受験を控えた息子の成績が急に下がってきたので心配していました。
夜遅くまで部屋の明かりは点いていて勉強はしているようだったので、学校で何かあったのではと思っていました。
いけないとは思いながらも息子の部屋を調べたら、ベッドの下にはエッチな本がいっぱい隠してありました。
そしてゴミ箱にはゴワゴワになったティッシュがいっぱい・・・。
年頃だから女の身体に興味を持つのも仕方ないとは思いながら、どんな本かと見てみると、中には母子相姦モノもあってびっくりしました。
息子が母親の私までセックスの対象に考えているかと思うとゾッとしました。

私もどうしていいか分からず、夜、主人に息子のことを相談しました。
主人は、自分よりもいい大学に息子には入って欲しいと思っています。
その主人がこともあろうに、「あの年で女に興味を持つのはしょうがないからな。あいつが早くまた勉強に集中できるように、お前がなんとかしてやれ」って言うんです。
最初は意味がわかりませんでした。

「あいつがお前のことを思っているならちょうどいいじゃないか。お前が教えてやれ」

そんなことを言うんです。

「バカなこと言わないでよ。正気なの?」

「こういうことは早いほうがいいんだ。女への興味は早く卒業して、また勉強に集中できるようにしてやらないとな」

まだ冗談で言っているのかと思っていました。

「あいつだって、気の済むまでやらせれば元のようになるさ」

私は返事もできずに、その晩は主人に抱かれて寝ました。

主人の言葉は悪い冗談と思いながら一晩が経ちました。
お風呂から上がりに主人のベッドに入ると、「どうだった?あいつは満足したか?」って聞くんです。

「まさか。できるわけないでしょ」

「オレは冗談で言ってるんじゃないんだ。早くしないと受験に間に合わなくなるぞ」

「あなたは平気なの?」

「平気じゃないさ。でも、それがあいつのためなんだ。だから今からでもあいつの部屋に行って来い。まだ起きてるんだろ。バスタオル姿でいいから早く行って来い。ただし、あいつとしたことは全部オレに報告するんだぞ。それから部屋のドアは少しだけ開けとくようにな」

私も、あの子のためだと思い、主人の言葉に従いました。
夜食を作って、息子の部屋に行きました。
バスタオル姿のままで下着も着けていませんでした。
念のためバスタオルの折り返しにコンドームを忍ばせておきました。
一応ドアをノックしてから部屋に入ると、案の定、息子はエッチな雑誌を見ながらオナニーをしていたようでした。
慌てて隠した雑誌がベッドの下から覗いていましたし、息子のズボンのベルトも外れたままでした。
私は諭すように、もっと勉強に集中するように言い聞かせました。
そして私もそれに協力してあげることも。
息子はすぐに私の言っていることが理解できたらしく、横に座ってきました。

「じゃぁ母さん。見せて。母さんのカラダ見せてよ」

ベッドに横になると、いきなり私の膝を立てるようにして足を開かせました。

「わぁ!すごいよ母さん。本物だ」

息子の私への関心はあそこだけだったのかと思うとちょっと寂しい気がしましたが、無邪気に夢中で弄り回す姿に愛おしさを感じてしまいました。
息子が私のアソコに顔を埋めて舌を押しつける頃には、私もすっかり感じてしまいました。
バスタオルがはだけ、すっかり裸を晒してしまった時、落ちたコンドームが息子の目に留まりました。

「母さん、いいの?いいんだね?」

私は無言でいましたが、息子はズボンを脱ぎだし、パンツも脱いでいました。
よく見るとパンツにはドロッとしたものが。
息子は私のアソコを弄んでいる時にパンツの中で射精してしまったようでした。

いきり立っている息子のモノにコンドームを被せると私の中に入れようとしてきました。
やはり経験はないらしくなかなか入りませんでしたが、私が手を添えて手伝ってあげると、一気に奥まで貫いてきました。
2回目もすぐにイッてしまったようですが、18歳の男の子には驚かされます。
終わっても硬いままなのです。
そのあと、立て続けに続けて2回も、私の中に入れっぱなしで出来てしまうのです。
終わった後のコンドームの中は、信じられないほどの白い液体でいっぱいでした。