俺:26歳。
嫁:25歳(4女)
義姉:32歳(3女)

初めて義姉を見た時から惹かれていたんだと思う。
肩まである綺麗な黒髪。
少し垂れ気味の二重まぶた。
鼻は低めだけど唇はプクっとしてる。
背は150センチちょっとくらいで、年齢より若く見えるが、30を過ぎた女性独特の色気も持っていた。
初めは、(美人な姉さんができてラッキーw)くらいにしか思ってなかったし、どうにかなりたいなんて思ってもいなかった。
初対面のとき、「いいなぁ◯◯(嫁)は。ほんとカッコイイね。私は失敗した」と、ニコッと笑った顔が印象的だった。

しばらく月日が流れた。
家が同じ市内にあるためか、俺と嫁、義姉とダンナと子供でご飯を食べたり、ダンナ抜きで家に遊びに来たりと、月に一度か二度くらいのペースでなんらかの接触はあった。
俺もだいぶ打ち解け、義姉とタメ口で話せるようになっていた。
夏、暑くなり薄着になった義姉は、決して巨乳ではないが形のいい胸(ブラのせい?)をシャツの隙間からチラつかせ、膝丈のスカートからは程よく肉の乗った太もも、ジーパンからはパンツ・・・。
そのひとつひとつが俺を欲情させ、そんな日は決まって自慰行為をせずにいられなかった。
慣れたといっても下ネタなんか話せるわけもなく、体には指1本触れたこともなかった。

でもチャンスは巡ってきた。
ある夏の夜、夕食後に家で嫁と2人でのんびりしていたところに1本の電話。

嫁は、「◯◯ちゃん(義姉)からだ」と携帯で話し始めた。

大体聞こえてきた会話から予想がついたが、電話を終えた嫁によると早い話、ダンナと喧嘩をしたから子供を連れて我が家に家出しにくる、とのこと。

(2部屋しかないこのアパートに?まあしょうがないか。理由が理由だし)

20分くらいして2人は来た。
そのほんの少し前、ダンナから俺の携帯に、『迷惑かけるけどよろしく』的なメールが来ていた。
義姉は、上はチビTで下はデニムの膝丈のスカート。
自分好みの格好を見ただけで股間が熱くなるのを感じた。

部屋に入った2人。
俺は空気を読んで子供と隣の部屋へ・・・。
薄い引戸を隔てただけの2部屋は、少し耳を澄ませば隣の会話を聞き取れた。
今日は泊まるらしいw

しばらくすると義姉が引戸を少し開け、「◯◯くんごめんね、いきなり来ちゃって。迷惑かけるけどよろしくね」と軽く頭を下げた。

嫁の笑い声が聞こえた。

俺は、「困った時はお互い様。今度は俺たちのどちらかが迷惑をかけるかもしれないしw」と冗談を言うと、3人で笑い子供は不思議そうにしていた。

嫁が2人にお風呂を勧めた。

「じゃあそうする」と義姉。

2人が脱衣場に入ると気になって仕方がなく、(今、下着になった頃かな?)なんて妄想する始末。
(嫁がいなければ・・・)と何度思ったか。

風呂を出ると、義姉はスッピンを見られるのが恥ずかしいらしく、顔を隠しながら子供を寝かしつけに行った。
その間に嫁からは家出の経緯をある程度聞いた。
引戸がゆっくり開き、静かに出てきた義姉は、化粧をしている時とは印象が少し違うが、肌もキレイでまた違った魅力があり、ついつい見惚れてしまった。

「あまり見ないでw」と義姉。

冷蔵庫からビールを出し、ささやかな飲み会が始まった。
その後は、旦那の愚痴やら世間話やらでそこそこ盛り上がり、時間も遅くなったのでそろそろ寝るかということになった。
嫁と義姉と子供は寝室に。
俺はリビングのソファーで寝ることになった。

20分くらいして、寝静まったようなので、そ~っと引戸を開けた。
心臓バクバクで覗くと・・・なんと1番こちら側で義姉がまだ起きていた。
パニクりそうになったが、なんとか冷静を保つ。
義姉は弄っていた携帯の手を止め、不思議そうな顔をしながら、「どうしたの?」と小さい声で聞いてきた。
さらにパニックになった俺は、その時なんと答えたのかハッキリ覚えていないw

そんなことがあってからさらに2時間、懲りずに再挑戦w
今度は引戸に耳を押し付け、様子を探った。
何も聞こえないと言うかこれじゃわからない・・・。
ほんの少しだけ戸を開けた。
目と耳に全神経を集中させると、自分の心臓の音すらうるさく感じた。
こちら側から義姉、子供、嫁。
全員静かに寝息を立てていた。

