思春期真っ只中の中学生の頃のエッチな思い出です。

<登場人物>
オレ:キタオ、中学2年生で帰宅部。
マニアックなドスケベ少年。

澪さん:オレと仲良しで1つ年上の中学校3年生、女子水泳部のキャプテン。
勉強もスポーツも優秀で男勝りな姉御肌で活発的。

運動音痴で体力不足のオレは中学生の頃に朝晩、登校前と帰宅後に健康増進のためにジョギングをしていたんだ。
ある夏の晩に走っていると突然雨が降ってきて、雨足は強まってびしょ濡れ・・・。
気合いで走り続けるも、もはや限界だった。
ザーザー容赦なく打ち付ける大粒の雨・・・。
学校のプールに前に差し掛かると、澪さんの自転車が置いてある。
時間は夜7時を回っていて、普段ならもうプールは閉館しているのだが、澪さんがいると知ったオレは挨拶がてら雨宿りさせてもらおうとお邪魔することにした。
雫をポタポタと垂らしながら入ると、プールでは澪さんが1人で泳いでいた。

オレが、「澪さんお疲れ様~・・・。頑張るねぇ!」と声をかけると、澪さんは背泳ぎしながら、「キタオじゃないの!どうしたの?やだ~、ぐっしょりじゃないの!」と驚いている。

オレは、「いやぁ~・・・。ひでぇ土砂降りなんだよ~・・・。悪いけどここで休憩させてよ。お願いします!主将・・・」と合掌してお願いした。
澪さんは笑みを浮かべて、「こういう時だけ主将かい?困った子だね~。あたしも休憩しょっと・・・」とプールから上がった。
中体連も終わって、部活をセミリタイアしていた彼女はこの日、部活にちょっと顔を出した後、受験勉強の気分転換に泳いでいたと言う。
青いハイレグの競泳水着姿の澪さんと2人してプールサイドのベンチに座って、オレは持参したジュースを彼女に差し入れた。

「はい」

彼女もタオルを貸してくれて、オレはずぶ濡れになった体を拭く。
それから受験勉強とか昨日のドラマがどうしたとか他愛もない雑談をしているうちに、澪さんから先日水泳部であった前代未聞の悲惨な話を聞いてしまった。
それは不甲斐ない1年生の新入部員へのしごきで、その新入部員のE君は大人しくて気が弱く、ちょっと根暗な性格。
練習中にE君は男子の先輩たちがハッパをかけるも、なかなかタイムが縮まらず、更に先輩たちに口答えをしたためにペナルティを与えられ、丸裸でチンコを丸出しでプールサイドを全力疾走させられたり、泳がされたりしたという。
おまけに全力疾走の際には先輩たちはベンチに腰かけて腕組みをしながら高笑いをしていて、時折足をいきなり突き出してE君を転ばせようとしたり、泳ぎの時にはわざとチンコの見えるように背泳ぎをさせて、泳ぐE君目掛けて石を投げたりと、それは壮絶なものだったそうだ。
女子を含めて部員全員の前で行われるらしいが、女子もそれを見てケタケタ笑っていると言う。
そんなペナルティと称した陰湿ないじめに仰天しながらも興味津々で、「マジ!?そ、そりゃやり過ぎだよ!誰も止めないの!?」と尋ねると・・・。

「何も・・・。ウチらのしきたりなんだからそんなの普通だよ~。みんなそうやって鍛えられていくもんね~。それにEは甘ったれのお坊っちゃまだからさ、あのくらいしごかれて当たり前なの!」

澪さんはあっけらかんとした感じでそう答え、絶句しているオレに、「それにしてもEのチンチン、お子ちゃまみたいにすっげ~ちっちゃくて可愛かったなぁ~。先細ってるし、まるまる皮を被ってて全然毛も生えてなくってさ・・・」とヘラヘラ嘲笑しながら続けた。

オレの目線は無意識のうちに澪さんの引き締まった体に食い込む競泳水着に注がれていた。
彼女もそれに気づいてか、「何見てんのさ~・・・。スケベっ!」と軽くオレにローキック!

