何年か前、俺(A)と嫁、友人のB夫妻の4人で温泉に行ったときの話。

男2人は当時30歳過ぎ、女2人は30歳手前だった。
旦那同士、嫁同士がそれぞれ中学・高校時代からの友達。
どっちも似たような時期に結婚して子供もいなかったんで、よくつるんで遊びに行ったものだった。
4人で旅行に行ったのはこれが初めてだったけど。
近場の温泉宿だったが、シーズンオフのせいか客はほとんどいなくて、泊まりは俺たちのグループだけだったと記憶してる。

到着して付近を簡単に観光してから温泉へGO。
4人で混浴に繰り出したわけだが、まあ親しき仲にもってやつで一応タオルは装着した。
女2人も相手の旦那と入浴したのはもちろん初めてだったが、軍艦巻きだったせいか結構平然としていた。

風呂を出ると夕飯を食いながら宴会に突入。
ここで雲行きが変になった。
ちなみに俺はほとんど酒が飲めない。
学生時代、飲兵衛のBとか大学の先輩とかに「鍛えてやる」とムチャクチャ飲まされたが、肝臓のアルコール分解酵素が決定的に足りないらしく、倒れて白目を剥くだけ。
終いにはBも、「筋金入りの下戸だな」とサジを投げた。
そういうBも見境なく飲んではぐでんぐでんになるけど。
女2人はかなりイケる口で、特に俺の嫁は半端ない飲みっぷり。
といっても俺嫁はBと同様にヘベレケになってくだを巻くタイプで、アルコール耐性だけならB嫁が一番かもしれない。
てなわけで、4人で飲みに出ると俺だけウーロン茶をすすることになる。
まあ飲む飲まないで気を使う間柄じゃないし、俺だって酒抜きで場を盛り下げない立ち回りは心得てる。
飲み屋までの行き帰りで運転手を務めたり、酔い潰れた奴を介抱したり、連中は連中で俺を結構あてにしてたらしい。

で、その日の宴会もかなりのハイペースで酒瓶が空いた。
Bは、「A子(俺嫁)たん、もっと飲めらぁ」なんて、早くも呂律が変だし。
B嫁も顔色は変わらないが、やたら陽気になって俺の肩にチョップを連発。
俺嫁なんて、帰りを気にしなくていいからギアが入ったのか、お銚子を空にするたびに目が虚ろになってきた。
そうこうするうち、完全に酔いが回ったBが猥談モードに突入。

「ねえねえA子た~ん、週にどれくらいセックスしてるのぉ~?」

もともとこういう奴なんだが、俺の前で聞くか?

「ん~とね、週4、5回かなぁ」

馬鹿正直に答える馬鹿嫁もすでに泥酔モードだ。

「お、おい・・・そういうことは」

焦る俺を無視して嫁が続ける。

「いっつも2回戦してくれるしぃ~、たまには3回戦も・・・」

「いい加減にせいっ!」

慌てて嫁の口を押さえたが、時すでに遅しだ。

俺嫁は決して美人じゃない・・・というか、はっきり言えばブスだ。
ハリセンボンの細い方に似てるし体も貧相。
165cmくらいあるが猫背で、スリムってよか骨川筋子だな。
結婚した時も、処女じゃなかったと思うが、男性経験がほとんどなかった。
それが結婚後、俺に開発されて性欲の塊に変身したんだよな。
まあ嫁の求めに応じちまう俺も俺だけど。

今さらBにシモの事情を聞かれて照れる必要もないんだが、そんな嫁を連日襲ってると知られるのは正直恥ずかしい。
『どんだけアニマルなんだよ』って思われそうで。
言い訳すると、俺嫁、外見上の性的魅力は皆無だが、俺が仕込んだから性技はかなりのもの。
床上手ってやつ。
性格も良いと思う。
酒が入ると正体を失うけど。
それはともかく、俺嫁の暴露話になぜかB嫁が乗ってきた。

「ええ~ぇ?すご~い」

身を乗り出すB嫁に、いい気になった俺嫁が得意げに続ける。

「ん~とね、平日は1日おきでぇ~、週末は連発だからぁ~」

再び嫁を押さえる俺。
するとB嫁の矛先がB夫に向かった。

「うちが最後にしたのはいつだっけ?」

「え、ええっと・・・」

しどろもどろの酔っ払いB。

「2ヶ月前?もっと前だったかしら~?」

笑顔ではあるが、B嫁の言葉は明らかな悪意を含んでいる。
キツいな~。
Bには悪いが、嫁の暴露話から話題が逸れて俺は少しホッとしてた。
いきなり標的にされたBはバツが悪そうに酒を胃袋に流し込んでいたが、やにわに「さすがだよな~A(俺)、若いころからモテたもんな~」と俺の女遍歴をあげつらいだした。
ヤバいと思って話題を変えるつもりらしい。
汚え奴だ。
まあ、今さら昔の暴露話をされてもどうってことはない。
だが、中2で隣の奥さんに誘われて筆下ろししたなんてことを嫁にバラされたら、やっぱり気分は良くないしな。

