初めてマキと関係を持った後、セフレになってくれると言ってくれたので、その後は毎週のように誘いました。
『俺はいつでもいいからな』とメールしてますが、マキからは全く良い返事がなく、1ヶ月以上空きました。
そんなある日、マキから、『そろそろ我慢できなくなってきた?』とメールが。

『当たり前やろ、ずっと誘っとるやんか』

『ごめんね、私はやりたくなったらたまらなくなるんやけど、スイッチが入らないとねぇ』

『で?スイッチ入ったん?』

『まぁねぇ、今は島田くんとの初エッチ思い出したらやりたくてたまらないかなぁ』

『じゃあ仕事しながら思い出してオマンコ濡らしとるとか?』

『トイレで慰めてるよ』

『じゃあ会おうよ』

『島田くんって日曜が休みでしょ?今度の日曜は休み取れたから土曜の夜からどう?』

『マジで?喜んで!』

『土曜の夕食は焼き肉に連れてってね』

『お安いご用や』

マキと会う約束をしました。
その後しばらくしてからマキからメール。

『忘れてたけどオナニー見せ合いするよね?』

『あ、忘れてた』

『いつもやってるようなオナニーだから島田くんはAV観ながらでしょ?お気に入りのを持って来てね』

『了解、マキは?玩具?』

『バイブとローター持ってくよ』

オナニーの見せ合いも約束しました。
そして土曜の夜、2人で焼き肉を食べに行きました。
焼肉屋では色々話しましたが・・・。

「同級生のユキ、覚えとる?」

「おぉ、覚えとるよ、確かマキと仲良しやったよな?」

「そ、今でも仲いいし、今では一番仲良しかな」

「で?そのユキがどうしたん?」

「島田くんとエッチしたこと言ってん」

「嘘や!マジで?」

「別にいいじゃん、私たち不倫してるんじゃないし、お互いフリーなんやから」

「いやいや違うやん、エッチした話って」

「だーかーらー、女同士なんて旦那や彼氏とのエッチの話しよくするんだって」

「こわっ・・・で?」

「結構事細かく話したんやけど、ユキは羨ましがってたよ」

「そうなんや・・・」

「で、島田くんとエッチしたいって言ってたよ」

「嘘っ!でもダメって言うたんやろ?」

「なんで?私たちただのセフレじゃん。付き合ってるわけじゃないんやから、『別にいいよ』って言ったよ」

「そうなんや・・・」

「何?ユキは嫌?」

「うーん・・・ちょっとタイプじゃないかな・・・」

「でもね、ユキはかなりエロいよ。それにドMだから楽しめると思うけどなぁ」

「ドMなん?」

「見えないやろ?」

「見えんわ」

「ユキには島田くんの連絡先を教えといたし、今日は私とだから、『連絡は明日以降ね』って言ってある」

「もう2人でそこまで話しなっとるんや・・・ちょっと複雑やな」

「島田くんにその気がないならやらなきゃいいし、ドMのユキに興味があったら会ってみたらいいじゃん」

「ま、連絡があったら考えるわ」

「もしユキとエッチしたら、どうだったかちゃんと教えてね」

かなりビックリする話でした。

ここでちょっと説明。
マキはどちらというと細身でオッパイは、まぁそこそこありますが、尻がデカく、中学生の頃はよく男子から、「デカ尻ぃ」とからかわれてたぐらい。
顔は面食いの私が好きになるぐらいなので可愛い顔立ちで、50代ですが40代前半に見えます。
ユキは昨年の同窓会の時に中学卒業以来会って、中学生の頃も同窓会の時も大して話しはしませんでした。
好き嫌いは抜きにして、やっぱりマキとは合うんだと思います。
ユキは中学生の頃は大人しい印象で、同窓会で見た印象は、ぽっちゃりでした。
顔は・・・不細工というわけではないですが、好みの顔立ちではないかと。
ただ、今までにもMっ気のある女性とエッチしたことはありましたが、(ドMってどんなんだろ?)と、ものすごく興味あったのは事実です。

焼肉屋を出るとラブホに向かいました。
たまたまだと思いますが、この前のラブホは部屋でDVDが観れなかったので、一応検索してDVDが観れるラブホを調べてそこへ行きました。
ロビーのパネルで部屋を選んでエレベーターで上がるのですが、私は部屋はどんなのでも気にしないんですが、パネルの前でマキは一通り部屋をチェック。

「うーん・・・この部屋」とボタンを押し、エレベーターへ。

私は部屋に興味なかったのでマキがどんな部屋を選んだのか知りませんでした。
エレベーターを降りると部屋前の番号がチカチカ点滅していて、入るとベッドの周りが鏡張り!