「アハ・・・。ゴメン!けど澪さんの水着姿、すげぇ綺麗だね!」

お世辞を言うと彼女は、「心にもないこと言ってぇ~・・・。ところでさ、キタオのチンチンってものすげぇでっかいんだって?」と吹っ掛けてきた。
正直心当たりはあったものの、オレはすっとぼけて「何でさ?」と言うと、「M(男子水泳部の副主将)から聞いてるよ~・・・。でさ、モジャモジャなんだってね?」とにやけていた。
オレは胸中、(やっぱり!)と思った。
Mは以前、トイレでオレの小便を覗いており、チョイ悪でおまけに口は軽い・・・。

澪さんはいきなり、「キタオ、あんたの立派なモノ出して見せてよ!」と突拍子もないことを言い出した。
すかさずオレは、「澪さんも見せてくれたらいいよ!」と返すと、彼女は憮然とした顔で、「何言ってんのさ!先輩の裸を見るなんて100年早いよ!おまけに部外者のくせに」と一喝するも、その顔は恥ずかしさからか、ちょっと赤らんでいた。

「そんなの不公平だよ!人様の裸を見てゲラゲラ笑うんなら、澪さんだって見せてくれたっていいじゃないか!」

反撃するオレに今度は彼女も返す言葉もなかったのか、話を逸らすように、「あら~・・・。キタオの元気に立っちゃって~・・・」と、オレのロンパン越しにモッコリしたイチモツを指差していた。

「見ぃ~せぇ~ろ!見ぃ~せぇ~ろ!男なら!根性見せろよ今すぐに!今ここで♪」

澪さんは手拍子をパンパン叩きながらぶっ壊れたようにオレを煽り立てる。
体育会系らしいノリだ・・・。

「そぉれ、イッキ!イッキ!」

追い討ちする彼女の勢いに根負けしたオレは、びしょ濡れの上下を一気に脱いでフルチンになった。
オレのはヘソの辺りまで反り返っていた。

「わ!でっか~い!太いな~!毛、ボーボーに生えてる~・・・。キタオって上半身はひ弱でもチンチンはすごーく逞しいんだね~!噂に聞いたよりずっとでっかいわ!おっさん並みだね~!」

オレの肥大化して剥け切っているカリ部分をそおっと撫でたかと思うと、「しょーがないからキタオにご褒美あげるわ!」と彼女は水泳キャップを外して、更に水着の肩の紐に手をかけると、オレが(え・・・!?)と思うや間もなく水着を腰の辺りまでずり下げた。

(・・・!)

息を呑むオレの前に澪さんの重量感のあるオッパイがプリンとお披露目された。
中学生にしては、かなり大きな釣り鐘状の豊乳。
顔を真っ赤にして、「これでいいっしょ?おあいこで・・・」と水着を直そうとする彼女に、「ダメダメぇ!まだまだ中途半端!」とオレは迫った。
当惑している澪さんだが、今度はオレは面白がって、「主将こそ根性示せよ後輩に!イッキ!イッキ!」と調子に乗って煽った。
ビビった形相で両胸を手で隠して後ずさる彼女にオレは襲いかかり、腰の辺りまで下がった水着をひん剥きにかかった。

「イヤーっ!」

悲鳴をあげて抵抗する澪さんだが、敢えなく彼女の水着は剥ぎ取られて丸裸。
すかさず胸と秘部を手で隠してうずくまった澪さんに、「これでおあいこ!」とオレが断言すると、彼女はしぶしぶ立ち上がって胸と股間から手を離した。

オレは初めて真っ裸の女を生で見た。
澪さんはオレより背が高く、173センチのスラッとした長身。
肉付きの良い水泳体型で、腰のくびれもヒップラインも際立っていて、それに立派なおっぱいを引っ提げて抜群のプロポーションを誇っている。
一番興奮したのは、逆三角形状に秘部を覆う、馬のたてがみのようにワイルドな恥毛。
アソコの割れ目は全く見えないほどで、大人の女に比肩する裸体だ。

「おおっ!立派に生えてやがらぁ~!主将もモジャジャ!」

囃し立てると彼女はやや前傾の姿勢で、「ねえ、全部見せたんだから今度こそいいでしょ?あたし、おしっこしたくなったから水着返してよ!」と、どうやらかなり催しているようだ。
タイミングの良し悪しかオレも催していて、「いっそのこと、ここでおしっこの見せ合いしない?どうせ真っ裸だし」と言って、いやらしい視線を彼女に送った。

「もう・・・、いい加減にしてよ~・・・。頼むから返して!」

懇願するも、もはや足は震えており、限界らしい。
オレは意地悪してプールに彼女の水着を放り投げると無言で立ちションを始めた。
呆気に取られてモジモジしていた彼女も股間が緩んだのかチョロチョロとおしっこを漏らし始めた。

