私には以前、3歳年上の彼女がいました。
相手が年上だと安心感があるというか、ついワガママになるというか、かなり自由奔放にセックスをやらせてもらっていました。

その頃、私は以前から念願であったSMプレイを彼女の身体で試すことにしました。
まずは縛り。
最初は綿のロープで後ろ手に縛っていたのですが、ロープが伸びるし雰囲気は出ないしで、早々に麻縄を購入しました。
麻縄は緩むこともなく身体をしっかりと固定できますし、加虐的な雰囲気が出てとても気に入りました。
彼女もいじめられている雰囲気を楽しんでいるようにも見えました。
両手を後ろ手に縛り上げ、乳房の上下に麻縄で縛りますと乳首が立ってきます。
乳首を摘んだり、口で吸うと、「あっ、うん」と可愛い声を上げます。
多少抵抗する素振りを見せますが、アイマスクをすると不思議に抵抗しなくなります。
そのままベッドに横にして足を広げると、陰毛の中におまんこが現れます。

「おまんこもお尻の穴も丸見えだぞ。女として恥ずかしくないのか」

そう言って甚振ると、彼女は頬を赤く染めながら、「いやぁ~、言わないで~」と恥ずかしそうに首を左右に振っています。
私はおまんこの亀裂を下から上へ、下から上へと繰り返し舌で舐め上げます。
何回も何回も・・・。
目が見えないと感度は増すようで、「ふんっ、はんっ」と彼女の鼻声が聞こえてきて、「あ、あ~、うん~」といった喘ぎ声に変わっていきます。
やがて膣の中から粘液が流れ出ると彼女の腰が震え始めます。

「ねぇお願い、お願いよぅ~」

私のペニスを挿入して欲しくて催促するのですが、恥ずかしくて、「おちんちんを入れて」とは言えないようです。
私は意地悪をして、「どうして欲しいんだい?」と焦らします。

「あなたのが欲しいの」
「何が欲しいんだい?」

「ああん、意地悪。おちんちんよ」
「おちんちんをどこに欲しいんだ?」

「ああん、言わせるの?恥ずかしい。おまんこよ」
「それじゃあ分からないな。ちゃんと最初から言いなさい」

彼女は消えそうな声で言いました。

「あなたのおちんちんを私のいやらしいおまんこに入れてください」と。

「そうだ。いい子だ。それじゃあ入れてやろう」

そう言って冷たいクスコを挿入しました。

「ああん、それじゃない」と言っていますが、無視します。

クスコを開くと、そこは女体の神秘と言いますか生命の宇宙空間が現れます。
クスコの両脇の隙間からは赤く充血した膣の肉襞がはみ出しています。
そして正面にはドーナツ状の子宮口が現れます。
彼女は目隠しをされていますので何をされているのか状況が掴めず、不安と羞恥におののいています。
子宮口に向かって息を吹きかけると、「ひゃ~」と悲鳴のような声を上げます。
調子に乗って子宮口に綿棒を差し込むと、「痛いっ!」と言うので、慌ててそれは止めました。

お風呂場から洗面器にお湯を汲んで持ってきました。
その中にイチジク浣腸液を3個ほど入れて薄めます。
ガラス浣腸器でかき混ぜてから、彼女の肛門にワセリンを塗ります。
最初は肛門の入り口の周囲を円を描くように。
慣れたら少しずつ直腸の中まで指を挿入していきます。
彼女は恐怖感から時折、「あん!いやっ、やめてっ」と声を出しています。

中指が肛門の中に完全に入るようになったら、いよいよ浣腸の開始です。
先程の生温かい浣腸液を100cc、ガラス浣腸器に吸い上げたら彼女の肛門に挿入します。
2回分(200cc)くらいは抵抗なく入っていきます。

「3回目~、4回目~」

声に出して甚振ると、彼女は顔を真っ赤にして、「お願い!やめて!」と私に懇願します。
5回目を過ぎるとお腹がカエルのように膨らみますが、「6回目~、7回目~」と浣腸は続きます。

「痛い、痛い。もうダメ!やめて!本当に無理!」

本当に苦しそうです。
途中、お腹を擦ってあげながら、かれこれ10回くらい入れたでしょうか。
私も興奮してよく覚えていません(笑)

浣腸を終えて、肛門を指で押さえて排泄を我慢させながら、今度は排泄の場所の準備です。
彼女の部屋には昭和を感じさせるような円形のちゃぶ台があったので、その上に先程の空になった洗面器を置き、その両脇に彼女の黒いハイヒールを置きました。
これで特製の排便器の出来上がりです。
彼女の目隠しを取ると、その後に起こりうる羞恥地獄をすぐに彼女は察しました。

「え~、ここでするの?ダメ!出来ない。許してぇ~!」

いくら叫んでも許すはずがありません。
彼女の後ろ手に縛った麻縄を持ってちゃぶ台の上に座らせます。
観念したのか、彼女も自らハイヒールを履きます。

「え~、出来ない。こんなとこで」

彼女は弱々しく抵抗します。

「出来ないったって、そのうち嫌でもひり出すことになるんだぞ!」

我ながら芝居がかったセリフです。

「どうしてもするの?ねぇ、汚いものを見ても嫌いにならない?」

そう言うと彼女は眉にしわを寄せて悲しそうな顔をして肛門から力を抜くのでした。

ジャッ、ジャー、シャアー、ププププッ・・・。

最初に浣腸液が出て、その後、ガスが漏れてきます。

「イヤァー、見ないで~!恥ずかしい~」

「見ないでって言ったって、見えてしまうじゃないか!」

私が詰ると、彼女は鼻水を流しながら涙で顔をくしゃくしゃにしています。

ブリブリブリブリッ!

彼女にとって一番恥ずかしく、一番見られたくないウンコが開きっぱなしの肛門から出てきました。

「恥ずかしいなぁ~、女にとって一番恥ずかしい姿だなぁ~」

言葉責めは続きます。

「イヤァー、お願い!言わないでぇ~」

彼女は下を向いて私と視線を合わせません。

シャァー、ジョジョジョジョー・・・。

ひと通り排便をしたら、尿意を覚えたのか、今度はおしっこを始めました。

「なんだよ。うんちをしろとは言ったけど、おしっこをしろとは言ってないぞ!」

彼女にとっては悪魔のようなセリフです。

「ご、ごめんなさい。おしっこも出ちゃいました。許してください」

私は彼女の尿道から肛門に向けてティッシュで丁寧に拭いてあげました。

「お願い!やめて!自分でする!」

彼女は断末魔の叫び声を上げています。
どうやら男に排泄を見せるのも恥ずかしいけれど、下の世話をしてもらうのは、もっと恥ずかしいようです。
こうして年上の彼女のプライドを崩したおかげで、その後はやりたい放題の付き合い方が出来るようになりました。