「鏡張りの部屋って聞いたことあるけど、こんななんや」

「私も初めてやけど、島田くんは自分のオナニー見たことある?」

「ないな」

「私もやけど、何か興奮しそうじゃん」

「いつもより濡れるとか?」

「そ、たぶんね」

「相変わらずエロいなぁ」

「それにエッチの時は今まで見たことないアングルで入ってるとこが見れそうじゃん」

「相当エロいなぁ」

「そ、私はエロいの」

そう言って、ニーッと微笑みました。

「もうやろうよ」

「エッチ?」

「違う違う、オナニー!」

「鏡張りにそんなに興奮した?」

「それもあるけどオナニーをずっと我慢してたから」

「今日のために?」

「そ、島田くんに私のエロいオナニー見せつけようと思って」

「どっちからする?」

「私から」

マキがベッドに上がりました。
ベッドに上がるとカバンの中からバイブとローターを出して、枕2つを重ねて背もたれにして、服の上からオッパイをゆっくり揉み始めました。
そのうち服を脱ぎ始め、下着姿になるとブラを捲り、オッパイを持ち上げるように露出。
そこでバイブを持つと、片手でオッパイを揉みながらバイブをしゃぶって唾液でヌルヌルにすると、ギュッとオッパイを握り、飛び出た乳首に当ててグリグリと乳首をこね回します。

「あ・・・ん・・・乳首・・・いい・・・」

乳首を弄りながら閉じた太ももをモジモジさせてました。
そのうちオッパイを揉んでた手は股間に移動して、パンティの横から指を入れるとすぐにクチュクチュといやらしい音をさせました。

「あぁん・・・気持ちいい・・・オマンコいい・・・」

鏡で自分を見てた視線を私に向けました。
そしてパンティを脱ぐとこれ以上開かないぐらいにM字開脚して、片手の指でオマンコを拡げるとバイブを擦りつけながら・・・。

「あん・・・もうオマンコ・・・グチョグチョ・・・あ・・・入れたい・・・入れたい・・・」

マキは自分で自分を焦らすようにバイブを擦り続けました。
そしてバイブの先をオマンコに入れると、「あぁ!入る入るぅ!」とゆっくり挿し込み、「いや・・・気持ちいい!」とゆっくり抜き挿しを始めました。
しばらくするとバイブを挿したままローターを手にするとスイッチを入れ、ブーンと音が響かせて乳首に当てました。
ローターを乳首に当てた時からバイブの抜き挿しは速くなり・・・。

「あ!あ!いい!いい!」

抜き挿しするバイブがマン汁で白く泡立ってました。
そしてグチョ!グチョ!グチョ!グチョ!と抜き挿しが激しくなると、ローターをクリトリスに当て、「あぁ!ダメ!イク!いや!イク!く・・・ぅ・・・」とギューッと股を閉じてブルブル震えながらイキました。
しばらくして気を戻したマキは放心状態のままバイブをゆっくり動かし始め、「島田くんのオナニー見せて」と言いました。

私はブリーフ1枚になるとベッドの上でマキの前に立ち、勃起してテント張ってたチンポをブリーフの上から握りました。
マキのオナニーを見て興奮してたのでチンポを握ると亀頭の先がガマン汁で滲み、ブリーフの色が変わりました。
それを見たマキは、「やらしぃ・・・チンポがよだれ出してる・・・」と言いました。

ブリーフも脱ぐと私は両手で自分の乳首を弄りました。
乳首で刺激を感じると、その度にチンポがビクンビクンと反応します。
そしてチンポを握るとゆっくり扱き始め、しばらく扱くと先からガマン汁がツーッと垂れ落ちました。
竿をギュッと握りながらガマン汁を指に付けて亀頭をヌルヌルと撫で回しました。
アダルトビデオを観ながらオナるつもりだったので・・・。

「もっとマキのいやらしい姿を見せてよ・・・それおかずにするから」

そう言うとマキは激しくバイブを抜き挿し。

「あぁ!オマンコいい!」とか「チンポぉ!チンポ欲しい!」とか淫語を連発させながらオナニーを見せつけてくれました。
そのいやらしいマキのオナニーを見ながら扱いてると、アダルトビデオより興奮して、すぐに絶頂感が込み上げてきました。

