「あら?覗いてるの?」

隣のおばさんは2階のベランダからボクに声をかけた。
そのおばさんは同級生のお母さんで、長い黒髪のとっても綺麗な人だ。
いつも洗濯物を干してる時や登下校時にボクと目が合うと声を掛けてくれる。

「こ、こんにちは」

ドキドキしながら返す。

「いい天気ね!こんな時は外で遊ばないとダメよ?」

そう言って可愛い笑顔を見せてくれる。
ボクは「はい」と返しつつ、窓とミラーレースのカーテンを閉めた。

「はぁ・・・ああ」

レースカーテンを閉めた瞬間、ボクは今まで我慢していた声を漏らした。

「お、おばさん。み、見えてるよ、はぁはぁ・・・き、気持ちいいよ」

1人呟きつつ、ボクはおちんちんを擦り続ける。
ボクはおばさんと喋っている時からおちんちんを出してオナニーをしていた。
というより、おばさんがベランダに出てきた時から始めていた。
オナニーをしながらおばさんと喋ってみたくなり、カーテンを開けてみたんだ。

視線の先にはレースカーテン越しに洗濯物を取込んでいるおばさんがいる。
気づいていないが、時折風が吹くとスカートの中が見える。
白いレースのパンティが見れるたびにボクの視線は釘付けになる。
おばさんはノースリーブの服の上からも胸の形がわかるくらい大きく、お尻も上向きな抜群のスタイルだ。
ボクはいつからか、干してある下着や、こうして洗濯物を干すおばさんの姿でオナニーすることを覚えてしまった。
あの日から・・・。

ある日、友達の家へ遊びに行った時にトイレを借りた。
その時、おばさんはリビングの床掃除をしていた。
開いた胸元からオッパイとブラジャーが見えた時、今までに感じたことのない感情が湧き上がった。
胸が高鳴り、同時に下半身がムズムズしだした。
そのままトイレに駆け込んで驚いた。
今まで以上に硬く大きくなっていたから・・・。
どうすることもできなくトイレに籠っていると、扉をノックしておばさんが優しく声をかけてくる。

「大丈夫?お腹痛いの?」

「だ、大丈夫です。も、もう出ます」

そう言いながら、さらに硬くなる。
急いで硬いままのおちんちんを仕舞い、大急ぎで飛び出した。
その時に両膝を付いていたおばさんの胸にぶつかってしまった。
とても柔らかい感触といい匂いがした。

「きゃっ!大丈夫?!」

ボクはもうパニックになり、「ご、ごめんなさい!お、お腹が痛くて!ボク、か、帰りま!!!」と早口で言って飛び出してしまった。

それからというもの、ボクはベランダに干してあるおばさんの下着やおばさんの胸やお尻を横目で追うようになった。
その度にドキドキして一部を硬くするということを繰り返していた。
この気持ちが何なのかを年の離れた従兄に聞いて、オナニーを教えてもらった。
それからオナニーが日課になってしまった。

「ボクおばさんと話しながらオナニーしてたんだ。おちんちんを出して触ってたんだよ?知ってた?」

ボクは1人で話しかける。
時々カーテン越しにおばさんと視線が交差する。
その度にドキッとして手を止める。
しかし、またすぐに擦り始める。
だんだん気持ちが高ぶり、ボクのアソコが疼き始める。

「お、おばさんのオッパイ柔らかかったよ。い、いい匂いだったよ」

あの日のことを思い出して恍惚とする。
擦り続けるボクの先っぽからは透明な液でヌルヌルになって、擦るボクの指先までヌメらせている。
その時、おばさんが両腕を上げた。
脇と胸の一部が見えると、一気に何かが上がってきた。

「お、おばさん、ボ、ボクもう我慢できないよ、ボクがイクとこを見て!」

そう言ってボクは白濁した液を吐出した。