私は現在45歳、妻の理香は43歳の熟年夫婦です。
妻は156cm、丸顔のポッチャリ型で、自分で言うのも憚られるのですが、年の割には容姿は衰えていません。
知人から「素敵な奥様ですね」と言われると、思わずにんまりしてしまいます。

20代30代のときは、世の男性と同じく、それこそ毎晩のように妻と交わっていたのですが、40代後半辺りから精力減退の兆しが見えてきました。
終わった後、妻は何も言いませんが、私は妻が女盛りを迎えているというのに申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

きっかけは某Webサイトの乱交体験や寝取られ体験告白にログインしたことでした。

『最愛のあなたのパートナーが、あなたの手を握りながら今、他人棒に貫かれようとしています・・・』

胸がドキドキして、悪魔めいた寝取られ願望が湧いてきます。
男性とは、妻を愛すれば愛するほど、このような快感を求めたがるものかもしれません。

私のモノはまあ普通サイズだと思います。
勃起したときの長さは16cm、幅は4cmほどです。
他人に誇れるほどのモノでないので、清純で貞淑な私の妻がもっと大きいペニスに貫かれているところを見たいという欲求が高まって、どうにもならないところまで来ました。

そんなある日、意を決して妻に頼んでみたのです。

「理香が他の男のペニスを受け入れているところを見たい」と。

当然妻は、「何考えてんの?私がそんなことされて、あなたは平気なの?」と猛烈に腹を立てました。

その後、段階的に、「お互い、もうそんなに若くないし、お前の乱れている姿を見ると、もっともっと愛情が深まると思うんだ」と勝手な理屈をつけて妻に頼み続けました。
頼むときは必ず、セックスで妻が絶頂を極めた後です。
何ヶ月もかけて頼んでいるうちに少しずつ妻の態度が変わってきました。

「ふ~ん。あなたそんなことしたいんだ・・・。全然知らない人とするなんて、今は凄く抵抗があるわ。あなたの前でそんなことされると、私どうなってしまうか分からないわよ。あなたがそこまでしつこく言うのだったら・・・どんな人とするの?知らない人にされても気持ちよくなるの?」

1年間かけて、ようやく妻の了承を得ました。
それから私はインターネット掲示板に男性募集をかけるか、それとも某所で定期的に開催されている乱交パーティーに参加するか、妻と相談しました。
私は、手っ取り早い乱交サークルの方を薦めました。
プレイの決まりなど、きちっとした管理運営ができているし、それに何よりも妻の中に複数の男のモノを入れて欲しかったからです。

「乱交パーティーって、みんなの前で複数の人とするんでしょ?あなたは、私のそんな姿を望んでいるのね。いいわ。でも、どうなっても知らないよ」

妻は私の希望を受け入れてくれました。
本当に従順な妻です。

いよいよサイトの人から連絡があった集合場所へ向かう日です。
前日には一緒にお風呂に入り、妻の秘部の周りをきれいに剃ってあげました。
秘貝のピンク色が際立っています。

待ち合わせはA市の駅前。
数分するとワゴンカーがやって来て、私たちを目的地まで運んでくれました。
パーティーが開かれたのは某マンション。
最初にプレイのルールについての説明がありました。
私は、このパーティーの責任者の方に、自分は他の女性と交わることを控えて、妻の痴態を眺めたいことを伝え、許可をいただきました。
妻の方に目をやると、さすがに緊張しているのか体を固くしています。

参加者は、私の妻を含めて女性は3人、男性は私を入れて8人でした。
カップルらしき若い2人は見学だけのようです。

別室で身に着けているものをすべて脱ぎ、「それでは皆さんごゆっくり」の一声で、長年待ち望んでいたことが始まろうとしています。
妻は私の方を振り向き、「本当にいいのね?」と、潤んだような瞳で見つめてきます。

「うん、他の人のチンポで犯される理香が見たいんだ」

最初に妻の方に寄り添ってきたのは40代の男性でした。
股間に眼をやると、ほぼ私と同サイズの持ち物でした。
Aさんと呼ぶことにしましょう。
私はあらかじめAさんに、妻の主人であること、妻とのプレイを側で見させていただきたいこと、中出しまでいって欲しいことを頼みました。
Aさんの手が肩に回った時、妻の体がビクッと反応したのが分かりました。

