一昨年まで俺と妹は俺が中3の時に色々あって、会話はあるんだけどなんとなく気まずい感じだった。
問題の日は両親が墓参りでバアちゃん家に行って、俺達兄妹だけ家に残ってた時のこと。
夕飯を食べたあと、妹は居間でネットをやってて、やっぱりなんか気まずいから俺が、「酒飲もうか?」って誘った。
最初は他愛ない話をしてたけど、酔いが回って俺と妹の間ではタブーみたいになってる話を俺が切り出した。

そのタブーってのが中3の時の話で、それは当時中1だった妹に悪戯したこと。
その時の俺は筋金入りのムッツリスケベで、毎晩のように寝てる妹のオッパイを触ったりしてた。
そして一度、生で触ろうとしてパジャマに手を突っ込んだら妹が起きちゃって、俺も引くに引けなくなった。
妹は最初は責めるような声で「ちょっと!」と言ってたけど、俺が「いいから!」って言いながらパジャマのボタン外して鷲掴みしてモミモミしてたら静かになった。
パンツの中に手を突っ込んでも何も言わなかった。
初めて触る生のオッパイや陰毛の感触はいまだに覚えてる。

妹は足をピッチリ閉じてたけど、股の間に指をクイっと入れたら凄いヌルヌルしてた。
その時は中3だったからそれ以上何をすればいいのか分からないこともあって、しばらくオッパイをモミモミしたりマンコをヌルヌルしたあと、すぐ部屋に帰ってオナニーした。
次の日、妹は相当ショックだったらしくて落ち込んでいたから、俺は親にチクられる恐怖を感じて、それ以来悪戯しなくなった。

その一件は俺達にとって一昨年の夏まで触れちゃいけない感じになってたんだけど、罪悪感もあったし謝りたかったので、酔った勢いも手伝ってその事を話し始めた。

「俺が中3の時・・・」みたいな感じで話し始めたら、妹はビクってなったけど黙って聞いてた。
俺が謝ったら、「凄いショックだった」とか言われたけど、誠心誠意謝ったら、「もういいよ。昔のことだし」みたいな感じで言ってくれた。

だけど、中3の時に妹の身体の感触を味わって以来、俺は妹を性の対象で見ていたわけで、そのまま当時のぶっちゃけ話に持っていった。
たぶん相当鼻息が荒かったと思う。
妹も結構酔ってたし、腹を割って打ち解けたのが嬉しかったのか結構ノリノリで話してた。

で、「悪戯したのは、あの時だけじゃないでしょ?」と問い詰められた。

素直に「あの頃は、しょっちゅう触りに行ってた」っていうと、「起きてたし」と言われた。

「◯◯のオッパイを生で触りたいから手を突っ込んだら起きちゃった」

そのまま欲情丸出しで、その時の詳細を話し出した。
その時、なんでかわからないけど、(今なら触っても抵抗はされないな)と思って、なんとなく妹の胸を揉んでた。
そして、「ボタン外をした時は黙ってたけど、何を考えてたの?」とか、「凄く柔らかかったけど今は痩せたな」と言いながらオッパイを弄ったりしてた。
妹も酔ってたせいか、それとも欲情してたのか、当たり前のように、「そう?でもあの頃よりは痩せたかもね」などと答えていた。

パンツに手を入れた時の話になった時、胸を揉みながら引き寄せても妹は従順だった。
でも、「あの時、濡れてた」みたいな話をしながらスカートに手を入れようとしたら、やんわり拒否られた。
でも、いつの間にか妹の鼻息がムチャクチャ荒くなってるから、しばらく胸を揉んだり太股の内側を撫でたりしたあと、まだ風呂に入ってなかったので、「久しぶりに一緒に風呂に入ろうよ」と提案した。
かなり渋ってたけど、妹の体を撫で回しながら子供の頃の話を持ち出したり、「せっかく気まずさがなくなったんだから」みたいな訳のわからない説得をして、なんとか入ることになった。

脱衣所で妹が脱ぐのを躊躇してたので、「なんだよ~」と言いながら上を脱がしてやると、あとは自分でゆっくり脱ぎだした。
俺はもうビンビンに勃起していて、俺が裸になってわざと見せるように立ったら、妹はチラっと股間を見た後で笑いながら、「ちょっと・・・」と言って俺の股間を見ないようにしてた。