いい気になったBは、学生時代にバイト先の奥さんをセフレにしてたとか、機内でスチュワーデスをナンパして即日ハメたとか、俺の“戦歴”を言いまくる。
まあ、どれもこれも事実だが。

「お前こそ、ず~っと素人童貞だったくせに、親の金でソープ通いしてたよな」

よっぽどそう言ってやりたかったが我慢した。
一応、こっちは素面だったし。
しかしBは止まらず、高校時代に俺が養護教諭と保健室でハメた話を始めた。
さすがに洒落にならんから、そろそろ怒鳴りつけようかと思ったら、俺嫁が先に反撃し始めた。

「何よぉ~、そんなこと言うならB子(B嫁)だってねぇ~」

泥酔して理性は吹っ飛んでるらしく、今度はB嫁の男遍歴を喋りだした。
ちなみにB嫁、初体験は高1で相手は部活の先輩だったそうな。
高校時代の経験人数は3人とか、その辺までは俺も興味深く聞いてたんだが、そのうち洒落にならない水域に入ってきた。

「学生のときはね~、◯◯教授の愛人やって、お小遣いをもらってんだよ~」

「う、うるさいわ!暴露できる過去もロクにないあんたに偉そうに言われたかないわよ!」

真っ赤になるB嫁。
あ~あ、もうグチャグチャ。
これだから酔っ払いは嫌いだ。
不幸中の幸いは、2人とも子供の喧嘩の乗りで、険悪な雰囲気にならなかったことか。

それにしてもB嫁が愛人をしてたとは意外だった。
確かに俺嫁とは真逆で、美人というか男好きするタイプだ。
安田美紗子に似てて、スタイルも悪くない。
独身時代モテても全然不思議じゃないんだが、性格は真面目な方だと思ってたから意外だった。

とはいえ、これ以上泥沼の暴露合戦を続けさせるわけにもいかない。
どうせ翌朝には誰も覚えてないだろうが、せっかくの宴会だしな。
仕方なく俺が酒を注いで回ったら、3人とも笑って飲み出した。
という間に、まずB、さらに俺嫁がダウン。
3人とも、酔っ払いにすりゃ扱いやすい部類だと思う。
Bと俺嫁が酩酊状態に陥ったところで宴会も自然とお開きに。
3人で何リットル飲んだのか想像もできないが、潰れた奴らを介抱するのは俺だ。
宿に頼んで、布団は前もって敷いてもらっていた。
襖を隔てたB夫妻の寝間にB、もう一方の寝間に俺嫁を引きずっていって寝かせる。
経験上、2人ともまず朝まで起きることはない。
B嫁はまだ意識があったが、かなり酔ってるみたいだ。

「Aさ~ん、世話かけちゃってごめんねぇ~」

そう言いながらも辛そうだ。

「B子ちゃんも寝ちゃいな。俺はもう1回、風呂に行ってくるわ」

2人を寝かせてからB嫁に声を掛け、俺は風呂場へ向かった。
重いBを運んだから汗をかいたし、下戸にとって温泉の楽しみは風呂だけだもんな。

もう真夜中を回っていたと思う。
薄暗い浴場には誰もいなかった。
湯船に浸かって数分、脱衣所でゴソゴソ音がしたと思ったら、扉が開いて入ってきたのはB嫁。
慌てて湯の中でタオルを装着した。

「アタシも汗かいちゃった~」

そう言うなりB嫁、さっさと掛け湯をして湯船に入ってきたじゃねえか。
B嫁は一応軍艦巻きだったが、アルコールが入ってたせいかタオルはルーズ。
酔いで焦点がぼやけ気味の表情にドギマギした。
正直、宴会前の入浴でもタオルに包まれたB嫁の肢体が気になったんだが、俺嫁もBもいたし、じっくり観察できなかったんだよな。

「さっきはA子が無茶苦茶言っちゃってごめんな」

向かい合って湯船に浸かりながら、とりあえず謝罪。
立場上あまりスケベな態度は取れないが、まあ相手は酔っ払いだ。

「いいのよ~、別に初めてじゃないし」

B嫁によれば俺嫁は前にも暴走したことがあったらしい。
前に嫁同士で飲んだとき、酔ったB嫁が夫婦生活のことを愚痴ったそうだ。
Bは短小包茎の割にフニャチンで早漏。
テクも全然ダメで、B嫁は夫婦のセックスではイッたことがないと言う。
かといって回数をこなす意欲もなく、結婚3年目からは盆と正月状態とか。

