俺が中学1年生のときに両親は離婚しました。
俺は父親に引き取られ、父親との2人暮らしになったんですが、父親は仕事の帰りが遅い日が多く、夜の8時や9時ってことがほぼ毎日でした。
そんなこともあり、よく悪さをして先生に怒られることも多く、簡単に言えばまじめな方ではありませんでした。

担任の先生は当時25歳ぐらいの新人の先生で、学校でも一番人気のある先生でした。
言うまでもなく学校一の美人先生。
先生は俺の家庭の事情も知ってて、晩ご飯はいつもインスタントか、父親が買ってくるコンビニ弁当なのも知っていました。

ある夕方、家の前に車が停まってて、中を覗いてみると先生でした。

「こんなに遅くに何してるの?お父さんまだ帰らないの?」

「いつも遅いから」

「一緒にご飯食べる?先生も1人だし」

先生が誘ってくれたので、「うん」って答えました。

確かカレーライスだったと思います。
それを食べてから先生が、「お風呂入る?」と聞いてきたので、「うん」と答えたんですけど、まさか一緒に入ってくれるとは。
今考えると、俺のことをすごく子供だと思ってたんだろうと思います。
俺は先生の裸を見るなりビンビン!
先生のほうが驚いたみたいで、「えっ」みたいな感じでした。

「先生のおっぱい、お母さんより大きい」

そんなことを言った覚えがあります。

「もう1人エッチとかしてたりするの?」

「うん」

当時は覚えたての猿状態でした。

「ちょっと触ってもいい?」

そう聞かれたので、「いいよ」って答えて触られたら、すぐにイッてしまいました。

「出しても小さくならないんだね」

でも2回目はなかなか出なくて、たぶん先生も興奮してきたのか、俺を座らせて上に乗ってきて挿入。

「中に出しちゃだめだからね」

そう言いながら腰を振り続けたのを覚えています。
そして全てが終わると先生が、「このこと、絶対誰にも言ったらだめだからね。約束が守れたら、またしようね」って言ってくれて、それからはたびたび先生のアパートに行ってフェラをしてもらうようになりました。