見ると、なんか泣きそうな顔してるし、すごい急に妹がいじらしく感じて、頭をよしよしって撫でたら俺の胸に顔を埋めて、「お兄ちゃん」ってシクシク泣くんだよね。
その時、妹に初めて女を感じたのかな。

よくわからんけど、顔を上げてキスしたよ。
妹も待っていたみたいで、舌を絡めたり、結構長いキスをした感じがする。

1度キスしてしまったら心の中で何かが弾けた感じがして、(今思うと妹を本当は好きだったのかな・・・)信じられないかもしれないけど、自分から妹を抱き締めました。
普段見ている妹とまったく違う女性に見えたのは事実です。

妹は、「お兄ちゃん達、仲いいから嫌い」って小さい声で言いました。

確かに今の彼女とは毎週のように家に来て、食事をしたりお酒を飲んだりしています。
考えれば、いつも隣に妹がいたような気がします。
いや、妹が一緒にいないと安心しなかったのかもしれません。
彼女にも、「ほんとに仲のいい兄妹だね」って言われてました。

その時は、近親だとか、不道徳だとか、まったく考えることが出来なかったと思います。
妹が自分のモノを触ってたということが理性を飛ばしたのかもしれません。
彼女に悪いとか、親のこととか、この後2人はどうなるのかってことはまったく頭になかったです。
本当に妹が欲しいと思いました。
そっと妹の胸に手を置いて、また音を立てずに長いキスをしました。
こんなに自分もときめいたのも初めてのような気がします。

「お兄ちゃん、大好き」

妹が、そっと言います。
これには言葉で応えてあげることは出来ませんでした。
でもすごく嬉しかったことは事実です。
ここから自分がこんな事ができるのかってことをしてしまったんです。

妹は俺の行動にイヤとは言いませんでした。
ある程度妹もそれを望んでいたのかもしれません。
スウェットをパジャマ代わりにしているんだけど、下はブラジャーを着けていなかったので、直接妹の胸に手を持っていったのです。
普段は、お風呂上がりだとかに上半身裸でうろうろしてるのを見てもなんとも思わなかったのに、この時は異常に高ぶって興奮したのを覚えています。
当然、自分の息子も弾けんばかりな状態になってたと思います。

妹の胸が手の中にあります。
とても柔らかくて、手のひらに入るほどの大きさで、乳首が立っていました。
妹はぐっと目を閉じています。
兄と妹でも男と女です。

(ここまででやめよう・・・、いや、もっと深く知りたい)

そんな2つの感情がありました。
隣に彼女が寝ているのに、怖くて彼女の様子を窺うことが出来ませんでした。
すると妹は自分の気持ちを察したのか、そうっと下の方にずれていきました。
一言もしゃべりません。
自分の下半身に妹の顔があります。
そして妹は俺のスウェットに手を掛けたのです。

「ダメだ」と言っても無視しています。

薄暗いと言っても、目が慣れてしまえば結構ハッキリ見えます。
妹を見ると、上目遣いにニコッと微笑んだ気がしました。

妹は俺のズボンとパンツを同時に音を立てずに下ろし始めました。
カーっと頭に血が上り、ドキドキしたのを覚えています。
今、妹の目の前に自分の、それも興奮した状態のペニスがあるのです。
彼女に背を向け、息をするのも苦しかったです。
妹は聞き取れないような小さな声で何か言っています。
確か「みほ(妹の名前)、嬉しい」って言ったような気がします。
自分でもペニスの先が異常に濡れているのがわかりました。
そこに、そっと妹の可愛い口が覆い被さってきたのです。

妹とは結構エッチな話もオープンな関係で、過去に何人か彼氏がいたことも知っています。
でも兄妹でフェラまでの話が出来る関係ではありませんでした。
ましてや、普通の状態ときのペニスは見られてるけど、興奮した状態を見られるのは初めてでした。
まさか妹の口の中に自分のいきり立ったペニスを入れて、フェラしてもらえるとは思ってもいませんでした。
妹の口の中は温かくて、本当に大事そうにゆっくりと動かしてきます。
頭の中が真っ白な状態になりました。
妹の頭にそっと手を置きました。
妹は上目遣いに自分を見ます。

