昨年結婚しましたが、うちの嫁は母子家庭で、嫁の母(54歳)と同居することになった。
元々、嫁と付き合っていた頃から義母からは気に入られていたのですが、まさか男と女の関係なんて考えてもいませんでした。

今年初めて3人で正月を迎えたときのことでした。
普段は飲まないお酒を義母は飲んでしまうと、ほんの1口2口で義母は全身が赤くなり酔っていました。
テーブルからコタツに移動してさらに飲んでいると、義母はだらしなく足を伸ばし始めて、かなり眠そうな表情をしていました。

うちの嫁は片付けでキッチンに立っていたので、私も酔っていたこともあり、義母の足を手をコタツに突っ込んで突いてみました。
義母は嫌がることはなく、むしろ片足を少しこちらに寄せてきました。
私は義母が近づけてきた片足の膝の辺りに手を掛けて、さらにこちらに引き寄せるようにすると、「少し横になる」と言って義母は腹の辺りまでコタツに入ると、そのまま横になりました。

コタツの中で義母は大きく足を開いて、内腿を私に触られていました。
義母は時折口を少し開けて、嫁には聞こえないように吐息をしていました。
私も足を義母の股間に触れさせると、義母は一度目を開いて私を見て、体勢を少し変えて、腰をこちらに向けるようにしました。
おかげで私は手で直接、義母の股間に触れることが出来ました。
コタツの中で蒸れていたのか、義母の股間は下着の上からでも分かるほど湿っていました。
背後の嫁の様子を窺いながら、義母をコタツで弄んでいました。
下着をずらして遊んでいると、嫁がコタツに入ってきたので、さすがに怪しまれると思ったのか、義母がそ~っと私の方から足を逆に向けました。

数日後の休日の日、嫁が朝から出掛けていきました。
朝食を食べて嫁を送り出した後、義母はパジャマ姿にガウンのような上着を着て朝食の片付けをしてくれていました。
特に意識はしていなかったのですが、私は体を温めようと風呂を沸かしました。
それを義母は勘違いしたようで、私が風呂に入っていると突然義母も入ってきました。
少し戸惑いましたが、それ以上に義母の方が戸惑っていたのが面白くなってしまい、浴槽に招き、義母を後ろから抱きかかえるように一緒に入りました。
義母の首筋から背中の辺りまで唇と舌を這わせると、義母はどう反応して良いのか分からない様子でした。
それもそのはずで、後で聞けば、男とそういったことをしたのは20数年ぶりだったのです。

義母と言うより、年上の熟女がそういった表情を見せるのに興奮しました。
義母の耳を舐めて胸を激しく愛撫し、浴槽に波が立っていましたが、義母にとってそれは余計に興奮させる材料でした。

「こっち向いて」

義母を振り向かせてキスをすると、義母はまるでファーストキスかのように戸惑い、目をきつく瞑っていました。
舌で義母の唇を少し舐めると、それに呼応したように義母の口が開き、私が一気に舌を入れると、初めはぎこちなかった義母の舌の動きが激しくなっていきました。
私が激しさを増すと義母の舌も絡まってきました。
私がすることに対して、まるで初めて経験することのように初な反応を見せる義母に対して、悪戯心が出てきてしまいました。

義母の股間を弄っている時でした。
義母の反応に物足りなさを感じた私はシャワーを手に取り、湯の中で義母の股間にシャワーを当てました。
咄嗟に義母は足を閉じようとしましたが私が許しません。
懇願するような目を私に向けている義母は、口が半開きで目は涙目でした。
その口を塞ぐように濃いキスをすると、義母は体ごと振り向いて私の背中に腕を回しました。
義母の腰が時折動いて、浴槽を波立たせていました。

「そろそろ俺のに触りたい?」

義母は頷きました。
私は浴槽の座り、義母の目の前に自分のモノを晒しました。
義母は自らそれを握りました。
しかし顔は近づけたものの、それ以上のことをしようとしませんでした。