「理香、素敵な方じゃないか。優しそうな方だから大丈夫だよ」

妻に声をかけます。

「綺麗な方ですね。最初にこんな素敵な方とお手合わせできて嬉しいな」

Aさんは妻に優しく語りかけますが、妻は膝を閉じて身を固くしています。
Aさんの手が妻の乳首に触れたとき、「あっ・・・」という妻の小さな震えた声が聞こえました。
2人は抱き合った姿勢で、Aさんの手が妻の体中に伸びて愛撫を始めました。
妻の心臓の鼓動が波打っているのが伝わってきます。
夫の前で他人の愛撫に身を任せなければいけない初めての経験をしているのは、夢にまで見た自分の妻なのです。

やがてAさんの舌が妻の口に入り、キスを始めました。

「あっ、う~んっ」という妻の喘ぎ声が初めて漏れました。

Aさんの顔が妻の股間に埋まっていきます。
妻は思わず足を閉じようとします。

「理香、隠さないで。もっと足を広げて・・・」

「いやぁ・・・ああ~ぁっ!」

クリ攻めを拒否しながらも体が反応して、喘ぎ声が尾を引いていきます。
妻の性感がどんどん高まっていっているようです。

「あっ!ダメっ!あっ、あっ・・・」

Aさんのクンニが上手なのでしょうか、だんだん顔を仰け反り、喘ぎ声も激しくなっていきます。
もう他人に喘ぎ声を聞かれても構わないと思うほどに高じてきたのでしょうか。
この上、ペニスまで挿入されたらどうなるのでしょうか。
私の心は震えてきました。

そのうち妻が体操のブリッジをするように、腰を1、2度浮き上がらせました。
これは妻が快感の深淵に達した時の動きです。
最愛の妻がとうとう他の男にイカされてしまったのを見て、私のペニスも大きく怒張していました。

いよいよ挿入かと思いましたが、妻を快楽へ導く愛撫は続けられ、妻が腰を浮かせる動きが頻繁になってきました。
背徳の行為と知りつつも快感に身を委ねる姿を夫に見られているせいか、妻は声を押し殺しながら、泣きじゃくるような声になっています。
しばらくするとAさんが体勢を変えました。
右手で亀頭部を持ち上げ、妻の秘部へ宛てがう寸前、Aさんが小声で何か妻に呟いたようです。
その瞬間、妻が潤んだような切ない眼差しを私の方へ向けました。
それはあたかも、『あなた、ごめんなさい!!今から他の人のおちんちんが入るのよ。入ってもいいのね?!』と訴えているようでした。

私は、「ごめんな。自分勝手なことをさせて。奥まで入れてもらって!いっぱいイッていいよ!」と妻に答えました。

秘口に宛がわれていた肉棒に力が加わり、太い肉塊が秘口に滑り込んでいったのがはっきり見えました。

不意に妻が、「あぁっ!・・・あっぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」と悲鳴を上げました。
とうとう妻が他人棒を受け入れた瞬間です。
Aさんは妻の上に覆いかぶさり、優しさの限りを尽くしています。
挿入してからしばらく動きを止めていたAさんは、やがて妻のお尻を両手で抱え込み、律動を始めました。

「あっ!!あああっ~、ゆっくり・・・んっ!あああ~っ・・・」

「Aさんのが入ったよ。どう?気持ちいい?いっぱい気持ちよくなって!」

「ごめんなさい~!感じるの~・・・どんどん気持ち良くなるの・・・」

Aさんのペニスは妻の性器に快感の波を送り続けます。
Aさんの声が聞こえました。

「ああぁー締まるっ、奥さんも我慢しないで声出していいんだよ」

彼の囁きに安心したのか、妻が解き放たれたように歓喜の声を上げはじめました。

「はぁぁっ!!んっ!!・・・入ってるうっ・・・いっぱい入ってるう~・・・あなたっ!凄いのお~っ!気持ちいいの~!」

妻の体は絶頂へ向かってみるみる高まっているようです。
Aさんは側で見ている私に配慮して、妻の脚を大きく広げさせ、妻の両足を肩に持ち上げ結合部が見やすいようにしてくれました。
そして一律一動を大きくゆっくり、ズブッ、ズブッと妻の中へ突き入れます。

