その女との出会いはバイト先だった。
少し特殊なバイトゆえに働いているのは年配の方ばかり。
そんな中、20歳に満たないのは俺と彼女だけだった。
アドレスを聞かれた。
まさか付き合うことになるなんて思ってもなかったら、軽い気持ちでメールしていた。
何度かメールしているうちにあっちが・・・。

『彼氏欲しい、あなたみたいな彼氏が欲しい』

そう言ってきたので俺は告白した。
そして付き合った。
バイトをはじめてから付き合うまでが3日。

付き合った次の日、バイト終わってから一緒に帰ることになった。
帰り道、彼女は俺にこう言った。

「今日、家に親いないんだ―、寂しい」

「じゃあ泊まりに行くよ」と俺は言った。

泊まった。
家に着いたら少しエロいビデオを観た。

彼女は俺に、「お風呂どっち先に入る?」と聞いてきた。

「一緒に入ろうよ」と俺は言った。

風呂に入った。

「恥ずかしいから見ないで欲しい」

そう言われて、言葉の通り風呂場ではほとんど目を瞑っていた。
彼女はあまり長風呂しないタイプらしく、5分程度で「上がろう」と提案してきた。
上がった。

彼女は髪が短い。
俺は髪が長い。
俺は髪を乾かしていた。
それが終わると同時に部屋に呼ばれた。
俺は部屋に入った。
彼女は素肌にジャージみたいなのを上下に着ていた。
俺は上下下着だった。
部屋の明かりが薄暗くなっていた。
彼女はベッドに横たわっていた。
彼女は無言だった。

俺は童貞だった。
自慰行為すら、ほとんどしたことがない。
性の知識が全くなかった。
彼女が何度かできても、そのせいもあってキスをしたことさえなかった。
以前、友人に性行為について相談したところ、「本能でなんとかなる」と答えが返ってきたことがある。
俺はその言葉を信じていた。

無言の彼女。
戸惑う俺。
立たない息子。
まずはベッドに入ることにした。
彼女の横に俺も寝た。
母が子供を寝かしつけるときのように、肘を立ててそこに頭を置いた。
とりあえず雰囲気をどうにかすればいいと思った。
俺の知ってる限りの格好いい言葉で口説いた。
彼女は振り向いた。
そして無言のまま俺にキスをしきてた。
俺は唖然としていた・・・。
彼女は俺の唇全体を舐め回すようにキスをした。
ほっぺに何度もキスをした。
舌を入れてきた。
されるがままだった。

俺は嫌悪感すら抱いていた。
事実、俺は胸に興味がなかった。
しかしここは触るべきなんだと判断した。
揉んだ。
初めて揉んだため、大きいか小さいかなんて判らなかった。
俺の胸よりは大きいと思った。
別に柔らかいとか、また揉みたいとか、そういうことは思わなかった。
胸を吸ってみた。
彼女は喘いだ。

(こういうのってわざとやっているのかな)とか(俺を興奮させるためにやっているのかなあ)とか(本当に女性は乳首を刺激されると気持ちが良くなって声を漏らしてしまうのかなあ)とか、色々考えていた。

内心、俺はとても嬉しかった。
女性の本質を体験できるということが嬉しかった。
初めてにしてはここまでいい感じに進んでいるという実感さえあった。

しかし、次に何をしていいか分からなくなった。
俺は全裸になった。
そして彼女の下を剥ぎ取った。
俺の息子は全然反応してなかった。
後から判ったことだが、俺は包茎というやつだった。
大抵の女はたとえ経験済みでも、剥けているか剥けていないかというのが、目視で判断できないらしい。

「立たないの?」

俺に聞いてきた。
俺は彼女にフェラというものを要求した。
これには正直驚いた。
自然と声が出てしまう・・・。
あまり格好良くはないと思うけど、「いやっ」とか「あっ」とか「んっ」とか。
一般的な男性はどういった声をあげているかわからないけど、俺はこんな感じだった。

彼女はおもむろに俺押し倒し、俺のシャツを捲くった。
乳首を弄ってきた。
乳首を舐めてきた。
またしても俺は驚いた。
さっきのフェラとは比べ物にならないくらいの快感だった。
これだけはぜひまたやりたいと思ってる。
あれ以来、自分で弄ってみても、あの時の快感が再現できることはなかった。

結局・・・最後まで立たなかった。
俺は眠くなって、寝た。
朝起きたら朝ごはんが作ってあった。
母の作った料理よりは美味しくなかった。
俺は家に帰った。
そして今に至る。