「イキそう!イキそうや!マキ!一緒にイクぞ!」

そう言うとマキは、「ザーメンかけて!顔にかけて!」と叫びました。
マキに近づき、マキの顔の前でチンポを激しく扱きました。

「マキ!イクよ!イクよ!イク!」

同時に、「イクぅ!」とマキ。

私はマキの頭を押さえて上を向かせると、そのままザーメンを吐き出しました。
最初のドビュッで顎から額まで飛び、そのままチンポを口に捩じ込み、残り全てマキの口の中で吐き出しました。
マキはそのままチンポを舐め回すと、ザーメンをゴクリと飲み込みました。
チンポから口を離したマキは、「すごい量だったね・・・それに匂いがすごい・・・」と言いました。
見るとマキの下のシーツはかなり濡れて大きなシミになっています。

「マキのオナニーもすごいね、そんなに濡れ濡れになるんや」

「島田くんのオナニー見てたら興奮して・・・すごい感じちゃって・・・いつもより濡れたみたい」

バイブを抜くとオマンコはパックリと口を開け、ヌラヌラといやらしく光ってました。
それから順番にシャワーをしてゆっくり休憩することに。
バスローブ姿で2人でベッドに並びテレビを観ながらお喋りしてると、「あ、アダルトビデオを持って来たんだよね?2人で観よっか」と言うので、DVDをセットして観ることに。
お気に入りのDVDですが、女性のお尻を強調している映像が多く、騎乗位の女性を後ろ撮ってからお尻をアップにして挿入部分を映したり、バックで激しく抜き挿しするのを上から撮っていたりします。

「島田くんはお尻が好きなんやね」

「マキみたいな尻のデカい女性をバックで犯すのは興奮するかな」

「あ、デカ尻って言ったな!」

「だってマキは中学生のことからデカ尻だったやろ」

「でもさぁ、私もバックで突かれるのは好きやなぁ・・・興奮する」

「でも騎乗位のあのアングルはエッチしてる時は見れんよなぁ」

「でも今日は鏡張りだから見れるよ・・・私も見たい」

そう言うとマキがチンポを握ってきました。

「なーんだ、もうビンビンになってるじゃん、アダルトビデオで興奮した?」

「お気に入りやしね」

「やっぱり2回目だとすごく硬いね・・・」

マキは股間に顔を埋めてフェラを始めました。
しばらくジュポジュポした後で口を離すと、「島田くんのチンポ・・・やっぱり形と大きさがいい・・・しゃぶっててもわかる・・・」と言い、すぐにまたしゃぶりつきました。
ヌルヌルジュルジュルとすごく気持ちいいフェラです。
そのまま私もマキのオマンコに貪りつき、2人でジュルジュルチュパチュパと舐め合いました。

するとマキは、「もう入れたい・・・」と私に跨がって騎乗位でグチュウと挿入。
挿入するといやらしく腰を振り始め、マキは後ろを振り向きました。

「あ!すごいいやらしい!島田くんのチンポが・・・あん!私のオマンコに・・・ん・・・あ!見て!」

私も鏡を見てみると、マキのいやらしい尻の動きと抜き挿しで、チンポがマン汁でドロドロになってるのが見えました。
下からマキの尻を掴みギュッと拡げるとさらに抜き挿しが強調して見え、マキはさらに興奮したようで尻の動きがいやらしさを増しました。
ふと横を見ると、さっきマキがオナで使ったローターがあったので、スイッチを入れてマキのクリトリスに当てました。
その瞬間マキは、「ダメ!イクっ!」とローターにクリトリスを押し当てるように私に倒れ込み、体を震わせました。
マキがイッたときのオマンコは、痙攣というよりもグニュグニュと蠢くようにチンポを締め付けました。

気を戻したマキは、「はぁはぁ今度はバックで・・・犯して・・・」と、四つん這いになり尻を突き出しました。
オマンコもチンポもマン汁でドロドロになってたので、すんなり根元まで一気にニュルゥと入りました。
眺めを楽しむようにゆっくり抜き挿しを繰り返していると、「あ・・・ん・・・もっと・・・お尻・・・ギュッてして」と言われたのでギュッと掴むと左右にギューッと拡げ、10回ほど激しく突きました。