「ああぁぁぁっ!!いやぁぁぁっ!!奥まで届くうぅっっ!!」

交わりは、妻がAさんの上に背面で跨がる体位に変わりました。
妻が私に見てくれと言わんばかりに何度も体を弓なりにして腰を突き出します。
Aさんが送る律動の快感をさらに吸い取ろうと腰を思いっきり浮き上がらせます。
結合部が丸見えです。
妻の口からは、堪えきれない切ない喘ぎ声だけが漏れてくるようになりました。

「奥さんの締りが良すぎてそろそろ限界です。中に出してもいいですか」

Aさんが尋ねました。

「思いっきり中に出してやってください」

結合部は凄まじいことになっていました。
妻の割れ目が肉棒をしっかり咥え込み、Aさんの肉棒が秘所から出し入れされるたびにそれを離したくないように、薄い肉襞がペニスに纏わりつくように一緒に上下します。
肉襞に繋がる大陰唇がばっくりと口を開け、大きく開いた割れ目からは先が尖がったクリトリスや尿道が見えます。

「奥さん、もう駄目だ!イクよっ、中に出すよーっ!ああぁぁぁぁっ!出る~、うっ!!」

妻が握っている私の手を強く握り返してきます。

「ああ~あっ、あなたっ!私、中に出されるのよっ!出されるとこ見てえ~っ!!あぁっ!・・・あっぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!出たわ~あぁぁ~っ!!気持ちいい~っ!!!」

秘所に突っ込まれていた肉棒が収縮を繰り返す瞬間、妻の口から歓喜の叫びが漏れます。
Aさんの肉棒が妻の秘所から引き抜かれたとき、大量の白色汁がダラダラと流れ出しました。
薄いピンク色の肉壁から自然に流れ落ちてきます。
妻の割れ目にはぽっかり穴が穿たれ、小さい空洞形を作っています。

至福の瞬間です。
最愛の妻が、目の前で膣内に他人の精液を受け入れたのです。
私のペニスも極限状態になっています。
妻の方もだんだんこの場の雰囲気に慣れてきたようで、快感に身を任せ、声を出すことを躊躇しないようになってきました。

一度プレイを終えた後はシャワーを浴びることになっています。
私は妻に、「疲れただろ?シャワーを浴びてきなさい。もう1人だけ頼むな」と言いました。
どの会場にも、男性が疲れた時に代わってあげられる持続力のある方、女性が気をやって失神状態になったときに介抱できるような世話役、そんな常連の方がいらっしゃると聞いています。
私は妻が体を洗っている間に、一際巨大な持ち物をお持ちの方に声をかけました。
年齢は私と同じ40歳代に見えます。

「凄いですね。常連さんですか?」

「まあ、そんなものです。男性が疲れてしまって、女性が待ち遠しいようなときに私の出番になるんです」

私は、その男性に妻のお相手になっていただくお願いをしました。
Bさんと呼ぶことにします。

「間もなく妻が戻って来ますが、一度お相手していただけませんか?」

「私のこんなので良かったら、喜んで使わせていただきます」

私の心は興奮のあまり震えてきました。

(こんなに長大な一物を受け入れたら、妻はどうなるんだろうか?)

彼のペニスは、まだ完全勃起には遠い感じで半勃ちですが、勃起時には20cmはありそうな長さなのです。
そして驚かされたのは、陰茎の太さでした。
カリ首が張って、太さはコーラ瓶ほどあるでしょうか。
大きくエラの張った亀頭、使い込んでいることがわかる黒光りした巨茎に私は呆然としました。

こんなのを挿入されたら妻はどうなってしまうのだろうか。
「もうやめて!」と泣き出すのだろうか。
それとも、「壊れてもいいから続けて!」と快感に我を忘れるのだろうか?
心臓がドキドキしてきます。

