私がまだ幼かった頃、男子が女子にエッチなイタズラをするのが流行り始めた。
スカートを捲ったり、触ったり、着替えを覗いたりするしてくる男子を私は軽蔑していた。
そんな時でも弟の存在は特別だった。
同級生や近所の人からも「可愛い」と言われる弟は、私の自慢。
手を繋いで通学したり、友達と一緒に遊んだりしていた。
一緒にお風呂に入ると、お互いに身体を洗ったり、夜も同じ布団で寝たりしていた。

そんな私が初潮を迎えると、親は私たちを別々の部屋に寝かせた。
学校の性教育で男と女の話を聞かされ、それを不潔なことだと思ったものの、弟は家族だし、他人とは違うと思い始めていた。
友達が彼氏を作り始めるようになっても、私は他人の男に嫌悪感を抱いていた。
しかし発育して行く身体は私に性欲を芽生えさせ、オナニーを覚えた。
他人の異性を拒む気持ちが拭えない私は、弟と愛し合うことを夢見るようになった。

両親が不在の時に、私は弟をお風呂に誘った。
弟は脱衣所で服を着たまま、私が脱ぎ捨てたブラジャーを見ていた。

「エッチ!」

私が冷やかすと、「どっちがエッチだよ!」と言って、服を脱ぎ捨てると、全裸で浴室に入って来た。

「ねぇ、お姉ちゃんの背中を流して」

甘えると、弟は丁寧に私の背中を洗い始めた。
私は平静を装っていたが、裸の弟を見るのも久しぶりでドキドキしていた。
私は身体の向きを変えると、弟と向き合った。
弟は膨らんだ私のオッパイを見つめていた。

「今度は私が洗ってあげる」

弟を後ろ向きに座らせると、泡立てたスポンジで背中を洗い始めた。
しばらく見ないうちに大きくなった背中に頼もしさを感じた。

「好きな子はいるの?」

何気なく尋ねると、弟は返事をはぐらかした。

「キスしたことはあるの?」

質問には黙ったままだった。
気まずい沈黙の中、肩越しに弟の股間を覗き込むと、膨張したアレが形を変えて、大人のオチンチンみたいになっていた。
好奇心と微かな恐怖心にドキドキした。

手早く身体を流して浴槽に入ると、弟にも一緒に入るように誘った。
浴槽を跨ぐ瞬間、目の前に成長した弟のオチンチンが見えた。
以前とは違って窮屈になった浴槽で、身体を密着したまま温まった。
先に弟が出ていく時に、弟の手が乳房に触れ、「あん」と私は思わず声をあげた。
自分でも驚いたが、弟の方が驚いていて、「ごめん」と言い残して、逃げるように浴室を出て、脱衣所の扉を閉めた。

情熱的なファーストキスを交わしてからは、私と弟の関係は、どこか緊張感が生まれた。
たかがキスとは思いながらも、心のどこかに背徳感や罪悪感があって、他愛もない日常も相手を意識するようになった。
弟が高校受験を控え、志望校に入るのが難しくなると家族の雰囲気も悪くなり、両親と子供達の関係にも深い溝が生まれていた。
ヒステリックに騒ぐ母と、無理解な父と衝突していた弟を、私は庇い続けていた。

両親が外出していた時、母に代わって洗濯をしようとしたら、中から異臭がしていることに気づいた。
何かと思って洗濯物を探してみると、弟のパンツが原因だった。

(病気かも?)

そんな私の不安と対照的に元気そうな様子の弟。
聞いて良いか迷ったが心配だったので、「体調は大丈夫?」と尋ねてしまった。

「あの、パンツのことなんだけど」

そう言いかけた時、少しはにかむ表情を見せた弟は、私を部屋に呼んだ。
ベッドに腰掛けると弟は私を隣に座らせて・・・。

「昨夜、お姉ちゃんとエッチしている夢を見たんだ」

そう告白してきた。
ドキドキした。
夢の話を始める弟の言葉を私は黙って聞いた。
夢の中で、私は実姉ではなく異母姉弟で、出生の秘密を知った2人が、家を出て駆け落ちするという話だった。
逃亡しながら、姉弟である呪縛を解かれた男と女の話は、エスカレートしていった。

(もうやめて、これ以上聞いたら)

