母は44歳、20歳の時に地元の資産家だった当時40歳の父の後妻となった。
ちなみに俺には母親違いの年の離れた兄と姉がいる。
病気で亡くなった前妻の代わりに小学生だった兄達を可愛がり、後に生まれた俺と同様に愛情を注いでくれた。
兄達は地元の国立大に入り、卒業すると父の会社に入った。
そんな家庭環境で俺は何不自由なく育ち、常に学力も学年トップクラスだった。

いつもいい香りのする美しい母が自慢だった。
外に買い物に行くときは中学生になるまで母と手を繋いで歩いた。
中学生に入り、好きだった女の子に告白されて喜んでいると、その女の子が耳打ちしてきた。

「優くん(俺)ってマザコンなの?」

それ以来、俺は母と手を繋いで歩くのをやめた。
急に手を繋ぐのを拒み出した俺に母は、「ママのこと嫌いになったの?」と心配そうに覗き込んできた。

「違うよ、好きな子ができたから」

俺はもじもじしながら答えた。

「え~ショック!優はママのボーイフレンドだと思ってたのに~」

冗談とは思えない顔で母は顔を近づけてきた。
母の美しい顔がほんの数センチ先にあった。

「だってママとはキスしたりできないじゃん」

俺はいたずら心で言った。

「そんなことないよ」

母の柔らかい口唇が俺の口唇を塞いだ。

「ママ、何すんだよ?!」

「親子だからキスしてもいいんだよ」

母は微笑んだ。

「だからって俺のファーストキスを」

俺は恥ずかしさで視線を逸らした。

「あら、優、小さいときママにいっぱいキスしてくれたよ、『ママ大好き』って」

「・・・」

俺は恥ずかしさで言葉が出なかった。

「それだけじゃなくて、よくママのお布団に入ってきてオッパイとかも吸ってたよね~」

母はいたずらな笑みを浮かべて俺を覗き込んだ。

「それは小さいときの話で・・・」

「今でも優はママの赤ちゃんよ。そうだ、今夜ママのベッドに遊びに来てよ、なんならオッパイ吸ってもいいよ~」

後で聞いたのだが、この時すでに父とレスになって10年だったそうだ。
それに俺に彼女ができたことで嫉妬していたらしい。

「行かないよ」

俺はそっぽを向いた。

「じゃー、彼女に言っちゃおうかな、優はマザコンですって」

「もうやめてよ。今夜行くから」

「う~ん、やっぱり優はいい子ね」

母は俺の頭を撫でた。
そしてその夜、俺は母と一線を越えしまった・・・。

その夜、母が先に風呂に入り、俺はすぐに風呂を出た。
母の寝室に入るとパジャマ姿の母に抱き締められた。
Tシャツに短パン姿の俺は、淡いピンクのパジャマの下に母が何も身につけていないのを瞬時に察知した。
Dカップの母のバストの感覚が俺の下半身を刺激した。
口唇を重ねると舌が入ってきた。
俺がどうしていいのかわからないでいると舌が絡んできた。