そうこうしている間にシャワーを浴びた妻が戻って来ました。
先程のセックスで心も体も精神的な縛りから開放されたせいでしょうか、幾分上気している様子がわかります。

妻に、「こちらの方が、お前の2回戦のお相手をしてくださるBさんだよ」と紹介しました。

「ご主人から伺った以上に素敵な奥様ですね。ご主人のお許しを得てお相手させていただきます。よろしくお願いします」

「私の方こそ。私、初めてなんです。主人があまりに言うものですから、今日初めて参加させて頂いたんです」

「お前、Bさんのを見てごらん」

妻は私に促され、Bさんの股間に目をやりました。
途端に妻は驚愕の表情を浮かべました。
興味があるというより、巨根を恐れ、挿入を畏怖している感じです。

「失礼ですが、こんなの私には無理だと思います。あなた、どなたか他の女性に代わってくださるようにお店の方にお願いして」

「Bさんがおっしゃるには、大丈夫だということだよ。すべてBさんにお任せして言う通りにしてごらん」

妻は私の言葉を聞いて、ようやく流れに身を任せる気になったようです。
Bさんの前戯が始まりました。
さすがにBさんは女性を扱い慣れているというか、女体のツボを心得ているというか、堂に入ったものでした。
妻の口からは先程にも増して大きな喘ぎ声が漏れてきます。
Aさんの時と同じようにBさんの唇が妻の股間を這ったとき、妻は自ら腰を上げ、性器を私の方へ突き出すような姿勢になりました。

「ああぁぁぁぁぁぁぁ~っ!変になる~う、私もう駄目え~っ・・・」

「素敵だよ。気持ちいいんだね。大丈夫っ!これならBさんの太いのだって入るよ」

「ああ~ぁぁ~っ!頭が変になってきたあっ!もうどうにでもしてっ」

「Bさん、妻がそう言ってます。そろそろ入れてやってくださいませんか?」

「それじゃあ、お言葉通り始めさていただきます!」

Bさんの巨大な一物が妻の秘口に宛がわれました。
すでに妻の外性器はびしょ濡れの状態ですが、果たしてこの巨根が妻の中に収まりきれるのか、私は握っている妻の手をさらに強く握り返しました。
妻の小陰唇はBさんの巨根の先端に前にしてビクビク蠢いています。
きっとこれから起こる、想像もできないほどのペニスの挿入を前に、心の中も未知の感覚への恐れと幾分の期待で震えているに違いないのです。

「それじゃ、いきますよっ!」

Bさんが私に目で合図をして、宛がっていた一物に力を加えました。

「いやあぁぁぁぁぁ~っ!入るう~っ、入ってくる~っ!だんだん入ってくる~っ!」

Bさんの太いカリ首が妻の膣内の肉壁を押し分け、だんだんと膣壁の内部へと侵入していきます。
妻の意思とは関わりなく、Bさんの巨根は妻の秘部へめり込んでいくのです。
長大なペニスが3分の1ほど収まったところでBさんは一旦侵入を止め、妻を優しく抱き締めました。

「奥さん、入りました。言った通り、大丈夫だったでしょ?これから先は体の力を抜いてくださいね。できたらオシッコをする時みたいに力を抜いていると楽ですよ。しばらく奥さんの馴染むまでこのままでいますね」

「ああ~っ、あなたごめんなさい。入っちゃったっ!こんなになってる~、こんなに大きいのが入っちゃったけどいいの?」

妻が私に声をかけてきます。
妻の秘部は隙間もないほど目いっぱいに開かれ、黒光りする巨茎を飲み込んでいます。
Bさんが少しずつそれを出し入れし始めると、自分の淫液でその律動を滑らかにしているようです。

「奥さん、そろそろ始めますよ」

Bさんが妻の腰を手繰り寄せながら正常位でピストン運動を始めました。
巨根の3分の2ほどが妻の中に収まり、結合部がメリメリ音を立てそうですが、驚くことに妻の性器は巨根を迎え入れるかのように薄い肉壁を巨大ペニスに絡ませ続けます。
妻のお腹の奥深くまで巨大ペニスが送り込まれているのです。