そう思っていたら弟は私の手を掴むように握り、「見ていて」と言うと片方の手でパンツを下げて、自分のオチンチンを握って見せた。
私は怖くなって逃げようとすると、弟は私の手を強く握り、「見ていて」と念を押した。
ベッドを軋ませながら激しくアソコを擦る弟。

「あぁ、はぁ、お姉ちゃん、お姉ちゃん、大好きだよ、大好き」

そんな言葉を繰り返しながら私を見つめていた。
いつしか恐怖心も消えた私は、激しく悶える弟の手を握り返し、片方の手で子供をあやすように撫でていた。

「イク、イクよ!」

そう叫んだ直後、弟のオチンチンから勢いよく液体が噴き出して、私の部屋着にまで飛び散った。
その後も勢いを失いながらも白い液体がドクドクと噴き出し続け、弟のオチンチンは小さくなった。

(あの匂いだ・・・)

弟の手を握って呆然としている私はぼんやりと思った。

「お姉ちゃん、どうだった?」

初めて見る男の子のオナニーにどう答えて良いのかも分からず、私は黙って飛び散った精液をティッシュで拭き取っていた。

親子で対立していた受験が終わり、弟の進路も決まって、家族の雰囲気も良くなった。
合格に浮かれる両親。
でも私の中では、弟の卒業を意識していた。
弟も大人になるって意識がどんどん膨らむ。
子供だった弟も他の女と付き合うって考えたら、私の気持ちは冷静ではいられなかった。

春休み、両親がいない時に、私はシャワーを浴びて、バイトで買った下着姿で弟を部屋に呼びました。
弟は私を見て、凄くビックリしていました。

「どうかな?」

感想を尋ねると、「キレイだよ」と言ってくれました。
その言葉が凄く嬉しかった。

「合格、卒業、おめでとう」

そう言うと、私は弟を抱き締めながら唇にキスをしました。
弟は戸惑っていたみたいだけど、私を受け入れて抱き締めてきました。
弟をベッドに座らせるとズボンとパンツを脱がせ、成長したオチンチンを露わにしました。
手で撫でて行くと形を変えて膨らんできて、以前浴室で見たような感じになりました。
一瞬、躊躇いましたが、意を決して口づけすると、唇に熱が伝わり興奮してきました。

「お姉ちゃん、汚いよ?」

「大丈夫」

私は一気に口の中にオチンチンを咥えました。
ちょっとオシッコ臭くて、夢中でしゃぶっていたら苦しくなってきて、すぐに抜いてしまいました。
ゲホゲホとむせ返ると、弟は裸になり、私を抱き締めて、「ありがとう、気持ち良かったよ」と言ってくれました。
幸福感に満たされた私は、着ていた下着を脱いで弟の前で全裸になりました。
そして弟の手を掴むとオッパイに誘導しました。

「柔らかい・・・」

感触を楽しむように揉み始めると、オッパイが疼き始め、敏感になった乳首を弟が舐めた瞬間・・・。

「あぁん」

無意識に声が漏れてしまいました。
乳房を愛撫する弟を抱きながらゆっくりベッドに横になると、弟は私の上に覆い被さりました。
再び唇を重ねると、覆い被さる弟の熱くなったオチンチンが身体に触れます。

(いよいよ2人で初体験)

そんな思いが高まると、期待とは裏腹に不安や恐怖心が湧いてきました。

(覚悟してたのに)

「ねぇ、またオチンチン舐めていい?」

私は身体の向きを変えて弟のオチンチンを舐め始めました。
今度はむせないように、先端部分を口に含み、熱くて硬くなったオチンチンを味わいました。
すると弟は、私のアソコの唇にキスをしたり、舌で舐めてきました。
荒い息とザラザラした舌で刺激されたアソコが疼いてきて、身体も火照ってきました。
弟は愛撫で力の抜けた私の脚を抱えあげると、オチンチンでアソコを擦り始めました。
何度も何度も入りそうになりながら素通りされてるせいで、私のエッチなオマンコも涎を垂らしていて、お尻まで濡れてます。

いよいよ挿入された瞬間は、意外なほどすんなり入り、深く侵入してくるオチンチンが2人を繋げます。
弟と繋がる喜びと恍惚とした悦びで全身が幸福感に包まれ、腕と脚で弟を抱き締めながら、私は舌を弟の口に挿入しました。
息が苦しくなって唇を離すたび・・・。