「バカー!見ないでぇ~!」

股間を両手で押さえながら顔をくしゃくしゃにして絶叫し、太股を伝って流される乙女のおしっこは実にエロい。
テンパって泣き喚きながら無理やりおしっこを止めようとする澪さんに、「我慢しないで全部出しちゃいなよ!ほらほら・・・」と言うと、彼女はぐずりながら立ったままおしっこをし続けた。
生まれて初めて見る赤裸々な女のおしっこ姿にオレは魅了された。
彼女も勢いよく放尿しながら落ち着きを取り戻した。

お互い出し切ると澪さんは、「ウワァ~ン!見られたぁ~!凄~く恥ずかしかったぁ~!」とオレに抱きついてきて泣きじゃくる。

オレも彼女の背中にそっと手を当てて撫でながら、涙を流している澪さんに優しくキスをした。
抵抗なく受け入れてくれた澪さんのキスの味は、お子ちゃまっぽくフルーティな感じだった。
日頃は負けず嫌いで強気に振る舞っている澪さんだけに、こうした彼女の素顔が晒されると、ギャップが可愛らしく見えてしまう。
しかし脱力した彼女が寄りかかった弾みでオレたちは足を滑らせてプールにドボーン!
2人して水面から顔を出して「プハー!」。
お互いに大笑いした。

再びプールの中で生まれたままの姿で抱き合うオレたちだが、澪さんはオレの反り返ったままのチンコを握った。
オレも彼女のアソコに指を入れた。
澪さんは目を細めて、「ア~ン!」といやらしい吐息を漏らす。
澪さんに顔を近づけて、「もうゴールインしよう!いいよね?主将・・・」とオレは小声で囁く。
澪さんは、「うん!あたしもすごくそんな気持ちだよ!後輩・・・」とそれまでとは打って変わったようにOKしてくれた。
この時「後輩」と呼んでもらえたのが、オレは凄く嬉かった。

フルに勃起状態をキープしているオレのイチモツと、水中でもわかるくらいにヌルヌル濡れている澪さんのアソコ。
これは今しかないと思い、「いい?入れるよ・・・」とオレが念押しすると彼女もトローンとした表情で黙って首を縦に振った。
オレの童貞チンコが彼女の処女のアソコに挿入された。
かすれた小声で、「ア・・・」と喘ぐ澪さん。
水泳で鍛えているからだろうか、締まりの良すぎる彼女のアソコの感触はすげー気持ちいい。
オレも力んでて、「うぐぐっ・・・」と歯を食いしばった。

「ハァ・・・。ハァッ!」

息を荒める澪さん。

「ああ、で、出る!」

射精しそうになったオレは間一髪でチンコを抜いた。
子種がドバッと水中に発射された。
血が入り交じってピンク色になったオレの精液がプカプカと浮かんでくる。
彼女はそれを手に取り、感激するように手のひらに塗りたくって、「やったねー!」と歓喜してオレに軽くビンタ!

「やったぜー!」とオレも彼女の頬をムギュッと抓ってやった。

童貞と処女を喪失してご満悦なオレたちは、裸のまんまザバザバと飛沫を上げてプールで戯れ、それからプールサイドで初めての69に臨んだ。
澪さんは積極的にオレのチンコを、時折歯を立てながらも懸命にしゃぶりまくる。
オレも毛深くてチーズ臭い澪さんのアソコをベロベロと舐めまくる。
それから体位を変えて2回した。
疲れたオレたちはシャワーを浴びて洗いっこをして、最後には恋人のように全裸で抱き合った。

オレ「澪さん・・・。いや、主将。凄く興奮したよ!初めての恥ずかしい姿にお目にかかれて嬉しかったよ!」

澪さん「もう澪って呼んでいいよ!あたしの初めてをあげたんだから・・・。女の前で全部見せられるあんたの度胸、好きだよ!」

オレ「ホントに綺麗だよ!澪の身体って・・・。マーメイドみたいだ」

澪さん「ホント・・・?ありがとう!」

服を着て外に出ると嘘のように雨も上がっていて、雲一つ無い綺麗な星空の下で解散。

澪さん「ここだけの話だからね!絶対だよ!キタオ・・・」

オレ「うん!わかってるよ!澪、ホントにありがとう!一生の思い出になるよ!きっと・・・」

このプールは今はないが、そこを通るたびに思い出すオレの思い出だ。