俺が高1で姉が高3の頃。
俺が当時流行っていた美里真理のビデオを友達から借りて、居間でオナニーをしていた。
居間にしかビデオがなかったから。

「あっ!」

そこに学校から帰宅した姉が足音も立てずに入ってきた。

「てめっ!何入ってきてるんだよ!」

俺はテンパって逆切れしてしまった。
姉も気が強い娘だったので・・・。

「何よ!居間なんかでやってるあんたが悪いんでしょ!」

「うるせーよ、居間でして何が悪い!」

「だったら、入ってきて文句言うことないでしょうが!」

「うるせーよ、言い訳すんなよ、出て行けよ!」

「あんたが出て行きなさいよ、バカじゃないの!自分の部屋でしなさい!汚いわね!」

「ここしかビデオがねーんだよ。文句言うなよ!」

「ばーか!」

姉は音を立てて襖を閉めて、自分の部屋に帰っていった。
俺は見られたことが腹立たしくてたまらなかった。
美里真理のビデオを止めて立ち上がると姉の部屋に向かった。

「おい、真紀!」

姉も俺を睨んできた。

「何よ、勝手に入って来ないでよ!あんた手洗ったの?」

「おい、真紀、手伝えよ」

「は?何を」

きょとんとする姉の手を俺は掴んだ。

「ちょっと、何よ!」

姉は手を振りほどこうとする。

「静かにしろよ!」

俺は姉をビンタした。

「何よ!痛いわね!」

「抵抗するな!」

俺はまだ制服を着ていた姉を布団に押し倒した。
まだ抵抗する素振りを見せたが、もうそこからは力づくだった。
制服の上から胸を揉む。
俺の鼻息は荒かった。
姉が抵抗しようとしたらするほど燃えた。
セーラー服のブラウスを捲り上げる。

「ちょっと!何するのよ、変態!」

姉は俺を押しのけようとするが、かまわず俺はブラジャーを剥き出しにした。
ピンクで結構細かい飾りがついている派手な下着だった。

「おい、なんだよ、この下着は?男を誘ってるのか?」

「そんなわけないでしょ!」

俺はブラをさらに押し上げる。
乳首が剥き出しになった。
そのとき姉の顔色が変わる。
乳首に口をつけたとき、姉の抵抗は止んだ。
乳首をさんざん味わった後、俺は姉のプリーツスカートに手を這わせる。
太ももを撫で上げ、スカートを捲る。
パンツもお揃いのピンクだった。

「真紀、お前初めてか?」

姉は黙っていた。

「初めてかって聞いてるんだろ!?」

「は、初めてよ・・・」

姉は顔を赤くしていった。

「おいおい、高3のくせに処女かよ」

俺は姉のパンツをずり下げた。
姉はアソコを手で隠そうとしたが・・・。

「おい、まだわかんねーのか?」

俺は手を払いのける。
姉には陰毛がなかった。

「おいおい、いい歳して生えてねーのか?」

「水着を着るから剃ったのよ・・・」

俺は姉にクンニした。

「ひっ!」

変な悲鳴をあげる。
氷でも押し付けられたような悲鳴だ。
俺は念入りにクンニしてやった。
処女なら濡らさなきゃ入らない。
舐めて十分にベトベトにすると、俺は自分のズボンを下ろした。

「な、何するのよ!?」

「あ?高3にもなって何するのかわからないのか?これを入れるに決ってるだろ」

「無理よ、そんなの入る分けない!」

「できないじゃない!やるんだよ!」

「赤ちゃんができたらどうするのよ!?」

「あん?なんか薬飲めば大丈夫だろうが!」

俺は姉の股の間に入った。
姉は両手で俺を押しのけようとしたがビンタして大人しくさせる。

「力を抜け。抵抗するともっと痛いぞ」

俺は姉のアソコに押し当てて一気に突っ込んだ。
濡らしただけあって結構スムーズに入った。

「いやーーーっ!」

「おいおい、簡単に入ったじゃねーか。本当はやりまくってんだろ?」

俺はニヤニヤ笑って腰を振り始めた。

「やめて!動かさないで!」

姉はついに泣き出した。
俺はかまわずに腰を振り始めた。

「あ、あ、あ・・・」

姉は嗚咽し始めた。

「次は後ろからだ。犯してやる」

俺は命令すると、姉は観念したのかケツをこちらに向けてきた。
俺は後ろから貫く。
バックのほうが犯している感じが出て俺は興奮した。
姉を完全に征服している。
姉は布団に顔をうずめて毛布を握り締めている。
イキそうになったとき、俺はチンポを抜いて姉を仰向けにした。
そして胸に射精した。

俺はぐったりした姉の胸とケツを撫で回した。
姉は大粒の涙をこぼしていた。

「誰にも言うなよ」

俺はそう言って立ち上がった。
その後も俺は気分転換と称して何度も姉を犯した。