「気持ち良い?」

「うん、気持ち良い」

興奮しながら2人で声を掛け合い続けました。
高まる気分が絶頂に達した頃・・・。

「出そう、お姉ちゃん、出ちゃうよ」

弟の言葉に私は無意識に反応し、腰を引いてオチンチンが抜けた瞬間、アソコに熱いお湯がかけられたような感触と、脱力して覆い被さる弟の身体の熱を感じ、繋がりが解けた後も弟に抱かれる幸福感に包まれました。
しばらく息が整うまで時間が過ぎると、「大丈夫だったかな?」と弟は私が妊娠することを心配してくれました。

「たぶん、大丈夫。少し中に入っても、胎盤までは届いていないよ」

私がそう言うと安心したような表情を見せていました。
そんな弟が愛しくて、いつまでも一緒にいたい気持ちになり、終わった後も、キスをしたり会話を続けました。

「そろそろシャワーを浴びない?」

弟に促されるまで甘えん坊になっていた私は我に返り、着替えを持って2人で浴室に向かいました。

お互いの初体験を終えてからは、親の目を盗んで自宅や学校帰りに待ち合わせて、デートをしたり愛し合っていました。
休日には外で待ち合わせをして、ラブホでセックスしたり、屋外でもするなど、徐々にエスカレートするようになりました。
親や世間の知らないことをしているスリルに気持ちも昂っていたと思います。

私が就活で弟の大学受験が始まった頃、ストレスからか生理が遅れた時、私も弟も動揺しました。

(妊娠したかも知れない)

もちろんゴムで避妊はしていたし、ない時も中では出さないように気を付けていたのに・・・。
突然の事態にパニックになりました。
結局は1ヶ月遅れで来ましたが、その後も生理不順もあったりして、その度に弟との関係もギクシャクしました。

そんなある時、友人にSMサークルの見学に誘われ、一緒に行くことになりました。
そこでは大人の人達が様々なスタイルでセックスを楽しんでいて、恋人同士、夫婦、愛人関係等々メンバーも多様でした。

友人はMだったので、プレイに飛び入り参加を希望し、私は初めて他人がセックスしている場所に立ち合うことになりました。
服を着たまま磔にされた友人は、複数の男性から触られながら尋問されていました。
名前や学校のことから始まり、私も知らなかったような話まで、彼女は初対面の相手に白状していきました。
服を剥ぎ取られるたびに羞恥に悲鳴をあげて、涙ながらに秘密を告白している彼女に、私も強い関心を抱くようになりました。

その場にいた人に、「お友達も近くで見てあげなさい」と誘われると、髪も服も変わり果てた友人に近づきました。

「何か聞きたいことはない?」と質問された私は友人に、「どうしてアソコの毛がないの?」と尋ねました。

彼女が私の問いに黙っていると、1人の男性が彼女のアソコに淫らな形をしたバイブを突き挿して、「お友達の質問に答えなさい」と言いました。

(この人が彼氏?)

友人が以前話していた不倫相手のことが思い浮かびました。
友人は彼氏の問いにも答えず、バイブを楽しむように腰を振って喘いでいました。

「イク、イク」

彼女がイキそうになった瞬間、彼氏はバイブのスイッチを止めて抜いてしまいました。
しはらく沈黙した後、彼女は彼氏に続けて欲しいと懇願します。
すると彼氏は彼女を放置して、私に説明を始めました。
交際して数ヶ月で彼女の希望で彼氏が剃ったということでした。
お互いにセフレという関係で、こうしたプレイをしているそうです。

彼氏が私に説明をしている間も、彼女は他の男達から凌辱され続けていました。
彼氏の名前を呼び、助けを求めていましたが、彼氏は無視するように私に顔を近づけて、笑顔で話しかけてきました。
私は泣き叫ぶ友人が気になって彼氏の話など頭に入りません。

しばらくすると、彼女が後ろ向きにされて、こちらにお尻を向けていました。
ローションまみれで光沢のある白いお尻の割れ目からアソコや肛門までが見えました。
股間から滴り落ちる液体。
ローションなのか男達に注がれた体液なのか定かではなかったけど、時おり痙攣するように動く彼女のアソコから、何かが滴っているように見えます。
彼氏は私の見ている前でアレを取り出して、ワックスらしき物を塗り始めました。

