子供時代の話。

男子:俺、たいが、さきと。
女子:ことね、みづき、ゆゆ。

6人は家が近いってこともあり、いつも一緒に遊んでた。
夏休みになり、虫取りに行こうと林の中に入る。
普段入らない奥の方に行くと、ボロ小屋を発見。
中に入るとかなり古びてて誰も使ってないみたい。

「ここを俺らの秘密基地にしよう」となった。

ほぼ1日中、秘密基地に入り浸り。
夏だから小屋の中は暑い。
男子は服を脱ぎパンツ姿になる。
女子も「暑いね」と言って服を脱ぎ、パンツ姿。
まだ子供だから別にエッチな気分にもならず平気で遊んでた。

そんなある日。
俺はちょっと用事できて他の5人に「先に行ってて」と言い、後から秘密基地に行った。
小屋に入るとなんか変な様子。

(何してんだ?)

見ると女子3人寝転んでる。

「お前ら、何やってるの?」

「まあ見てみろよ」

近づくと3人は裸になってる。
たいがとさきとが、みづきとゆゆのあそこを触ってる。
2人は、「こちょばいよう」と笑ってるし。

「お前も触ってみ」と言われ、ことねのあそこを触った。

何かいけない事してると思ったがやってみた。
なんだかドキドキする。

「おい、もうやめようぜ」

そのときはそれだけで終わった。

後日。
何時に行くと約束したわけじゃなく秘密基地に行くと、ことねだけがいた。
他の奴はまだ来てない。

「ねえ、この前やったことする?」

ことねが言う。

「この前やったことって?」

「裸になるから触って」

服を脱ぎ、裸になることね。
ドキドキしながらあそこ触った。
触ってるとちんこウズウズしてくる。
小さいけど勃起した。
筋を撫でてると最初はあははと笑ってたけど、「なんか変な感じがする」って言う。

「あんたも服脱いだら?」

「おう」

俺も脱いで裸になる。
すると本能なのか、ことねがちんこ触ってきた。
お返しにことねのあそこを撫でると、身体がビクビクなってきてる。

「ああっ、なんか変、ゾワゾワするよ」

そのときは濡れてるのか分からないが、やたらビクビクとなり、「ああん」と言ってビクンとなり、ブルブルと身体震えた。
なんだかまずいことをしたと思った。

訳が分からず2人ぼーとしてると、たいがが来た。

「おっ、来てるな」

2人は裸のまま。

「お前ら裸か(笑)」

「暑いからな」

だんだんみんなが集まる。
適当に遊び、「明日の昼過ぎに集合」と言って解散。
ことねから、「朝から来て」と誘われた。

朝行くと、ことねとゆゆがいた。

「昨日やったこと、ゆゆちゃんにもして」

ことねが言う。
ゆゆが裸になり寝転ぶ。
俺とことねも服を脱いだ。
ゆゆのあそこを撫でる。
またちんこうずく。
小さいちんこがおっきくなると、ことねが触ってきた。
ゆゆのあそこ撫でてると、ことねと同じように身体がビクビクなってきてる。

「ゆゆちゃん、ゾワゾワする?」

「うん、変な感じ」

「うっ」

俺も変な感じしてきた。

「ああん」

ゆゆがビクビクとなった。
俺もちんこがジーンとなる。
射精こそしなかったが凄く気持ちいい。

「あたしにもやって」

ことねのあそこを撫でる。
割れ目撫でてると少し指が入った。

「きゃっ」

なんかぶつっとした物に当たる。

「あああ」

ことねが変な声を出した。
今思えばクリトリスを触ったみたいだ。

「あああ」

腰がガクガク動く。

「あっ、ふん」

奇声を発しながら身体ビクビクなる。

「あああ・・・」

シャーっとおしっこ漏らした。

「いやあ、もうだめえ」

ことねがビクンと跳ねてガクッとなる。

「やだあ、おしっこ出ちゃった」

恥ずかしそうに笑う。

「このことは3人だけの秘密だからね」

「うん、分かってるよ」

これも本能なのか、いきなりパクっとちんこ咥えてきた。

「ことね何してるの?汚いよ」

口に含み、ペロペロしてる。
初のフェラだ(もちろん当時はフェラなんて知らないけど)。
射精するはずもなく、それでも暫くペロペロしてた。
またちんこがジーンとなったので、「もういいよ」と離した。

それからは他の奴らに見つからないように、ことねとゆゆとオレの3人だけのときに触った。
ことねには指を入れてクリトリス触る。
ゆゆは撫でるだけ。
フェラもどきもしてくれる。
ゆゆもたまにちんこ咥えてくれた。
ときどき学校でも触ってた。
昼休み、校庭の隅に行く。
さすがに裸にはなれないので、スカートを穿いてるときにパンツだけ脱がせ、立ったまま中に手を入れて触った。
クリトリス触ると、ことねは「あひゃっ」と言っておしっこ漏らす。
きっと体質なんだな。
秘密基地ではフェラをしてくれる。
射精はしなかったけど気持ち良くて、この遊びにハマった。