無い頭が妙に働く。
まずこちら側の電気を消し、外から入る僅かな光だけの暗い部屋に目を慣らす。
ゆっくり引戸を半分ほど開ける。
義姉は普通のTシャツにスウェット生地のハーパン。
布団はお腹のやや上までしか掛かっておらず、仰向けのため少し潰れた感じの胸の膨らみと、肩口からわずかに見えた青いブラ紐を確認。
その時点で俺のチンコはフルに立った。

布団から大きく外れた左手の指を触ったり軽く握ったりしてみたが反応はない。
熟睡しているようだ。
そっと人差し指を義姉の胸に当てた。
ブラ独特の感触がある。
反応がないことを確認し、さらに指を押した。
そこに待っていたのは、プニプニの、柔らかくも弾力のある感触。
リスクを考えれば今すぐにでも戻さなくてはいけないが、指を離すことができない。
何度も力を入れたり抜いたりしてると、俺のチンコの先はヌルヌルし始めた。
理性がなくなる前に俺は一度リビングに戻った。
いや、もう手遅れだった。
俺の脳はさらなる刺激を求め、再び義姉のもとへ向かった。

見たい欲求と、触りたい欲求。
その2つを満たすために俺がまずしたことは、胸を揉むこと。
ゆっくり手を胸に添えた。
手のひらは汗が滲んでいる。
少しずつ手を縮めていくと、今度は手全体にあの感触が現れた。
見た感じはDかEカップだと思う。
今は仰向けなのが残念だった。
もう止まらない。
少し緩めのTシャツの首元を指で摘み上げると、そこには青いブラに包まれた綺麗な膨らみが2つ。
次は布団を少し下にズラし、スウェットを摘み上げる。
青いパンツの一部が見えた。
上下セットみたいだ。
触りたくてたまらなかったが、さすがにそれはやめたw
でもスウェットの上から恥丘の辺りに手を添えた。

ここでアクシデント!
義姉がこっち向きに寝返りを打ったのだ。
もう死ぬかと思った。

(気付かれたのか?)

もう生きた心地がしなかった。
そのおかげで我に返り、ゆっくり引戸を閉めた俺は、引戸1枚隔ててこちら向きに寝ている義姉の方を向いてオナニーをし、凄い量のものを出した。
久しぶりに最高のオナニーだった。

次の日の朝、俺は一番に目が覚めた。
リビングを片付け、テレビを観ていると嫁がまず起きてきて、それから少しして子供を抱いた義姉が起きてきた。
妙な気まずさがあるのは俺だけ・・・。
昨日イタズラした体を舐めるように見てしまった。

出かける用意ができた嫁は、「朝ご飯、何か買って来る」と言って車で出かけた。
俺の隣には、化粧も終わり、シャツにジーパンに着替えた義姉がいた。
テレビをお互い無言で観ていると車の音。
嫁が戻って来たみたいだ。
外に向かう子供。
すると待っていたかのように義姉が、「あまり悪いことしちゃダメだぞw」と言ってきた。

(バレてたのか?)

急に鼓動が速まる。
怖くて義姉の方を見れない。
笑みを浮かべるのが精一杯だった。
凄い後悔の念に襲われ、最悪の状況が頭をよぎった。
ハッキリ覚えているのは2人が帰る時に、「ありがとう」と言った言葉だけ。
その日から1週間、怯えながら暮らしたのは言うまでもない。

しかし1週間後、こんなメールが義姉から来た。

『少しは反省したかな?◯◯には言わないから安心しな(笑)』

これが始まりだった。
そのメールを信用していいものなのかどうかはわからないが、信じるしかなかった。
実際それから1月経っても嫁の態度などに変化はなく、いつもの日々が続いていた。
そんなある日、嫁に義姉からメール。

『来週末、旦那が出張で退屈だから、この間のお礼もかねて2人で泊りに来なよ』

1週間後、俺達は義姉の家にいた。
義姉宅には俺は初めて訪問した。
以前にも呼ばれたことはあったが、いつも都合が合わなくて行きそびれていた。

(どんな顔で会えばいい?)

