あれは俺が大学4年の時、同じ部活の1年生にえらい可愛い子が入部してきた。

その可愛い子の名前は、仮に『エリ』としておこう。
エリは凄く笑顔が素敵な子で、いつも元気でハキハキしてる、どこから見ても良い子だった。
身体は吉沢明歩、顔はさとう遥希にソックリ。
どちらかと言うと細身で、胸も普通よりは小さいけど、全体のバランスが良くて、男子部員全員から人気があった。
いつも愛想のいいエリを狙ってた男はきっと多かったはずだ。

そんなエリと急接近したのは5月の初め。
部活の飲み会の時に、酔っ払ったエリが隣に座ってきたんだ。

エリ「先輩の腕、筋肉がすごいですね」

自慢ではないが、俺の前腕というか肘から先はかなり太い。
エリは筋肉フェチみたいで、お酒の勢いもあって俺の腕を触りだした。
俺の経験から言うと、筋肉フェチの女はたいてい簡単にヤれる。
結果から言うとエリもそうだった。
まあ、この日は部員も周りにいたし、何事もなく解散したけど。
次の日から、エリは事あるごとに話しかけてきて、仲良くなった。

それから2週間くらいして、俺が一人暮らししてるアパートの近所のパン屋でバイトしてるエリと偶然会った。

エリ「あれ!先輩、この近くに住んでるんですか?」

俺「おう、そこのアパートだよ。大学からはちょっと遠いけど、路駐出来るし便利なんだよ、この辺りって」

そんな他愛もない話を少ししただけなんだが、エリはバイトの後で電話をしてきて、そして俺の部屋に来た。
そして普通にセックスした。
エリは細身でBカップくらいなのに乳輪がデカくてちょっと引いたw
でも感度は良くて指でも何度もイクし、フェラがかなり上手かったので、セックスの相手としては楽しかった。
フェラ中に俺が気持ちいいと伝えると・・・。

エリ「口に出してもいいですよ」

自分からそう言ってきた。
細身のくせに尻がやや大きくて、クビレが凄い。
部活の最中、ずっと眺めてたけど、脱がすと思っていた以上にクビレが凄かった。
腹筋も少し割れてて、かなり興奮した。
後から聞いた話だが、高校2年の時から年上の彼氏に散々仕込まれたらしい。
バックで突かれるのが好きらしく、少し長めの俺のペニスでガンガン突くとすぐにイッて、最後の方はいつもイキっぱなしだった。
そして、なんとお尻も開発済みで、バックでも騎乗位でも、お尻に指を入れると一段と声が大きくなる女だった。

そんな感じで会えばセックスする関係が数ヶ月続いた秋頃、事件は起きた。

エリ「じつはA先輩と付き合うことになったんです」

俺も本気じゃなかったから別に終わりでいいと思ってたけど、エリはそれじゃあ気が済まないみたいだった。
ちなみにAは同じ部活の2年。
俺の2つ下。
相談に乗ってるうちに仲良くなってしまって、真面目に告白されて断れない空気になってしまったらしい。

で、なぜか相談がてら、うちで飲むことになった。
いつも通りセックスする流れになるかなと思ったら、同じ部活の3年のSと3人で飲むことになった。
男2人の3Pはさすがにないだろうと、この時は思ってた。
しかし、お酒もある程度回ってきた頃、Sがエリに迫っていった。

S「エリちゃん、俺の大きいんだよ、触ってみ。ほら」

そう言ってジーンズの上から無理やり触らせる。

エリ「えーちょっとw先輩、何それ、もうw」

いつも通り愛想よく、笑って誤魔化そうとしてたけど、ちょっとこの日は悪酔いが過ぎたのか、エリの口が滑った。

エリ「あ、先輩より大きいかもw」

この一言からSに俺らの関係を問い詰められる流れになった。
お酒の勢いもあって、ここ数ヶ月身体の関係があることをSに暴露した。
そこからエリにSが覆いかぶさった。

エリ「ちょっと、S先輩、冗談になってないですよw」

俺は笑って見てた。
別に独占欲もないし、酔ってたし、正直眠たかったから。
そのうちSが無理やりキスをしだした。

エリ「あっ、んっ、ちょっと、んっ・・・」

次第にキスが激しくなっていった。
俺は日本酒飲みながら、「オイオイ」と軽く声をかけた。
Sはエリの両手を片手で押さえつけて、反対の手をエリのカーディガンの中に入れ、器用にブラを外した。

エリ「ちょっと、取れてる。早すぎ、Sさんw」

S「いーじゃん、俺にもヤらせてくれても、な?」

そんな事を言いながらSはディープキスしつつエリの胸を揉みしだいてた。
俺は日本酒を飲みながら見てるだけだった。

エリ「えっ・・・もう・・・あっ・・・ちょっとダメ・・・」

次第にエリの抵抗が弱くなってきた。

エリ「もう、先輩・・・私、我慢出来ない」

そう言ってエリは俺の方に来た。
1度キスすると俺のスウェットを脱がしてフェラし始めた。
自宅だったから俺だけ寝巻きだった。
Sはなんかゴチャゴチャ文句を言いながらエリのジーンズを脱がせた。
下着も同時に脱がせると、Sもジーンズを脱いだ。
そしてSの勃起した息子をエリの股間にグリグリし始めた。

エリ「んっ・・・ちょっと・・・あっ・・・ゴム付けて!」

しかしSは止まらない。
俺もなんか興奮してしまって、エリの頭を押さえつけた。
そういえばエリはフェラ中に押さえつけられて、喉に当たるのが感じるって言ってたのを思い出した。

エリ「あっ!はぁっ!先輩、んっ!口に出してもっ・・・いいですよっ!」

後ろでガンガン突かれてるのに俺の息子を奥まで咥えてくる。
そのまま俺はイッてしまった。
エリは全部飲んでバックで突かれてた。
そのままSはエリのお尻に外出し。
次にエリは俺の上に乗ってきた。
イッた後なのに、生だからか、すぐに硬くなった。
Sが無理やりエリの姿勢を変えて、息子をエリの口に押し付けた。
エリはフェラが好きみたいで奥まで咥えてた。
そこからバックに体勢を変えて、Sの息子をエリは四つん這いになって舐め続けた。
そこでもうお酒のせいもあって、コントロールが利かない俺は中に出してしまった。
そのまま夜中の2時くらいまで、4時間以上ぶっ続けでセックスした。
途中でゴムを付けたりしたけど、体位を変えるときにこっそり外したりして、何度もエリの中で出した。

エリとのセックスは俺が卒業するまで続いたが、3Pをしたのはこの時だけだ。
つい最近聞いた話だが、エリはその後3年間Aと付き合って、卒業後は地元の大学の院まで進んで、そこの助教と海外研修中にも色々あったりしたらしい。
奥を突くとすぐにイクいい子だったけど、胸が小さかったから、俺は本気にならなかった。