(・・・ったく、こんな美人の嫁を放ったらかしにするとは、Bも大馬鹿だな)

そんなこんなで愚痴るB嫁に俺嫁も最初は普通に慰めてたそうだ。
が、酒が回ると次第に旦那(つまり俺)自慢に突入したらしい。

「Aってさ、勃起したら20cm級でギンギンに硬いのよ~。体力も持続力もすごくて、抜かずに3発も4発も。テクも最高。アタシが失神するまで何回でもイカせてくれるしぃ~」

・・・正直、かなり大袈裟だ。
勃起しても18cmぐらいだし、さすがにこの年になって抜かずの4発はキツい。
これは推測だが、俺嫁にとってはせめてもの虚勢だったんだろう。
さっきも書いたが、B嫁が相手じゃルックスで勝負にならない。
嫁同士は高校時代からの仲良しだが、男から見ればはっきり言って俺嫁は“引き立て役”だったと思う。
大学も同じだし、頭の良さや親の経済力には大差ないとはいえ、どっちも微妙にB嫁が上だったらしい。
そんな俺嫁にとって“旦那の性的能力”は、B嫁に勝てるほぼ唯一のポイントだったわけで、酔って日頃溜まってた劣等感が爆発したんじゃないか・・・という気はする。
あくまでも推測だけど。
俺嫁の鬱屈を薄々感じてたのか、B嫁も俺嫁の態度をそれほど怒ってるわけじゃなさそうだった。
むしろB嫁は、俺嫁の旦那自慢の中身に興味があるらしい。

「それはそうと、Aさんて本当にそんなに立派なの?」

まだかなり酔っているらしく、視線は湯の中の俺の下腹部に向いてる。
もちろん2人ともタオルを着けたままだ。
俺は俺でかなりドキドキしてきた。
悟られないよう冗談めかして言ってみる。

「見てみる?」

拒否られたら笑って済ませるつもりだったが、B嫁は「どれどれ」と笑いながら俺の隣へ来て、覗き込む仕草。

「見せてよぉ」と促され、引っ込みのつかなくなった俺は、「ええいっ」とばかり腰のタオルをずらしてみた。

お湯の中でゆらゆら揺れるチンコ。
緊張のせいか大きさは幸い平常時だ。

「うわぁ、結構大きいかもぉ~」

酔ってるとはいえ、こんなこと平気で言えるのも主婦の強さか。
B嫁の態度に俺も少し大胆になる。

「B子ちゃんがサービスしてくれたら、もっと大きくなるかもね~」

心臓はバクバクしてたが、あくまで笑顔だ。
B嫁はちょっと考えてから俺の顔をちらり。
そして「ふふっ」と笑って、体に巻いたタオルの結び目を緩めた。
湯の中ではらりとタオルがはだけ、柔らかそうなオッパイがふわり。
肌が白くてキレイだ。

「それじゃよく見えないよ」

身を乗り出しそうになるのをこらえ、必死で笑顔を保つ俺。

「Aさんも~。お互い様よ」

「それじゃ、せーので湯船に腰掛けようか。せえのっ」

言ってみるもんだ。

「やだぁ」なんて言ってたB嫁だが、俺に釣られるように立ち上がって腰掛けた。
最初は手ブラ風に胸を隠していたが、俺に促されておずおずと手を外すB嫁。
透き通るような白い肌が火照って赤みがかっている。
オッパイの大きさはCカップくらいだが、釣鐘型のキレイな形で美乳と言っていい。
薄いピンクの乳首がつんと上を向いていた。
下腹部はタオルで覆ったままだがウエストのラインが美しい。
俺の下腹部に一気に血流が集まり始めた。

「あ、大きくなってきた」

徐々に角度が上がり始めたチンコを見てB嫁は嬉しそうだ。

「どうせならさ、2人ともタオル全部取っちゃおうよ」

調子に乗った俺は前を隠して立ち上がる。

「え~」と恥ずかしがるB嫁に、「お風呂なんだから当たり前だよ」と畳み掛ける俺。

理屈も何もないが、勢いで押し切った。

「はい、せえのっ」

酔った相手は扱いやすい。
俺がタオルを投げ捨てるとB嫁も、「そんなぁ」なんて言いながら立ち上がってタオルを落とした。
これで2人ともマッパ。
ウエストから腰、太股に至るラインは、太すぎず細すぎず完璧だった。
陰毛はやや薄め。

「見ないでぇ~」なんて体をよじらせた後ろ姿にまた感動した。

実は俺、かなりの尻フェチでもあるんだが、B嫁のは最上級だ。
ボリュームはあるが大きすぎず、丸くてプリンと張りがある。
俺嫁の角張った貧相な尻とは真逆。
この美乳と美尻の持ち主相手にレスとは、Bは何を考えてんだ?

