1年生の時の話です。
僕はまだ精通もしてなく性の知識も乏しかった時のことです。
僕は近所の川で釣りをしていました。
そこは結構小魚が釣れる場所で週に1回は行っていました。
また茂みもかなりあり人の目につきにくい場所でした。
1人で釣りをしていると、初めて会うおじさんが近づいてきました。

「よく釣れる?」

僕は、「今日はあんまり・・・」と答えました。
おじさんは僕の釣りをじーっと見て・・・。

「僕、ちょっと竿を貸してごらん」

「うん」

おじさんは仕掛けを少し弄り、川に投入しました。
すると魚が釣れました。

「な。少し触ると釣れるんだ。ここの魚はスレてるからね」
「へー・・・」

「何年生?」
「1年」

「彼女いるの?」
「いない・・・」

おじさんと、そんなやりとりをしました。
そして・・・。

「僕、オナニーって知ってるか?」
「知らないです・・・」

「そうか・・・おちんちんから白いオシッコは出る?」
「出したことない・・・」

「そうなんだ・・・。出ると気持ちいいんだぞ」

おじさんはそう言いながら手を上下に動かして、「おちんちんをこうやって触ると気持ちいいんだ」と言いました。

「じゃあ、おじさんが教えてあげようか?」

「・・・うん」

「いい子だね、見てなよ」

おじさんはそう言うと立ち上がり、自分でズボンを下げました。
僕はパンツに目をやると・・・パンツの上からでもおじさんのが膨らんでいるのがわかります。

「僕、見せてあげるね・・・」

おじさんはパンツを脱ぎ、僕にペニスを見せました。
おじさんのそれはすごく大きくて、反り返っていました。
また色は赤黒く、先端は透明な液で濡れていました。

「よく見てなよ・・・」

おじさんはペニスを握り、手で扱き始めました。

「ああ・・・気持ちいい。もっと気持ちよくなると白い液が出るんだ・・・、僕もやってみなよ」

おじさんはしごきながらそう言ってきました。

「・・・うん」

僕はそう答えるとズボンとパンツを脱ぎシャツを少し捲りました。
そして初めて会う人にペニスを見せてしまいました。

「・・・いいチンポしてるじゃん」

おじさんはニヤっと笑いました。

「少し毛も生えてる・・・こりゃ他のおっさん達も喜ぶチンポだ」

そう言われて、とても恥ずかしくなったのを覚えています。

「僕もやってみなよ・・・」

「うん・・・」

僕はおじさんのを見ながらペニスを扱き始めました。

「若い子のオナニー姿・・・いいねぇ。こんな姿を見せて恥ずかしくないの?」

そう言われました・・・。
おじさんは近寄り、僕の手を掴み、自分のペニスへと導きました。
僕はおじさんのペニスを上下にしごきました。
おじさんも僕のペニスを掴んで上下にしごいてきました。

「気持ちいいだろ?もっと気持ちよくならないか?」
「うん・・・」

「そっか・・・じゃあ・・・舐めて」
「え・・・?」

「おじさんのチンポ、舐めて」

僕は少しびっくりして固まりました。

「一緒に気持ちいいことしようよ・・・大丈夫、汚くないから・・・」

「うん・・・」

僕はしゃがみ込みました。
するとおじさんが目の前に立ちました。
目の前にはペニス・・・。
それも大きい・・・。

「さ・・・舐めて」

僕は口を開け、おじさんのペニスを咥えました。

「美味しいかい?」

初めてのそれは口の中にいっぱいでした・・・。
それに・・・少し蒸れた匂い・・・。

(これが・・・ペニスの味、匂い)

「美味しいかい?」

再度そう聞かれて僕は、「うん・・・」と答えてしまいました。

「ふふ・・・本当はこういうことに興味があったんじゃないの?」

おじさんはそう言いながら腰を動かしました。
口の中に何か出てきます。

「いいねぇ・・・口マンコに射精するよ」

おじさんは自分でペニスを扱きはじめました。

「ああ・・・イキそうだ!イクよ!」

そう言うとおじさんの動きが止まりました。
そして口の中のペニスが膨張したと感じました。
その瞬間・・・口の中に粘りのある液体が大量に出てきました。
初めてのそれは、生臭くて苦かったです・・・。

「飲んで・・・」

おじさんにそう言われ、僕は口の中の液体を飲み込みました。

「口を開けてごらん」
「うん・・・」

「全部飲んだね・・・精子を飲むなんて。変態だよね?」
「・・・」

するとおじさんはしゃがみ込みました。

「おじさんも変態なんだ・・・。僕のチンポ、舐めさせてね・・・」

そう言うと僕のペニスを咥え、口を動かし始めました。

「美味しいね・・・」

正直、気持ち良かったです。
そして・・・身体が急に熱くなりました。

「おじさん!何か出る!」

その瞬間、おじさんの口の中に出してしまいました。
精液です。

「美味しかったよ・・・。僕の精子・・・すごく濃いね」

これが僕のフェラチオ初体験です・・・。