「気持ちいい?」

妹が小さい声で聞いてきます。
俺はただウンって頷くだけでした。
自分も何人か経験していますが、こんなに気持ちのいいフェラは初めてでした。
それは、上手いとか下手とかではなく、気持ちの問題だと思います。

妹の口の中に含まれて、どんどん硬くなっていくペニスを感じていました。
妹はゆっくりと愛おしむように優しく舐めてくれました。
フェラで声が出そうになるっていうことを初めて経験しました。
自分の心臓の音、そしてたまにどうしても出てしまうジュルっていう音だけが暗闇の中で異常に大きく聞こえてくるようでした。

妹はフェラをやめようとはしません。
俺を最後までイカせるつもりのようです。
俺は体を少し前屈みにして、また妹の胸を触るように動きました。
妹はスウェットの上を持ち上げ、胸が露わになるように手で上げたのです。
もうその頃にはハッキリと俺のモノを含んでいる妹の顔、そして胸が見えました。
口の奥深くまで含みながら、舌を使って懸命に気持ちよくなって欲しいっていう感じがわかります。

「もういいから、やめよ」

声を掛けても、妹は首を横に振るだけ。
やめようとはしません。
自分でも限界に来ているのが分かりました。
このままでは本当に妹の口の中に出してしまうと思いました。
というか、本心は出したい気持ちでいっぱいだったのかもしれません。
妹の胸を揉んでいるうち、ついにその瞬間が来ました。

「イクッ」

妹の口の中で脈を打っている自分を感じました。
声を出せず頭の中は真っ白です。
出る瞬間は口の中で大きく膨れる感じがして、何かが弾ける思いでした。
妹は、自分がイッている時も唇でギュッとペニスを締め上げ、上下します。
何度も何度も脈を打っています。
イッた瞬間は放心状態でした。

「ゴメン。ちゃんと出せよ」

でも妹は俺がイッている時から、もう飲み込んでしまっていました。
俺を見て無邪気に口を開けて舌を出して見せたのです。

「バカ・・・」

なんかわからないけど、本当に女として可愛く思えました。
俺は自分のを拭くこともせず、慌ててズボンを上げました。
そっと彼女の方を見ると、気持ち良さそうに寝ていました。
なんかホッとした気分でした。
ズルいですね。
時計を見ると4時前でした。
ほんの1時間くらいの出来事です。

妹はまた、そっと上にあがってきて、俺の胸に顔をくっつけるように寄り添いました。
目は冴えています。
言葉も交わさずに背中を何度も撫でていたと思います。

今は心が揺れている状態です。
この1週間、彼女とは会っていません。
ちなみに妹とは最後まではしていません。

そしてその後、心がとても穏やかだったことを覚えています。
罪悪感なんてありませんでした。
むしろ妹が愛おしくて、言葉は交わさないけど気持ちがわかったような気がします。

「触っていい?」

「うん」って頷く妹。

今思うと変なことを聞いてるなと思うけど、俺は手を下に伸ばしました。
俺は恋人と接するようにキスをしながら妹の下着の中に手を差し入れました。
妹の毛が直接手に触れたときは、なんか違和感がありました。
妹は俺の胸にじっと顔を伏せながら、「恥ずかしい・・・」と小さな声でつぶやきます。

パンティーの中に手を入れると、意外に妹の毛は少なめで、恥骨の上にほんの一握りある感じでした。
足をギュッと締めていたので、「足を開いてごらん」って言ったら、拳が入るくらい開きました。
中指をそうっと妹のアソコに這わせました。
妹も感じていたのか、筋の上にも愛液が濡れているのが指に伝わってきました。

「あっ」

妹が短い声を出して、俺の胸にいっそう強くしがみついてきます。
その時はもう妹だという感覚はなくなっていました。
1人の女性のアソコを触りたいという気持ちだけです。
ゆっくりと筋に合わせて中指を動かし始めました。
妹は声を出しません。
右手を自分の口に当て声を殺しているようでした。