「随分と楽しんでいたじゃないか」

後ろ向きになっている彼女に近づく彼氏は、辱しめるような言葉で責めました。
彼氏の平手が彼女のお尻を打っていました。
喘ぎ声に混じる悲鳴が色気を漂わせています。
普段の彼女からは想像もできないような恥態に、私は大人の色気を感じました。

「口を開けて、力を抜け」

そう言うと彼氏は自分の肉棒を彼女の肛門に宛てがうと、静かに挿入して行きました。
濁音ばかりの喘ぎ声は、まるで獣の鳴き声のようです。
しかし後ろから見ていた私は、彼氏の股間にぶら下がっている物体が、振り子のように動いている様子に目が行きました。
彼女の揺らしている乳房と同じ動きをする振り子が機械仕掛けのようにも見えます。
阿鼻叫喚の中で2人は絶頂に達すると、彼女も磔台から解かれて別室へ移動して行きました。

しばらく待っていたら、バスローブ姿の彼女が戻ってきました。
首や手首、足首には赤く拘束の痕が残っていて、プレイの凄まじさを感じました。

「凄かったね」

私がそう言うと、彼女は恥ずかしそうに微笑んで頷きました。
私を誘ったのは、親友を呼ぶように彼氏から命令されていたからだと言い、友人は凄く興奮できたと言っていました。

その後、サークルの人達の打ち上げでも彼女から、「ご主人様」と呼んでいる彼氏の話を聞きました。
セフレではあるものの、彼を愛してるという気持ちには共感を覚えました。
彼氏の精液を直腸に流し込まれた彼女の言葉は、とても健気でした。

弟のことを彼氏に置き換えて友人に話すと、彼女はアナルセックスを勧めてきました。
プレイで使用したワックスの残りを貰い、使い方や方法を細かく説明してもらいます。
友人のアドバイスに従って、チューブタイプのバターも購入。

家族が眠った深夜、浴室に持ち込みました。
弟にも内緒で私は自分で肛門拡張を試みたんです。
バターを肛門に塗り込みながら、徐々に深く指を挿入していきました。
指先を強く締め付けていた肛門を抜けて腸に達すると、筋肉を解すように指を動かしました。
指が疲れてくると抜いたり、便意が来ると裸のままトイレに駆け込みました。
友人は「慣れると気持ちいい」と言っていましたが、違和感しか覚えませんでした。

ある日、学校で友人がトイレに誘ってきました。
2人きりになると個室に入り、彼女はスカートを捲りました。
彼女がパンツを下げるとナプキンに大量の愛液が分泌されていて、彼女のお尻には異物が挿入されていました。
彼氏の命令で排泄を管理されている友人は、私に動画を撮影して欲しいと懇願してきたんです。
狭い個室では上手く撮影できないので、私は個室を出て、扉を開けたまま彼女の様子を撮影しました。
彼女が異物を抜くと、すぐに大きな音を立てて大量の便が出てきました。

カメラに向かって、「恥ずかしい、恥ずかしい」と連呼する友人の排泄物が、トイレに悪臭を充満させていきます。

「もういい?」

我慢していたものの気分が悪くなった私は友人にスマホを返して、急いでトイレを出ました。
しばらくしてから彼女の啜り泣く声が聞こえてきたので仕方なく戻ると、「ゴメンなさい、ゴメンなさい」と私に謝る彼女。
私が撮影した動画を彼氏に送り、返信を待っていました。

その後も、両親の目を盗んでの弟との関係は日常的に繰り返されましたが、ゴムを最初から装着する習慣もお互いに備わっていました。
私は順調な姉弟相姦に満足していたので、友人からの誘いも断り続けていました。

大学受験が始まると弟は予備校に通い始め、忙しさもあってなかなか予定を合わせることも難しくなってきました。
すれ違いの日々の中、私は淋しい自分を慰めるように1人、お尻の穴を使うオナニーに明け暮れました。
指でマッサージした後に肛門を塞いだり、拡張する栓を捻込んでみたり。
最初はなかなか入れることが出来なかったプラグも、要領を得ると簡単に入れられるようになりました。
でもブラグを抜く瞬間は失禁する不安もあって、必ずトイレで抜いていました。
抜くたびにトイレに充満する臭気にむせましたが、ガスの抜けたお腹は楽になり、言い様の無い快感を覚えました。
拡張することでお尻の締まりが悪くなるかもと心配していましたが、そんな事もなかったようで安心しました。
多少便秘気味になって、市販の薬でお通じを促すと以前よりスムーズに効いて、お腹がスッキリです。

