実話です。

俺はオシッコがしたかった。
強烈にオシッコがしたかった。
こんなことなら学校でしてくりゃよかった。
途中にコンビニもねえし。
住宅街だから、立ちションすると目立つし。
何より俺のプライドがそんなこと許さねえ。
何とか家まで辿り着き、モジモジしながら玄関の鍵を開け、家の中に飛び込んでトイレのドアを開けた。

(!!?誰かいる!)

妹の美貴がこっちを向いて座ってる。
2人ともそのまま固まった。
俺の目線は下へ下へ。
何か見えた。
毛が生えてる。
太ももの間からチョロチョロとオシッコが出てるのも見える。

「閉めてよ!!」

美貴の声で俺は我に返った。

「ご、ごめん」

慌ててドアを閉めた。
何が起きたんだ?
頭を整理しよう。
俺は家に帰った。
トイレのドアを開けた。
美貴がいた。
オシッコをしていた。
なんでドアが開いたんだ?
・・・そうだ。
やつが鍵を閉めてねえからじゃん。
何で俺が怒鳴られなきゃなんねんだ。
面白くねえ。
ちくしょー。

自分の部屋に戻ろうとして、ふと思い出した。
そうだ、俺もオシッコがしたかったんだ。
思い出した途端にモジモジが始まった。

「おい、美貴・・・早くしてくれよ。漏れるー」

「ちょっと待ってよ!」

「早く早く・・・」

ああ、やばい。
こんなとこで漏らしたら一生の恥。

「美貴、マジで・・・やばいから・・・」

「ちょっと待ってよ!」

さっきから待ってるって。
うう・・・早く。

バタッ。

やっと美貴が出てきた。
鬼の形相だ。
めっちゃ怒ってる。
でも今はそれどころじゃない。

「は、話は後でな」

俺はトイレに飛び込みやっとオシッコができた。
は~、危なかった。
ん?くせえっ!
美貴のやつ、ウンコしやがったな。
く、苦しいっ!!
息ができない。
早くトイレの外へ出たい!
けど、なかなかオシッコが止まんねえぇ。
やっと終わった。
早く外へ。

(!?)

美貴がいる。
やっぱり鬼の形相だ。

「兄ちゃん!」
「ん?」

「見たでしょ」
「何を?」

「あたしの・・・」
「あたしの?」

「あそこ」
「あそこ?あそこって?」

「・・・言わせないでよ!引っ叩くよ!」
「み、見ました。はいっ」

「あたし、すごく恥ずかしかったんだから」
「・・・ごめん。いや俺だって・・・漏れそうだったし・・・」

「もう・・・、どうしてくれんのよ?」
「ど、どうすりゃいいんだよ?」

「・・・何でも言うこと聞いてくれる?」
「あ・・・わ、わかったよ。聞くよ」

「じゃあ考えとく」

そう言うと美貴は2階の自分の部屋へ行ってしまった。
ああ、まったく。
何でこんなことに。
俺も部屋に戻って布団被って寝よ。
俺は部屋に戻ってベッドに横になって毛布を被った。

・・・?
いや、何で俺が何でも言うこと聞かなきゃいけねえんだよ。
鍵を掛けてねえあいつが悪いんじゃん。
ちくしょー、あまりのことで自分を見失ってた。
ウンコはくせえし。
面白くねえ。
寝よ。

でも、あいつも毛が生える年になったんだなあ。
昔は「兄ちゃん、兄ちゃん」って俺の後をくっついて歩いてたのに。
よくオシッコを漏らしてたっけ。
その美貴も、もう高校生か・・・。
早いなあ。
すっかり可愛くなりやがって。

コンコン。

「兄ちゃん、入るよ」

美貴が俺の部屋に入ってきた。
俺は毛布の隙間から顔を出した。

「さっきの話だけど・・・」
「うん?」

「・・・」
「何だよ。早く言えよ」

「兄ちゃんのオシッコするとこ見せて」

(俺のオシッコ?)

・・・いや、待てよ。
俺も美貴のオシッコを見たんだから話の筋は通ってるか。
もっとすごいこと要求してくんのかと思った。

「いいよ。そんなんで良けりゃ見せたげるよ」
「うん」

「で、あの狭いトイレに2人で入るのか?」
「いや、トイレじゃない」

「じゃ、どこでするんだよ?」
「お風呂」

「風呂!?」

俺はビックリして起き上がった。

「今日、一緒にお風呂に入って」
「風呂に一緒に入るのか?」

「そこでして」
「・・・」

確かに子供の頃は一緒に入ったが。
美貴は高1だし、俺は高3だし。
何よりあいつ、胸も結構あるし、お尻もプリっとしてるし、俺立っちまうな。
あいつも、もう子供じゃねえし。
そんなことぐらいわかって言ってんだろうけど。

「いい?それが条件」
「・・・わ、わかったよ。入るよ」

「できるだけオシッコ我慢してね」
「何で?」

「長い時間見てたいから」

ドスン。

「これ飲んで」

お茶のペットボトル。
2リットルじゃん!
どっから持ってきたんだ?

