197X年、僕は中学1年生。
マンガ雑誌の通信販売広告に、こんなのが載っていた。

『自分で現像できるスライドフィルム!』

撮影した写真を、暗室なしで簡単に現像し、スライドにすることが出来ます。
キミも、これからやってくる楽しい夏休みの思い出を自分で現像してみませんか?
ブローニー判、白黒フィルム(12枚撮り)
6本4千円(送料共)
(現像処理薬1包、現像処理タンク1つ付)
今ならフィルムと現像処理薬、各1をお付けいたします。

35ミリ判フィルムやカラーフィルムもあったけど値段は覚えていない。
郵便ハガキ1枚10円の時代だから、僕はすごい覚悟で貯金をおろして現金書留で送った。

夏休みが始まった頃にフィルムが届いた。
ブローニー判を選んだのは、その頃僕が自由に使えたカメラが、科学雑誌の組み立て付録の実験カメラだけで、そのカメラに使うフィルムがブローニー判だったから。

フィルムを詰めたカメラを手にして、僕は城址公園に出かけた。
青空に白い雲、花壇に咲き揃う黄色いひまわり。
夏休みらしい風景を見つけてはファインダーを向けても、白黒フィルムじゃ物足りないかなとシャッターを押せずにいた時だった。

「さすが将来の写真家やな。ええカメラ持っとるやないの」

学級は違うけど、同学年のチカに声を掛けられた。

「何狙っとるのん?」

そう言うチカに、僕は通信販売で買ったフィルムの話をした。
チカはニヤニヤしながら僕に言った。

「ほな、私のヌード撮って見いひん?」

「ヌードって・・・」

「写真屋さんに見せんと現像出来るんやろ?」

「・・・」

「あんたも写真家を目指しとるんやったら、ヌードくらい撮れるようになっとけや」

「・・・はい」

チカに追い立てられるように僕は公園の奥に向かった。
公園の奥には、植え込みに囲まれた教室の半分ほどの広さの空き地がある。
あまり人が来ない、僕たちの隠れ場になっていた。
2人でそこに入り込むと、チカはスルスルとTシャツと短パン、そしてパンティーまで脱いでしまった。

「ちょっと待って!」

僕は驚いた。

「パンツまで脱いでまうのん?」

「当たり前やん」

チカは太陽の光を裸に受けながら言った。

「何か着とったらセミヌードやん」

「チカ、ヌードモデルになったことあるのん?」

「あるわけないやん。ただ、ヌードモデルには憧れとって、鏡の前でヌードのポーズとる練習しとってん」

「ヌードモデルに・・・憧れとったん?」

「うん。前に病気で学校を休んだ時、家でテレビのワイドショーを観とったら、女の人が『若い頃の思い出』にプロのカメラマンにヌードを撮ってもらうコーナーがあってん。それ見てから私、ヌードを撮ってもらいたいって思うようになってん」

「へぇー、そうなんや・・・」

僕も母親が読む女性雑誌の中にそんなコーナーがあったことを思い出した。
僕はエッチな写真や読み物は、男性雑誌より女性雑誌の方が過激なものがあると知っていた。
女性が雑誌に投稿した浮気や痴漢の体験を元にしたマンガは、僕に気持ちいいオナニーを覚えさせてくれた。

特に僕が好きだったのは、『誕生日ヌード』の写真だった。
1歳から3歳くらいの子どもと母親が一緒にヌードになって雑誌に載せられていたんだ。
母親に抱かれた小さな子どもが、母親の乳首を摘んだり吸ったりしてる姿は、男性雑誌に載せられているヌードモデルのヌードより、ずっと僕のチンチンを硬くさせた。

「・・・じゃあ撮るで。僕の言うこときいてな」

僕は心の中にオナニーする時に眺めたヌードを思い浮かべ、そのポーズをチカにとらせた。

「チカ、おっぱい大きなっとるんやなぁ。自分で軽く握ってくれるか」

「・・・こんな感じか?」

「そこの台の上に腹這いになって、お尻だけグッと上げてくれるか」

「・・・こんなんでええか?」

「そこのベンチに座って、両手を頭の後ろにやって、脚をバーンと拡げてくれるか」

「このくらい拡げたらええか?」

僕は素通しのファインダーを覗いて、その向こうのチカの股間を中心に据えて、輪ゴムの弾力で作動するシャッターを切った。

(すごい。これが女の子のオシッコするところなんや。もっとアップで撮りたいな)

実験カメラは固定焦点だから、1メートルは離れないとピントが合わない。

「なあなあ、女のアソコって、どないなっとるんやろな?」

僕は時々、バカ友たちとこんな話をかわした。
僕たちが苦労して手に入れるヌード写真で見る女の股間は、いつも黒い四角で隠されていた。
でも今、僕の目の前にチカの股間が露わになっている。
それは意外なほど、いやらしい形をしてはいなかった。
後でフィルムを現像して見て、初めてその形のいやらしさを僕は知った。