「舐めたいんでしょ?」

聞くと、また義母は頷きました。
あまりにも反応が初心で少し焦れったくなり・・・。

「『舐めさせてください』って言ってみて」

義母はちょっとの間下を向いて、それから顔を上げて私に懇願するように、「舐めてもいいですか?」と聞いてきました。
素直な反応に興奮を覚えながら、義母に許可しました。
義母は口に含むと中で舌を動かし、それがまた気持ち良く、それ以上やられると正直やばかったので、玉を舐めさせたりしていました。

しばらくして、今度は義母が舐めて欲しいと言ってきました。
浴室の床は冷たいので、義母に浴槽を跨ぐように立たせて、まるで浴槽に小便をするような体勢にさせて、私は浴槽に浸かりながら義母の股間に舌を這わせていました。
義母の股間をくぐってアナルまで丁寧に舐めると、私はそのまま立ち上がり、義母に後ろから挿入しました。
義母はタイミング良く浴槽に手をついて、そのまま立ちバックになりました。

しばらくそのまま突いていたのですが、ちょっとしたことを思いつき、合体したまま浴室から出ました。
そして洗面所のところに手をつきました。
鏡に義母と私の姿が映りました。
義母は鏡から目を逸らそうとしましたが、私が許しませんでした。
片足を洗面台に上げさせて挿入部分も義母に見せるようにしました。
義母は目を逸らしますが、時折自分から見ていました。

フィニッシュを迎えようとした頃、私が離れようとすると義母が後ろに手を伸ばしてきて、離そうとしませんでした。

「出来ても責任は取らないよ」と言うと、義母はよがりながら頷いて、私を離そうとしません。

やがて義母の奥底に出すと、義母は洗面台に両手をついてうな垂れていました。
義母の股間からは、私が放出したものがぼたっと数滴垂れました。
私は義母を放置して浴室に戻りました。
義母も後から入ってきて、シャワーで股間を洗っていました。
私は義母からシャワー奪うと、義母への愛撫を再び始めました。
義母は小声で、「もうやめて」と言いながらも、私の腕を力強く握っていました。

「自分でやってみて」

そう命じると、義母は素直にシャワーを自分の股間に当てました。
私は義母の口にモノを入れました。
義母の後頭部を押さえてイラマ風に突くと、たまに嗚咽しながらもモノを大きくしてくれました。
床をシャワーで温めてから義母を寝かせると、私は再び義母の中に入れました。
最後は義母の顔に出し、残り汁はすべて義母に吸い出させました。

私はそのままシャワーを浴びて、少し湯に浸かってから風呂を出ました。
義母はそれから10分ほどしてから出てきました。
結局、その日は夕方まで義母の体を弄びました。
義母はぐったりとして、そのまま部屋に入って寝てしまいました。

それからは、嫁がいるときは“義母”ですが、いない時は“玩具”です。
いい年をした熟女が、自分の意志には反して、ノーパン・ノーブラで出かけたり、露出したりするのです。
もちろん、ご褒美をあげます。
そんな義母にあるとき、無理を承知で、「誰か女性を連れて来てよ。3Pしたいな」と言ったことがあります。

それから3ヶ月くらいした今年のGWのことでした。
嫁が友達と旅行に出掛けました。
すると義母は、職場の同僚だという47歳の女を家に連れて来ました。
お酒を楽しみながら一緒に夕飯を食べて、義母の顔が赤くなったところで、「ちょっと脱いできなよ」と耳元で囁くと、義母はその場で服を脱ぎ始めました。
女は驚いた顔で義母を凝視していました。
義母のストリップを見ながら女の手を取ると、女は拒否するどころか自分から寄り添ってくるようにキスを求めてきました。
非現実的な世界が家の中で始まりました。

義母が服を脱ぎ終わると、私の前に跪いて、私のズボンを脱がしていいかと許可を求めてきました。
それに呼応するかのごとく女は身を乗り出して、私に抱きつくようにキスをしてきました。
そのまま女も服を脱ぎ、私も服を脱がされました。
自宅のリビングで、熟女2人が私の股間にむしゃぶりついてきます。
もちろん初めての経験でした。
挿入行為を見せ付けあったり、レズが始まったり、あっという間に一夜が過ぎていきました。