「こんなに飲めねえよ」

「できるだけ飲んで」

もう・・・何かの罰ゲームかよ。
まあ、罰ゲームみたいなもんか・・・。
美貴は部屋から出て行った。
俺はとりあえず1/4くらい飲んでみた。
しばらく時間が経った。
ペットボトルは半分くらいの量になった。
ちょっとオシッコがしたくなってきた。

「おーい、美貴ー」
「なに?」

「ちょっとオシッコしたくなってきたぞ」
「ダメ。限界まで頑張って」

「何!?」

また限界まで我慢するのか?
今日2回目だぞ、限界プレイすんの。

「まじかよー。オシッコ我慢すんの疲れるんだぞ」

「何でも言うこと聞くって言ったじゃん」

「・・・」

しゃあねえなあ。
何でこんなに立場が弱えんだ?
またしばらく時間が経った。
外もすっかり暗くなった。

「美貴ー、かなり辛いんだけど」

「まだ、ダメー」

モジモジしてなきゃ漏れそうなんだけど。
美貴には俺の姿が見えねえからわかんねえんだろな。

コンコン。

「は~い」
「美貴、入るぞー」

「兄ちゃん、何モジモジしてんの?ハハハ」
「ハハハじゃねえ。美貴、早く」

「じゃあ、お風呂行こうか」

風呂場へ向かう。
ああ、やばい。
脱衣所で2人で服を脱いだ。
美貴のやつ、すっかり大人だなあ。
出るとこ出てるし。
兄として嬉しい。
いや、それどころじゃない。
早くしないと、ここで漏らしてしまう。
俺は飛び込むように浴室に入った。

「美貴、いいか?するぞ!」
「待って、もうちょっと」

「何で止めるんだよ。早くさせろよ」
「兄ちゃんが我慢してんのを見てんの面白い」

・・・こいつ、絶対ドSだ。
こんなのを彼女にしたら身が持たねえな。

「いいよ。してー」

チョロチョロ・・・。

「何でジャーって出ないの?」

「我慢しすぎるとこうなるんだよ」

そのうちに勢いがついてきた。

ジャーッ。

「すごーい」

はあー、やっとオシッコできた・・・。
もうやだ、こんなの。
何で俺ばっかこんな目に遭うんだ?

チョロチョロ・・・。

「終わった?」
「終わり。堪能したか?」

「うん、男の人のオシッコ初めて見た。楽しかった」
「昔、よく見せてやったじゃん」

「忘れたー」

・・・そうだわな。
こいつが5歳くらいの時だもんな。
覚えてるわけねえか。
そういや、こいつの体、キレイだな。
乳首もピンクだし。
お尻も可愛いし。

(やべ・・・立ってきた・・・)

「兄ちゃん、おっきくなってきたよ」
「お前も大人になったってことだよ」

「上手いこと言うなあ。兄ちゃんのスケベ」
「・・・」

「触っていい?」
「いいけど。出ちまうかもしれねえぞ」

「いいよ」

美貴は俺のチンポを弄り始めた。

(ああ、気持ちいい・・・)

「兄ちゃん、ここに横になって。仰向けで」

「え?ここに?」

「うん」

俺は言われるがままに風呂の床に横になった。
ああ、冷てえ。
すると美貴が後向きになって俺を跨いできた。
目の前に美貴の尻がアップになった。
え?この恰好は・・・。
シックスナインじゃん。
こいつ、どこで覚えたんだ、こんなこと。

パクッ。

(ん?気持ちいい・・・)

あ、美貴が俺のチンポを咥えてる。
やめろ、それはやばい。
俺の目の前には美貴のマンコのドアップ。
全体がピンク色でとってもきれいなマンコ。
そういや夜中に隣の部屋で何かゴソゴソ聞こえてきたなあ。
こいつ自分でココ触ってたんかな。
ん?なんだこいつ。
濡れてんじゃん。
クリトリスだ・・・触ってみよう。

「ん、ん・・・」

美貴の腰が動いた。
感じてんのか?
もうちょっと触ってやれ。

「ん、んん・・・」

液の量が一気に増えた。
こいつも相当のスケベだな。
指、入れてみようかな。

ニュル。

お、入ってく。
すげえ。

「ん、んんん・・・」

こら、手の動きを速くするな。
気持ちよすぎる。
俺も指の動きを早くしてやった。

「ん・・・んんん・・・ああん」

とうとう美貴が声を漏らした。

(ちきしょう・・・イキそうだ。あ、イク・・・)

「美貴、出そうだ」

「ん・・・」

ビュッビュッ・・・。

俺は思いっきり射精した。

ん?何かチンポの先が生温かい。
あ、美貴のやつ、口で受けてやがる。
どこでそんなこと覚えたんだ。
長い射精が終わった・・・。
体を起こし、美貴は口から俺が出したものを手のひらに出した。

「返す」
「いらねえよ」

「わははは」
「お前、こんなことどこで覚えたんだ?」

「本で読んだ。でも、したのは初めて。・・・気持ちよかった?」
「ああ、よかったよ。彼氏にもしてやったら喜ぶぞ」

「いないもーん。それにしばらくいらないかも」

このやろー、早く彼氏作れよ。
そうじゃないと俺も彼女を作れねえじゃねえか!