「ああ~あぁぁぁぁ~っ!いいっ・・・凄いっ!奥の方が変な感じいっ・・・」

ここまで性感が高まると、自分の意思とはかけ離れ、身体が快感を求めてどうにもならないのか、「ダメえ~っ!いやあぁぁぁ~っ!」と叫びながらも喘ぎ声を抑えられないようでした。
定期的に襲ってくる快感に耐えられないのか、首を左右に振りながら髪を振り乱しています。
妻は、もう大声を上げることも平気になってきたようです。

「ああぁぁ~っ、凄いっ・・・お願い。あんまり激しくしないで・・・ああっ・・・こんなにいいなんてっ・・・」

はぁはぁと荒い息遣いをしていましたが、だんだん声も出ないようになってきたようです。
巨根がもたらす快感の渦を全身で受け止め、さらに強い刺激と快感を求め続けるうちに何回もイッたようです。
Bさんは、しばらく律動と旋回運動をやめ、2人の挿入部が私にわかるように妻を後ろから抱きかかえ、挿入したままの結合部を見せてくれました。
いつもは見える小陰唇はあまりの太さの巨根に隠され、見えなくなっています。
妻の体の白さ、白からピンク色に続く秘所にただ黒く濡れたペニスだけが突き刺さるように立っています。
私は念願だったこの光景を見て、たまらず射精してしまいました。
間もなくBさんの2回目の攻撃が始まり、妻が嬌声を上げ始めました。

「ああぁぁ~っ、あああああぁっ!!またなの!?さっきより凄くなってくるう~っ!奥の方が・・・奥の方が・・・いつもと違うの~っ!もう限界っ・・・もうどうにでもしてえ~っ・・・」

妻の2度目の頂点はすぐやってきました。
妻は、「ああうわぁぁぁぁっっ!!」と叫ぶと手足をぶるぶると震わせるようになりました。
それでもBさんは容赦なくピストンの嵐を送り続けます。
少しの間動きを止めても、またすぐに波状攻撃を繰り返します。
だんだん亀頭を膣口まで一旦引き戻し、それをまた膣奥深く突き刺すといった運動になっています。
巨根を収めている秘貝からは、淫液を通り越して大量の白色液が垂れています。
とうとう妻の目には随喜の涙が見えるようになりました。

「あううっ!!どんどん入ってくるぅっ!!もうどうなってもいいの~おっ!!もっともっとメチャメチャに壊してっ!!・・・」

妻は何度連続してイッているのでしょうか。
Bさんは私の願望を心得ていて、カリの張った亀頭を膣口から見えるまで引き出します。
そして勢いをつけ、20cmの距離を奥まで一気に走らせます。
にゅるっ!ズブっ!の繰り返しです。

「ひゃああぁぁぁっ!!またイク~うっ!!あなた、もうだめえ~っ・・・あっぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!壊れたあああぁぁぁっ!」

妻の悲鳴が上がり、鳴きそうな声で叫びます。

「いやぁぁぁっ!!」

妻はまたイッたのでしょうか。
何回もイキ続け、妻の体が本当に止めて欲しいのかそうでないのか、乱れすぎて私からは分かりません。
Bさんがペニスが走る距離を長くし、一深、二深、三深と突き入れるスピードをさらに速めていったときです。

「うわああああぁぁぁぁぁぁっっ!!!」

妻の口からこの日一番の絶叫があがり、ブリッジするように身体を弓なりにし、秘部をこちらに向けて最大限に突き出しました。
そのまま妻の身体はしばらく強張ったようになっていましたが、やがてそのまま力無くべッドに崩れていきました・・・。

さすがに3人目は無理だと思ったので、妻のお相手をしていただいたBさんにお礼を述べ、帰ることにしました。
横になっている妻を抱いているうちに妻の意識が回復してきました。
歩き方も定まらない妻を支えるようにマンションを出ましたが、さすがにその日の帰宅は無理だと思ったので2人でホテルに泊まりました。

「凄かったよ、理香。他の人のモノを入れてもらって感じた?」

「いやぁぁ!意地悪うっ!」

妻が恥ずかしそうに胸に顔をうずめてきました。
私のことを思い、意を決して他人棒を迎え入れてくれた妻をとても愛しく思いました。