ここに来るまでもう何度も自問自答した。
でも答えは決まりきってる。
今まで通りでいくしかないんだ。
義姉もそれを望めばこそ、今回の招待のはずだ・・・。

玄関のドアを嫁は慣れた感じで開ける。
すぐ子供がタタタタッと走り出て来て、それを追うように小走りで義姉も姿を現した。
目が合ったほんの一瞬が凄く長い時間に思え、不自然にならぬようにと喉から無理やりあいさつの声を絞り出した。
それを聞くと義姉はニコッと笑い、子供と共にあいさつを返してくれた。

季節は秋になりかけていたが、まだまだ夏は重い腰を上げようとしない残暑の厳しい日だった。
もちろん義姉は薄着。
タンクトップにジーパン姿。
反省したはずなのに視線は屈んだ時の胸元やタイトなジーンズに包まれた足やお尻を追っていた。
タンクトップの肩部からズレたブラ紐が色っぽくて、股間がむず痒くなった。
まだあの日のことは鮮明に覚えているが、感覚だけはそれを忘れかけていた。

それからはもう今まで通りの感じを保とうと必死だったw
昼ご飯たべたり、近くの商業施設に遊びに行ったり。
意識しないようにとあまり義姉の方は見れなかった。

晩御飯の話になったから、俺は鍋を提案した。
時期は少し早いけど、あまり手間もかからないし、なんか仲良しのイメージがって。
みんな賛成してくれ、色んな食材やお酒なんかを買っているとき、ほんの一瞬の隙きを見て義姉が俺の耳元で、「ありがと」と小さな声で囁いた。
自分勝手だけど、その言葉でなんか救われた。
元に戻れるって。
罪を償った気分になってさ。

鍋は嫁と義姉が用意してくれた。
調子に乗り過ぎて買い過ぎた鍋も、その後の雑炊もほんとに美味かった。
片付けも終わり、本格的に飲む前にいつでも寝れるようにしておこうってことになり、風呂に入ることになった。
図々しくも嫁が1番に行った、子供も連れて。

・・・今日初めて2人きりになった。
さっきまで動き回ってた部屋の空気もピタリと止まり、息苦しく感じた。
再びその空気を動かしたのは義姉で、さっきまでのように気軽に話してくれ、おかげで俺も普通に話せた。

「こちらこそありがと」

口から出る寸前に飲み込んだ。
この流れを再び止めたくなかったし、言わないほうがきっと良かった。
ふと目があった時、義姉の目は、『そんなこともお見通しだよ』と言っている気がした。

嫁達が出て来て、次を勧められたのでお言葉に甘えた。
湯船に浸かって大きく一息。
その時なって思ったが、この家はすごく掃除が行き届いている。
今日、目に入った場所に散らかったり汚れているところはなかった。
風呂だって、どこかのホテルみたいに整頓されている。
確かに築数年は経っているが、新築みたいだった。
ひとつひとつ義姉とその家族が積み上げてきたものが色々なところに散りばめられ、もう少しで俺が壊して、汚してしまうところだった。
一度深く潜り、頭をリセットしようと思ったが、上手くいかなかった。

きっと義姉が使っている体を洗うタオルが目に入った。

(あれで胸もマンコも洗ってるんだろうな)

イタズラ心が働いた。
意味はないけど、匂いを嗅いだり、チンコに擦りつけたりしてしまった。
軽く立ってしまったw
その時、急に脱衣場から声がした。

「お湯冷めちゃったでしょ?沸かし直そうか?」

慌てた。
神様ごめんなさい。
急いでタオルを戻し、「ちょうどいいから大丈夫」と伝えた。

「何かあったら遠慮しないで呼んでね」と義姉。

「ありがと」と答えると、背を向けていた風呂の入口がいきなり開いた!
顔だけ振り返ると、義姉が顔だけ覗かせていた・・・。
慌てて半立ちしたムスコを太ももの下に隠して、「おいっ!w」って言ったら、「病気になるからちゃんと洗いなよ」と笑っていた。

「分かったから閉めてくれw」

そう頼んだら、義姉は素直に去って行った。
太ももの間から全立ちになったムスコが顔を出した。

俺が出たあと、すぐに義姉が入った。
トイレに行くふりをして脱衣場へ。
久しぶりに感じる独特の緊張感。
ドアノブを回すとドアが開いて、シャワーの音がする。
ゆっくり侵入して洗濯カゴを見る、と無造作に脱ぎ捨てられた今日着ていた洋服。
その下には下着が・・・。
ついさっきまで義姉が身につけていた・・・。

我慢できなかった。
まずはブラをマジマジと眺めた後でカップの内側に鼻を擦り付けた。
甘くてやさしい匂い。
洗剤と義姉の肌の匂い。
パンツも内側をよく観察してから匂いを嗅いだ。
ブラとはまた少し違った匂いがする・・・。
その間チンコはフル勃起。
我慢汁できっと先っちょはヌルヌルしているだろう。
今手にしているパンツに、それを押し付けたい。
射精したい衝動に駆られたが、さすがにしなかった。
風呂の入口を見ると、ぼやけた肌色のシルエットが忙しそうに動いていた。

(あの扉の先は全裸の義姉がいる)

さっきのお返し的なノリで覗けるかと思った。
そもそもそのために来たのだが、いざ来てみると、とても出来そうになかった。

(これ以上の長居は無用か)

俺は元いたリビングに戻った。

<続く>