数年前に中学の同級生とやった話。

その日、私は自分の部屋で男友達の裕樹と飲んでいた。
裕樹は中学の同級生で、たまに一緒に飲む。
1回くらいしてみたいと思っていたが、今まで特に機会がなかった。
多少酒も入ってムラムラしてきた私は裕樹を誘った。

「そういや裕樹ってさ、最近してる?」

「うーん、あんまりかなあ、相手いなくてさ」

「あれ、彼女いなかったっけ?」

「1ヶ月前に別れたんだよ」

「あーそっか、じゃ溜まっちゃってるね」

「まーねー(笑)」

あたしは下ネタで畳みかけた。

「裕樹って、どんな体位が好きなの?」

「どれも好きだよー。でもイクときはバックかな」

「そうなんだ!あたしもバック好きだよ」

「結構する?」

「うんうん、後ろから突かれながら胸を揉まれたい(笑)」

「バックでもイケるの?」

「うーん、イクのは騎乗位がやりやすいかなー」

「そっか。普段、何回くらいイカせて欲しい?」

「1回でも気持ち良ければいいけど、3、4回が多いよ」

「すげえなw」

話しながらふと見ると裕樹のズボンの前が膨らんでいる。

(よし!)

「てか裕樹のアレ、でかくね?!」

「え?ほぇ?!」

「その膨らみ方、すごいじゃん!」

あたしは裕樹のズボンの前を開き、ボクサーパンツの上から茎をしごいた。

「エリちゃん、何するんだよ!」

「気持ち良くない?」

「すっごい気持ちいけど・・・」

「ねえ、あたし欲しくなっちゃった・・・溜まってるんでしょ?あたしとしてよ」

「いいの?」

「・・・裕樹、あたしが欲しいでしょ?」

あたしはブラウスとジーンズを脱ぎ捨てた。
今日は紺のレースのブラとTバックだ。
裕樹も服を脱ぐ。
彼の男根が露わになる。
真っ赤に反っていて気持ち良さそうだ。
あたしは彼の欲望を手と口で攻めた。
手の中で男根がどんどん怒張する。

「エリ、気持ちいい!すごい!!」

「どんどんおっきくなるね。すっごい」

「エリが上手いからだよ」

「裕樹のでっかいちんちん、気持ち良さそう・・・」

「ねえ、我慢できない。入れたい」

「わかった。ピル飲んでるから生で来ていいよ」

あたしは全裸になった。
机に手をついて尻を突き出すと彼はバックで始めた。
彼の肉棒はちょうど良い大きさで、あたしのポイントをどんどん攻める。

「あっ、あっ、裕樹、もっと突いて、狂って野獣みたいについて!!」

「エリ、気持ちいいよ、すっごい締まってる」

「ちんちんでもっとして・・・あたしを楽しんで!」

「こう?ここがいいの?おまんこ気持ちいいんでしょ?」

「あっあっあっあっ、そこすごくいい!」

バックを楽しんだ後、私は1回離れると裕樹をベッドに押し倒して跨がった。
裕樹のちんちんを掴むと自分のアソコに挿入して腰を振る。
彼の亀頭をポイントに押し当てると、あたしは気持ち良さに身をよじらせた。

「エリ、騎乗位好きなの?」

「うん・・・一番イキやすいし、あなたを支配したいの」

「俺のチンコはどう?」

「すっごいでかいわ・・・あっあぁぁ!!ちんちん!」

「もっと『ちんちん』って言って!」

「ちんちん!裕樹のでっかいちんちん!まだ我慢できる?」

「うん、まだ我慢できるよ。もっと腰振って!!」

「あぁ、あぁ、じゃあたしイクからね!もっとおっきくして!」

腰を振るたびに快感がどんどん増す。
ちんちんがすごく気持ちいい。
あたしは飢えた獣のようにオーガズムを欲した。

「あっ、あぁぁっ、裕樹!!」

「エリ、どうしたの、気持ちいいの?イクの?」

「うん、イク!すごい!あぁーっ、あああっ!もっとして!」

「こう、ここなんでしょ!」

「あぁぁ、ああ、裕樹、イク、イクイクイク・・・あぁぁーあああっっ!!!」

私は絶叫しながら達した。
超気持ち良かった。
裕樹はさらにあたしを2回昇天させた後、バックで果ててあたしの尻にかけた。
忘れがたい1回だった。