「あぁ!チンポ!刺さってるぅ!突き刺さってるぅ!」

マキはかなり感じてる様子でした。
尻から手を離すと、突きながら両手で左右の尻を交互にバチン!バチン!と平手打ちしました。
するとマキは、「や!気持ちいい!や!いい!いい!」と髪を振り乱しながら声を上げました。
その光景に興奮してたまらなくなった私はヤバいと思い、慌ててチンポを抜きました。

「あぁん・・・なんで抜いたの・・・」

少し不満気なマキ。

「バックでマキを犯してたらイキそうになったんや」

「私のバック・・・そんなにエロかった?」

「どエロやった(笑)」

マキの顔が満足気な表情に変わりました。

「次ハメたら、たぶんもう持たないよ」

「いいよ・・・イキたい時にイッて・・・」

もうラストだと思い、正常位でハメました。
最後はやはり体を密着させてマキの首に腕を回すと、キスして激しく舌を絡めながら腰を振りました。
マキは私の腰で脚を組み、強く密着させました。
程なく絶頂感が込み上げてきました。

「マキ!脚を外さないと外に出せないよ!」

「あん!中でいいよ!あぁ!中にザーメン出していいよぉ!」

「大丈夫なん?」

「いいから!中にザーメンちょーだいぃ!」

その言葉を聞く頃には我慢の限界だったので・・・。

「マキ!イクよ!」

「いいよ!いいよ!来て来て来てぇ!」

キスしてるマキの唇を軽く噛みながらオマンコの中でイキました。
その時もオマンコはグニュグニュと蠢き、チンポを締め付けました。

「中に出して大丈夫なん?」

「安全日だから大丈夫や」

その言葉を聞いてほっとしました。
マキはまだやりたかったみたいですが、この歳で2回はかなり厳しく、この日は2回で終わらせました。
そのままラブホで泊まりシャワーをした後、2人で裸のまま寝ました。

朝方、今まで感じたことない感覚で目が覚め、(ん?)と見るとマキがフェラしてました。

「マキ?」

声をかけると、「起きた?」と一旦チンポから口を離して言い、すぐにまたしゃぶりました。

「ひまだふんのちんぽかたひよぉ」

しゃぶりながらマキが言います。
見るとマキはフェラしながら自分でオマンコを弄っていて、クチュクチュと音を立ててました。
私はされるがままでいると、マキは何も言わずに跨がり、腰を下ろして挿入しました。

「あん・・・島田くん・・・疲れてるだろうから・・・ん・・・ん・・・動かないでいいよ・・・あ・・・んん・・・」

ゆっくりでしたが、いやらしく腰を上下させました。
上で腰を振っていたマキは両膝を立ててM字開脚すると、抜き挿しを覗き見て、「あん!チンポが・・・あ!いやらしいよ!見て!」と言いました。
そのいやらしさに私は興奮してマキの腰を掴むと、下から激しく何度も突き上げました。

「やん!動かなくていいって・・・言ったのにぃ!や!ダメ!気持ちいい!気持ちいいよぉ!」

マキは自分のオッパイを両手で揉みながら喘ぎました。

「マキ!このままイクからマキが動いてよ!」

そう言うとマキが体を密着させてきました。
そしてマキから唇を重ねてきて舌を挿し込んできました。
私はその舌に自分の舌を絡め、マキの背中と首に腕を回して体を密着させました。
マキはそのままずっと腰を上下に振り続け、「中に出してね!中に出してね!」と何度も声を荒げながら言いました。
そしてそのままオマンコの中にザーメンを絞り出すように射精しました。
不思議なもので、前日はもう無理と思えたほどでしたが、その時はオマンコの中でドクドク出ているのがわかりました。

射精が終わるとマキはゆっくり腰を上げ、チンポの上にオマンコからザーメンを垂らし、お掃除フェラしながらその垂れ落ちたザーメンも舐め取り、飲み込みました。
飲んだ後、「はぁ・・・島田くんのザーメン・・・美味しく感じてきたよ・・・」と嬉しそうに言いました。

それからラブホで朝食を食べました。

「今日はもう無理やから・・・この後どうする?2人でどこか遊びに行く?」

「今日はいいよ・・・島田くん疲れたやろ?ゆっくり休めばいいよ」

「マキは満足した?もっとやりたかった?」

「うーん・・・もう1回ぐらいやりたかったかな。でも島田くんとのエッチはすごく気持ち良かったから満足してるよ。帰ったら島田くんをおかずにオナニーするけどねー」

マキが小悪魔みたいに微笑みました。