「大人のキスよ」

一緒に観たアニメDVDの台詞を母は真似た。
俺は夢中で母の口唇を吸い舌を差し入れた。
母の舌がねっとりと絡んできた。
俺の勃起が母の腹に触れた。

「優、おっきくなってる。キスで興奮してくれてママ嬉しい」

母は俺をベッドに寝かせた。

「可愛い優、ママのオッパイどうぞ」

母はパジャマの上を脱いだ。
張りのあるバストが飛び出した。
横たわる俺の目前に2つの乳房と、つんと突き出た乳首が迫った。

「ママ」

俺は甘えた声で乳房に触れ、乳首を吸った。

「ああ~ん」

母の声に驚き、俺は乳首を離した。

「ごめんね、気持ちいいの、ママ。大好きな優にオッパイ吸われてとっても気持ちいいから声が出ちゃった」

母は俺の口唇に乳首を押し付けた。

「ママ、オッパイおっきい」

俺は夢中で乳首を吸い、たわわに目の前に垂れ下がる乳房を揉みしだいた。

「ダメ、優、大きくなったんだからもっと優しく揉んで」

俺は母の乳房を揉む力を緩めた。

「そう、上手よ優、ママ気持ちいい」

母の柔な手が俺の下半身に触れた。
それはオナニーでは味わえない強烈な快感を与えてくれた。

「ママ、出ちゃうよ」

俺の声に母は反応し、短パンとトランスを一気におろし、パンパンに膨れたペニスを口に含んだ。

「あ~ママ!」

俺は初めて体験するフェラの快感に腰を大きく反らせ、勢いよく樹液を放った。
それを母はすべて口内で受け止め、そして飲み干した。

「いっぱい出たね」

ベッド脇にあったミネラルウォーターを飲み、母は言った。
再び口に含むと俺に口移しで飲ませてくれた。
母は全裸になり、俺も全裸にされた。
柔らかな裸身が俺の肌を包み込んだ。

「優、何回でも出していいのよ、ママと好きなだけエッチしよ」

母の香りが俺の鼻腔をくすぐる。
俺のペニスは瞬時に復活していた。

「すごい、また大きくなってる。ねぇ、ママも気持ちよくなりたい、中に入れるね」

母はペニスを2、3回しごくと、温かい亀裂を先端に当てた。

「ママ、今日は大丈夫な日だから、遠慮しないで出してね。・・・あん、入った」

カリの部分がスルッと入った。

「ママね、優とこうなることをずっと願ってたの。優はママの宝物だから・・・ああん、全部入っちゃう」

ペニスは母の膣しっくりと収まった。
下半身から突き上げられるような快感が全身を包み、俺は早くも絶頂が近くなっていた。

「ママ、すごく気持ちいいよ、またイキそう」

俺は母に快楽の深さを伝えようと必死に声をあげた。

「もう少し我慢して、ママのとっても気持ちいいの」

母は結合したままの状態で俺に覆い被さるように肌を密着させた。

「優とママ、ひとつになってるよ。気持ちいいでしよ?ずっとママとひとつになってね」

「ママ!」

俺は下から母を抱き締め、口唇を吸った。
快感と最愛の母に包まれている幸福感から、我慢の限界になっていた。

「ママ、イクよ」

俺は母を強く抱き締め、子宮に勢いよく樹液を放出した。

「ああ、嬉しい。優の初めての女性になれるなんて。ママ最高に幸せ」

母の膣が何度もペニスを締め付ける。

「ママ、またしたくなっちゃった」

「いい子ね、優、ママがゆっくり動くね。イキそうになったら止めるから」

母は腰をゆっくりと前後に動かした。
バストが揺れ、俺は五感で母を味わった。

「ああん、いい、優のオチンチン、ママにぴったりみたい。すごいいいの、ママ、イッちゃう」

腰を動かしスピードがアップし、そして美しい裸身が硬直した。

「ママ、イッちゃったの?」

俺の身体に覆い被さって荒い息の母の耳元に囁いた。

「うん、すごく気持ちいいんだもん。ママ、優とずっとこのままでいたい」

「ママ、動いていい?」

俺は母を下にして、腰を動かした。

「優、ママ気持ち良くて力が入らない」

「ママまたイッちゃいそう」

「いいよ、好きなだけイッていいよ」

「ママー!」

俺は3度目の射精を迎えた。
朝まで母と俺はお互いを求め合った。

母は5年前に父と離婚した。
父に次の子供ができたのだ。
相手は公にできない相手、つまり近親者である。
母は俺とのこともあり、離婚は穏便に進んだ。
俺も大学進学が決まっていたので特に影響もないと解釈されたが、慰謝料と養育費も相場とされる額より多く、生活に困ることはなかった。
母と俺は慣れ親しんだ実家を離れ、隣の県のマンションで2人暮らしを始めた。
39歳になっていた母だが、美しさとボディラインはさらに魅力を増していた。
俺は母以外の女性には興味はなかったが、中学と高校で4人の女の子と経験していた。
だが母とのセックスの快感を越えることはなく、別れるたびに母に夢中になっていった。