B嫁は少し醒めてきたとはいえ酔ってる。
俺は完全に素面。
再び湯船に2人並んで座った。
俺の股間はすでに勃起度70%。

「やっぱり・・・すごく大きくない?」

少し慣れたのか、B嫁は前を隠そうともせず俺の股間を覗き込む。

「そう?」

腰掛けたまま俺が両脚を広げると、B嫁は身を寄せて俺の太股に手を置いた。
さりげなく俺もB嫁の肩を抱きながら体を密着させる。

「大きいよぉ」

そう言って俺の目をちらりと見ながら、おずおずと指先を伸ばすB嫁。
何がしたいのか理解した俺は黙って頷いた。
指先が亀頭に触れると、チンコがビクンと反応した。
好奇心に目を輝かせながら、B嫁は肉棒の表面を撫でるとゆっくり竿を握る。

「すごぉい・・・硬いわぁ」

溜息交じりで呟くB嫁。
感心されて悪い気はしない。
俺は肩に回した手に力を入れてB嫁を抱き寄せると、ふるふる揺れるオッパイにもう一方の手を伸ばした。

(うおぉ!ふにっとした感触がたまらん)

薄っすら赤みを帯びた白い乳房を揉みながら指先で乳首を撫でると、「はあぁ~」と深い息を吐くB嫁。
手はチンコだけじゃなく、玉袋を包むようにマッサージし始めた。

「ここも・・・大きい・・・」

負けじと親指と人差し指で乳首を摘んでコリコリ刺激すると、みるみる硬く大きくなってきた。
堪らないというように身をよじらせるB嫁。
勃起度90%を超えた肉棒を握り直し、ゆっくりと上下に動かし始めた。
俺はB嫁の首筋に舌を這わせながら、指先を乳首から股間へ移動。
陰毛越しにマンコを撫でると、B嫁は目を伏せながら両脚をゆっくり開いた。
指が割れ目に侵入する。
粘り気ある感触がお湯じゃないのは当たり前だ。

肛門から会陰、陰唇、膣と指を動かすと、クリが性感帯と判明。
たっぷりと刺激して濡らせてから人差し指と中指を膣に突っ込み、親指の腹でクリをクリクリしたら、「くうぅ~」と歯を食いしばって絶頂に達した。
イク時の声も可愛いんだよな。
しゃがれ声の俺嫁とは大違いだ。

ぐったりと俺に体を預けたB嫁。
そのままずるりと湯の中にしゃがむと、目の前のチンコを掴んで亀頭にむしゃぶりついた。
さすが人妻は積極的だ。
フェラは・・・まあ普通。
さすがに、たっぷり仕込んだ俺嫁には及ばない。
それでも懸命に勃起を吸い立て、亀頭を口に含んだまま舌先で尿道をチロチロ刺激するなんてテクも駆使してくる。
さすがの俺も我慢できずに口内発射。
恍惚の表情で顔を上げたB嫁の口から白っぽい粘液が垂れる。

「すご~い、まだ全然硬いまま」

感動したようにチンコをしごき続けるB嫁。
俺もその気になって、湯の中にしゃがんだB嫁の体を引き上げると俺の太股に跨がるような姿勢で湯船の縁に膝立ちさせた。
チンコを握って先端部分をピクピク動かすと、亀頭とマンコの粘膜同士が擦れて刺激的。
B嫁も堪らないという感じで膣からドロドロと粘液が流れてきた。

「ねえ・・・どうしたい?」

意地悪く聞いたら、B嫁は堪らないといった感じで・・・。

「入れてぇ~」

そう言うや、チンコを掴んで自分から腰を下ろす。
フル勃起に回復した肉棒がズブズブと膣に飲み込まれていった。
今から思えばだが、アソコの締まりだけなら、隠れ名器の俺嫁が一枚上だったかもしれん。
腰使いも俺嫁と比べるのは気の毒だろう。

