高校の時、一つ年上の友里先輩に犯された。
同じ部活で、大塚愛似でかなり可愛いかったが、彼氏がいるらしかった。
ある日、部室に呼ばれて椅子に座らせられた。

「私が何をしても動かないで」

そう言われてキスをされた。
制服を脱がされて胸を責められた後、勃起したチンポを握ってきた。

「こんなに大きくなるんだね、初めて見た」

感心していた。
彼氏が奥手で、キスすらしてこないことを聞かされた。

それからチンポをしごいたり舐めたりしてきたが、イキそうになると止められた。
床に寝かされ、先輩が俺の頭の上に跨がるとオナニーを始めた。
スカートの中で先輩がパンツの中に手を入れて、クチュクチュと動かしていた。

「アアアンッ、アアアンッ」

先輩の口からいやらしい声が出始めた。
しばらくすると先輩はパンツを脱ぎ、俺の目の前でマンコに指を出し入れし始めた。

「アッ!アッ!アッ!」

先輩の声が大きくなり、クリを弄りながら潮を噴いた。

「飲んで!」

先輩が言うので口を開くと潮が入ってきた。
味わっていると、先輩が休憩と言いながらマンコを顔に押し付けてきた。
顔がビチョビチョになったが、舐めてやると、「アアンッ、イイッ・・・」と腰をくねらせた。
先輩は立ち上がると、俺のチンポをしごきながら跨がってきた。

「私の処女を奪えるんだから、ありがたく思いなさいよ」

そして、ニコッと笑いながら腰を落としていった。
チンポが温かいマンコに包まれていくと同時に、「痛っ、ううっ・・・」と先輩が顔を歪ませた。
先輩が全て腰を落とすと同時に、俺はあまりの気持ち良さに腰を震わせて先輩の中に射精した。

「ヤダッ、中に出してるの!?」

驚いたようだが、しかしチンポを抜こうとはせず、ゆっくりと腰を振り始めた。

「精液って温かいんだね・・・」

先輩に抱きつかれれる、再びチンポは硬さを取り戻していった。
先輩は最初は痛がっていたが、徐々に激しく動き出した。

「アンッ!アンッ!イイッ!気持ちいいよっ!」

チンポが先輩のキツキツマンコにグリグリ締め付けられ、快感を増していく。
気付けばお互い全裸になって絡みあっていた。
最後は正常位で先輩を突きながら、また中に出した。

「エッチって気持ちいいんだね」

マンコから流れる血と精液を拭きながら先輩は微笑んでいた。