弟との初アナルセックス記念日にしようと思っていた私の誕生日は、弟の都合でエッチが出来なくなり、肩透かしされたような気分になりました。
その数日後、次の日に両親が外出すると知った私は弟の予定を確かめ、風呂場でプラグを挿入して、就寝までの数時間を我慢しました。
弟は、夕食を食べなかった私を心配していたが、私の気持ちは次の日のことでいっぱいになっていました。

お尻のバージンを弟に捧げる当日、両親と朝食を摂っていると母が私の変化に気づいて、「何かあった?」と訊ねてきました。

「何もないよ」と答えたものの、勘の鋭い母は油断出来ません。

私もこの日が来るまで随分と準備をしてきました。
高価なサプリで体臭を消したりも。

外出する両親を見送ると、家中の鍵を閉めて準備を始めました。
弟は受験勉強で昼近くまで寝ていたので、まとめておいた道具を持って静かに浴室に向かいます。
ヨガマットを敷いた上に通販で買った浣腸器やワックスを用意し、お湯に香料を溶かしました。
お通じは普通に出ていたので、腸を洗浄する為の準備に。
浣腸器で吸い上げたお湯を肛門から注ぎ込むと、甘い香りが身体中に浸透していきました。
最初は辛いと聞いていた浣腸も意外と上手く出来て、何度か繰り返すうちに透明な液体しか出なくなりました。
1時間を超える作業でしたが、禊にも似た行為が、逸る気持ちを落ち着かせてくれました。

最後に全身をシャワーで清めると、私は下着を着けずに部屋着姿で弟を起こしに行きました。
まだ寝ていた弟の唇にキスをすると、弟は気だるそうに目を覚まし、舌を絡めてきます。

「今日は、いつもと違う匂いがするね」

普段は鈍感な弟が私の変化に気付いたことがすごく嬉しかった。

「もう出掛けた?」と両親のことを聞いてきたので、「出掛けたよ」と言うと、服を着たままの私を布団の中に引きずり込み、抱き締めながらキスをしてきました。
まるで恋人同士のように絡み合っていたら、弟のオチンチンは朝から元気に。
まあ、いつものことだけどw

一通り姉弟の抱擁が終わると、弟を洗面所に連れて行き、私は脱衣所で裸に。
歯磨きの匂いをさせた弟とキスをしながら私は弟を脱がせていきました。
浴室に敷いたマットの上に弟を寝かせると、ソープを互いの身体に塗り込み、抱き合いながら身体を洗います。
20歳になって最初のエッチに私も興奮していました。
泡だらけのまま性器同士を擦りあったり、アソコに挿入しては抜いたりと、遊ぶように楽しんでいました。

「そろそろゴム付けるよ」

弟が言うと、私は勃起した肉棒を握り、自分の肛門に導きました。
弟は戸惑いながらも私のリードに身を任せていた。
先端が入り口を開いて深く進入していきます。
完全に肉棒に塞がれた腸は、異物の進入に驚いたようにグルグルと音を立てて動いていました。

「熱いよ、お姉ちゃん」

そう言いながらも肉棒を動かしてくる弟に、「あまり動かすとキレちゃうから、ゆっくりしてね」と。
アソコでするエッチとは、まるで別物のアナルセックス。
妊娠する心配もなく、私の身体は新たな快感に目覚めようとしていました。
疼いていたアソコからは大量の愛液が滴り、いやらしい音を立てます。
可愛く悶えたい気持ちとは裏腹に獣のような喘ぎ声が洩れてしまう。
腸の中に何度も注がれて行く精液。
初めてアクメに達した私は意識を失いました。

「お姉ちゃん、お姉ちゃん!」

私を呼ぶ弟の声を心地良く感じながら、私は意識を戻しました。
完全に気絶していたみたいです。
意識を失っていた時の私はまるで何かに憑依されたかのようだったと、弟は言いました。