とはいえ相手は俺嫁より数段美人。
深夜の風呂場でハメてるという状況もあって、興奮はいやが上にも高ぶった。
丸い美尻を抱えながら座位でチンコを突き上げると、B嫁は歯を食いしばり、腰を前後左右に振って応じてくれた。
俺の目の前にはちょうどいい大きさの柔らかそうなオッパイが揺れている。
ビンビンに勃起した乳首を口に含むと、強引に吸い立てた。

「いいいぃ~」

快感に耐えていたB嫁の口から細い声が漏れる。
その声にさらに興奮した俺はB嫁の太股を抱えて立ち上がると体勢を入れ替え、駅弁スタイルで繋がったまま湯船を出て、洗い場のスノコにB嫁を横たえ正常位で腰を振り立てた。
むっちりした脚を抱え、これでもかと広げてチンコを突き刺す俺。
他に客はいないとはいえ、一応は公衆の場所ってことで、最初は俺もB嫁も大声を立てないよう気を使った。
それでもパックリ開いた割れ目を太い勃起が何度も出入りするにつれ、2人とも快感でおかしくなっていたらしい。
B嫁も最後は、「ああーん、イッちゃうーっ」と叫んで何度も絶頂に達した。
俺もゴムを付けてないことなんて忘れて、深々と突き刺したまま発射した。

ぐったりとB嫁に重なりながら、(やべぇ・・・生中出しだよ)と思ったが、もう俺の性欲は止まらなかった。
確かにアニマルだよな。
ズルリと勃起を引き抜くと、俺は放心状態のB嫁を裏返して腹這いにさせた。
尻フェチの俺にとって後ろからのアングルはたまらない。
さっきも書いたが、B嫁の尻は白くて丸くて程よく肉が付いた最上級品。
申し訳ないがボリューム皆無の俺嫁とは真逆だ。
完璧な“尻景”にチンコは柔らかくなる間もなく臨戦体勢となった。
美尻を持ち上げて四つん這いにさせると、愛液ドロドロのアソコをめがけて再び勃起をズブリ。
フェチにとってバックはたまらん体位なのよね。
B嫁はどっちかと言えば後付きだし、膣の角度のせいか正常位よりバックの方が深く刺さる。
俺のチンコの角度ともぴったりだ。

ジュプジュプジュプジュプ・・・。

リズミカルに腰を振ると、B嫁も恥や外聞を捨てたのか、「あああぁぁ・・・いいのおぉ・・・」とヨガリまくる。
出し入れしながら前に回した片手で柔らかいオッパイを揉み、もう片手でB嫁の陰毛を掻き分けてクリを刺激すると、「イクうぅ~」と叫びながら何度も潮を吹いた。
手がビショビショだ。
2回戦で10数回はイッたB嫁、最後は床に突っ伏したまま気を失った。
俺も同時に、またまた膣奥深く差し込んだ勃起の先端から大量のザーメンを放出。
1回目は勢いだったが、2回目は確信犯だ。

スノコの上でぐったりするB嫁の横に倒れこむ俺。
ここまで気合いを入れたセックスはいつ以来かな。
しばらくして気が付いたB嫁も虚ろな瞳を俺に向けてつぶやいた。

「すっごい・・・エッチで気が遠くなったの・・・初めて」

風呂場で過ごしたのは1時間ほどだったか。
下半身はまだ元気だったが、湯冷めしそうなので、さっさと体を拭いて浴衣を着けると部屋に戻った。
途中からかなり大きな声を上げていたが、旅館の人には気づかれなかったみたいだ。

(俺とB嫁が1時間も不在だと分かれば怪しまれるな)

なんて心配も頭をよぎったが、部屋に戻ると俺嫁もBも高いびきをかいてた。

(俺とB嫁がハメてる間に俺嫁とBがハメてたら・・・)

という妄想も浮かんだが、それもなかったらしい。
まあBの粗チンじゃ、淫乱な俺嫁を満足させられなかったろうけど。

部屋の前でディープキスして名残りを惜しんでから、それぞれのパートナーの布団に滑り込んだ。
酒が飲めず仕事では苦労したが、下戸でいい思いすることもあるんだなとこのとき初めて思った。

ここから後日談。
1回きりの火遊びなら、まあ良い思い出になったんだろう。
しかし旅行から戻ってすぐにB嫁から、「2人で会えない?」と連絡が来たんだ。
マズいことに、俺とのセックスが忘れられないと言う。
俺は俺で、正直B嫁は好みのタイプ。
セックスの技量は俺嫁が上だが、B嫁の方が体の相性は良かったし。

仕事を抜け出して待ち合わせた俺とB嫁。
当然のようにラブホで合体。
今度は2人とも素面だったから、腹を据えてハメて相性の良さを確認した。
結局、その後も時間をやりくりして月1、2回は会うようになった。