妹は中学の時、どちらかというとポッチャリしてたのだが、その時はしっかりとくびれがあり胸もあって結構いい体だった。
湯船に浸かる時、さすがに2人とも大人なので一緒に入ると水が溢れた。
それから妹を後ろから抱えるようにして妹に俺のチンコを持たせ、俺はオッパイを揉みながら耳を甘噛みしながら、互いの恋愛遍歴を話した。

妹はその時20歳で大学に通っていて、当時の彼氏を合わせて3人の経験があった。
妹はその事を話しながら彼氏にそうしていたのか、無意識に俺のチンコを上下に擦った。
俺がそれを指摘して、「結構スケベだろ」と言うと、焦ったようにチンコから手を離した。
俺は、「兄妹なんだから照れるなよ」と言って、再びチンコを握らせた。
それから妹は話している間ずっと、俺のチンコを擦ったり亀頭を摘まんだりしていた。

他には、「背中を洗ってやる」と言いながら石鹸で妹の裸をヌルヌルさせてオッパイを揉んだり乳首を摘まんだり、マンコを撫でたりした。
妹は何も言わずにされるがままで、声は出なかったもののかなり息が荒く、胸を上下させていた。

そして風呂から上がる時に妹に、「部屋で寝ていろ。あの時の続きをしよう」みたいなことを言った。
妹も吹っ切れたのか、俺に中途半端に触られて欲情したのか簡単に承諾した。
俺が「あの時の台詞も再現しろ」と言うと、妹は照れながら部屋に入っていった。

その後、俺は中3の時のように妹の部屋に入り、妹の胸を揉むところから始め、当時の行為を再現した。
なぜか妹もノリノリで、中学の時と同じように途中で起きて焦ってみせた。
そして順番通りパンツに手を突っ込んでマンコを触ったら、風呂から上がったばかりだというのに妹のマンコは無茶苦茶ヌルヌルになっていた。
印象的だったのは、中学の時はマンコを濡らしていながらも体は硬直していたのに、その時は指をクチャクチャ動かすと腰をグイーンを上げたことだった。
妹が開発されたこともあるし、俺もある程度は女性経験を積んでいたこともあったからだと思う。

そこから先は妹のパジャマを脱がせて全裸にして妹の体を舐め回した。
始める前は舐めるのに抵抗があった妹のマンコも勢いですんなり舐めることができた。
それどころか興奮のあまり、肛門まで舐めていた。
そしてクリトリスをペロペロしたり指をマンコに突っ込むと、妹は初めて呻くように声を出した。

俺がチンコを妹の口に宛てがうと、すんなり口を開けてフェラし始めた。
彼氏に仕込まれたのか結構上手かった。
しかし、まるで淫乱のように自らチンコに吸い付いて頭をしきりに前後に振ってフェラをする妹に違和感を覚えた。
部屋が真っ暗だったせいもあり、妹の体を貪ったりフェラさせたりしている間も、不思議と近親相姦をしているという実感はなかった。
妹は途中から喘ぎ声を出し始めたし、他の女がそうするようにベッドの縁を掴んで仰け反ったりしてて、普通の女とやっているのと変わらなかった。
ただ、やっぱり妹の名前を呼んでみたり、妹が「お兄ちゃん」と言うのを聞くと、近親相姦している最中なんだと思った。

絶対にキスはしたくなかったのだが、気がついたら妹とディープキスをしながら抱き合っていた。
汚いとか、そういう感覚はなかった。
キスをすればするほど妹は興奮して声を上げて感じ、俺も興奮して夢中で妹に抱きつき、挿入したチンコを押し付けながら唇を貪った。

近親相姦は身体の相性がいいという話があるけど、やってみると普通だった。
しかし妹に耳元で「お兄ちゃん」と大人の声で喘がれたら異常な興奮状態になった。
これは後から思い出しても興奮する。

夜はちゃんとゴムをしたが、朝はゴムがなかったので外出しでやった。
さすがに朝になると妹の顔もはっきり見えて、射精して冷静になった時に何とも言えない嫌な気分になった。
妹の陰毛からお腹にかけて俺の精液がかかり、見慣れた妹の顔が紅潮して、「あ・・・あ・・・」と言ってる。
女の姿をした妹を朝の光の中で見た時に初めて、近親相姦とはどういうものかというのを思い知らされた気分がした。
それでも終わった後はイチャイチャしながら・・・。

「また近親相姦しちゃったね」

「今日で終わりにすればいいよ」

みたいな話を裸の妹と抱き合ってしてた。
事実、やったのはその日だけで、それ以来は触れてもいない。

見てくれた人、ありがとう。
久しぶりに思い出したので、これから妹でオナニーして寝ますw