「可愛い」

思わず口から出ました。

「ん~」

唸るような小さな声です。
人差し指と薬指でアソコを広げました。
中指で一番感じるであろう場所を探しました。
少し強くするとクチュクチュと音がするくらいに濡れています。
もう3本の指は妹の愛液でベトベトになっていました。

「感じる?」

今思うと初心者みたいな質問だけど聞いてみました。

「気持ちいい・・・。お兄ちゃん、ごめんね」

顔を上げながら小さい声で言います。

「俺も・・・ごめん」

そう言いながら顔を引き寄せ、優しくキスをしました。

「声が出ちゃう」

妹は言います。

「声、出しちゃダメ」

時おり「ハー」と深いため息で誤魔化しています。
この時、自分はさっき出したばかりなのに、もう硬くなってきてるのを感じました。
妹のクリを優しく撫で上げていると、後から後から愛液が染み出してきます。
感じてくれているのがこんなに嬉しいことなのか、こんなに興奮することなのかと、声を我慢している妹の顔を見ながら思いました。

そして、ついに妹の中に指を入れ始めました。
最初は中指をゆっくりねじ込むように入れてみます。
妹は一瞬体を硬くしたようにこわばっています。
中はすごく温かく、押し返されるような、指にまとわり付いてくるような感じで、思わず、「みほのアソコ、温かいね」って言いました。
妹は恥ずかしそうにしているだけで何も言いません。
比べてはいけないんだけど、明らかに彼女よりもキツいのが分かりました。
しばらく中指をゆっくり出し入れしながら、親指でクリを愛撫していました。

「ハァー」

妹は徐々に感じているらしく、腰が自然に動きます。

「ここ、感じる?」

「うん、うん」

2度頷きます。

「イケそう?」

「わかんない・・・」

でも妹の息が荒くなってきています。
自分の上着の端を噛んで声を殺しています。
こんなシチュエーションでなければ、きっとセックスまでいっていたと思います。
自分の息子も十分可能になっていました。
でも頭のどこかで冷静な部分が残っていたのかもしれません。
今はセックスよりも妹が感じてくれているのが嬉しくて、何とかイカせてあげたいという思いでした。
音を出さないように指をフルに使って妹のアソコを愛撫しました。
次から次へと出てくる愛液でクチュクチュという音はしていたと思います。
人差し指と中指の2本を妹のアソコに入れました。

「ん~!」

少し大きな声で唸りました。
一瞬ビックリしましたが、もう声など気になっていませんでした。
2本入れると、物凄い締め付けです。
動かすこともゆっくりじゃないと出来ません。

「痛い?」

「ううん」と首を横に振ります。

「はぁ~、はぁ~」

息遣いだけが耳につきます。

「・・・大好きだよ」

耳元で囁くと妹も、「お兄ちゃん、あっ、あっ」って顔を胸に押し付けてきます。

「イキそう・・・」

妹が胸の中で言いました。
俺はその時、本当に妹を愛おしく思いました。

「イッていいよ・・・」

クリを少し強めに擦るように集中して妹に激しくキスをしました。

「あっ、あっ、あっ」

俺は慌てて妹の口をキスで塞ぎました。
足がピーンと伸びて妹は快感に浸っています。

「イッたの?」

妹は放心状態です。
部屋はシーンとしています。
時計の針の音だけがすごく大きな音に感じました。

あれから1週間、当然妹とは毎日顔を合わせています。
その事には触れません。
でも、明らかに妹が以前よりも甘えてくるようになりました。

今、自分の心は妹に傾いています。
たぶん妹もそうだと思います。
妹と、そうなりたいと思っています。
先のことは今は考えられません。

この1週間、彼女とはエッチしていません。
今日、彼女と会うつもりです。
こうして書いたのは、自分の妹への気持ちを確かめたかったのかもしれません。
とりあえず自分に正直になろうかなって考えてます。
そしてハッキリさせてから、もう一度妹と向き合おうかなって思っています。