「優ったら、ママのオッパイが大好きなのね」

そんなことを言いながら聖母のような笑顔で俺の髪を撫でる母。
俺は夢中で母の乳首を吸う。

「ママ、俺もうママ以外の女の人と付き合うのやめるよ」

「またそんなこと言って、ママを困らせないで」

母は頬を膨らませる。

「だって・・・」

「ママは優と結婚出来ないから、あなたは子孫を残せないのよ」

その時、名案が浮かんだ。

「ママ、俺の子供を産んでよ」

「え・・・」

その日から俺と母は避妊せずに獣のように愛し合った。
リビングのソファーに座り、床に膝ま付いた母にフェラをさせる。
大きく口を開け、俺を見つめる母は妖艶な美しさを放つ。
母を全裸にすると花弁はトロトロになっている。

「優、欲しい」

母の瞳が虚ろになる。

「ダメだ、もっと舐めて」

母は袋からアナルに舌を這わせ、ペニスをしごく。

「ママ、気持ちいいよ~」

俺は母を抱き寄せ夢中で口唇を吸う。
俺の服を脱がせる母。
対面座位で母の奥深くを突く。

「ああ~ん、優、いいわ、ママイッちゃうね」

母はぐったりして俺にしがみつく。
そんな母の柔らかい肌に包まれ、膣の締め付けを感じ、俺は果てた。
愛し母と激しくキスを楽しみ、子宮の奥に精子が届くよう、いつまでもペニスは抜かなかった。

「優、まだまだできるのね」

母は淫らな笑顔を浮かべ、腰をグラインドさせた。

「ママとなら何回でも出来るよ」

「優、硬くなったね。今度はママが動くね」

俺は母の愛に溺れていった。
3ヶ月が過ぎても妊娠の兆候は見られず、母は産婦人科に診てもらったが問題はなく、妊娠出来る身体だと太鼓判を押された。

俺は大学にも慣れ、バイトを始めた。
女子に人気のカフェで、男子店員は俺1人だった。
初めは失敗が続き指導役の店員に慰められる日々だったが、要領がわかると動きも速くなり、常連客と会話も出来るようになった。

ある日、バイトが終わると店長に呼ばれた。
店長は他の女店員が憧れるほど可愛くてグラマラスな25歳。
つい胸元に視点が行ってしまうほどだ。

「優君、頑張ってるね。明日から時給上げるね」

「そうですが、ありがとうございます」

「その笑顔、可愛いのよね~。あなた目当てで来るお客さんが増えてるの知ってる?」

「そうなんですか?」

「あなたってあまり女性に興味がないみたいね」

「そんなことないですよ」

俺は慌てて手を振り否定した。

「じゃー、これからあたしとお茶でもどう?」

「えっ、でも母が夕食を準備して待ってるので・・・」

「優君、マザコンなの?」

「そんなことないですよ」

俺は渋々お茶に付き合うことになり、母に電話した。

「いいわよ。たまには他の女の子と遊んでも」

「すぐ帰るから」

しかし夜中になってしまった。

「優君、この事はみんなには内緒よ」

店長は車でマンションまで送ってくれた。

「もちろん誰にも言いません」

「優君ってセックス上手ね。また抱いて欲しいな」

「店長さえ良かったら俺はいつでも」

「ほんと~、早く帰らないとママに叱られるんじゃないの?」

「いや、それは前もって言っておけば」

「じゃあ今度は泊まりでね」

「はい、ぜひ」

俺は店長と別れ、マンションのドアを開けた。
母が待っていた。

「お帰り、いい香り。年上の店長は良かったの?」

「・・・ママ、仕方なかったんだよ」

「ママは責めてないのよ」

俺は母を抱き寄せ激しくキスをした。
玄関先で立ったまま1時間近くキスをしていた。