マゾといっても嗜好は様々で異なるものです。
私はモテない男で、初体験も大学1年になってから、相手は綺麗な先輩女子大生でした。
彼女は、童貞の私の肉棒やタマを虐めて、たまらず射精すると、「我慢が足りない」と言って肉棒やタマを縛り上げて射精制限の強制勃起をさせます。
私は彼女が満足するまで腰を振らされる初体験をしました。

それ以降、先輩が卒業する2年間、先輩だけじゃなく先輩の友人の前で“肉棒緊縛射精ショー”をさせられたり、強制勃起肉棒で友人達とセックスさせられたりしました。

「ねえ、彼のチンチン、デカいでしょ。デカチンを虐めるのって爽快だよね」

そう言われていましたので、なんとなくですが私の肉棒は人よりも大きい方なんだという自覚はありました。

「ううう・・・射精させてください・・・」

縛り上げられた肉棒を寸止めされて、地獄と天国を行ったり来たりさせられました。
経験人数は増えましたが、恋愛経験ゼロの私は、そのまま先輩の知り合いのOLに譲渡されました。
色っぽいアラサーOLの肉体に勃起した肉棒を虐められながらアナルも開発されて、ついにはOLの知り合いの男性の肉棒を受け入れるまでにされてしまいました。

「こいつ、デカチンのくせにホモかよ・・・」

アナルを掘られながら肉棒を扱かれ、ヒイヒイ言わされました。
何人の男性の肉棒を経験したかも覚えていません。
私は大学の4年間で、恋愛経験ゼロのまま、女性経験ばかりか男性経験も豊富になって卒業し、地元に帰って就職しました。

地元に戻ってからは、やはりモテない人生が続いていました。
新人の私の指導員には、会社のマドンナと言われていた2歳年上でスラッとした長身のとても綺麗な女性がつきました。
彼女は加藤綾子アナウンサーに似た美人なので、『綾子』と呼ぶことにします。

当時の綾子には、社内で一番イケメンのコウジという彼氏がいました。
毎日、綾子に仕事を指導されていた私ですが、夏になると薄着になった綾子の胸元から深い谷間が見えて落ち着きませんでした。

(昨夜もコウジとエッチしたんだろうなあ・・・)などと妄想していました。

1年後、私が独り立ちする時、綾子が飲みに誘ってくれました。

「ヤスシ君、よく頑張ったわね。私、わざとキツい仕事を課したりしたけど、めげずにやりきったわね。途中から、そうやって虐められるのが好きなんじゃないかって思えてきたけど(笑)」

ドキッとしました。

「彼女とかいるの?」
「いや・・・いません」

「大学の頃は?」
「いましたけど、全員年上ばかりでした」

「ああ、なるほど。わかった。確かにヤスシ君は年下の女の子にはモテないわよね、頼りない感じだもの。でも年上のお姉さんは、そんなヤスシ君が可愛くて虐めたくなる感じ、わかるわ・・・」
「綾子さんの彼氏は、やっぱり頼りになるんですか?」

「頼りになるというより、あれは自信過剰ね。ヤスシ君は逆にもっと自信を持たないとダメよ」
「はあ・・・」

この約半年後、綾子とコウジは破局しました。
イケメンとマドンナの破局は私の耳にも入ってきました。
どうやらイケメンのコウジは、26歳になったマドンナを捨てて、今年入った23歳の可愛い新人に乗り換えたという噂でした。
綾子に1年間指導してもらった恩義を感じていた私としては、放っておけませんでした。

金曜の夜、綾子を飲みに誘うと・・・。

「まさか私がヤスシ君に慰められるなんてね。でもありがとう。嬉しいよ」

その夜、酔っぱらった綾子が・・・。

「ヤスシ君、まだ彼女出来ないの~?ああそうだ、確か年上に人気者だったわよね。じゃあさ、私なんかどう?年上のお姉さんよ~」

そのまま綾子のアパートにお持ち帰りされました。
その夜はそのまま崩れ落ちるように寝てしまったのですが、翌朝、シャワーの音で目覚めると・・・。

「ヤスシ君、無理やり連れて来ちゃってごめんね。ちょっとは期待したでしょ?シャワー浴びてきて。エッチ・・・させてあげるから」

会社のマドンナとセックスできるなんて、まるで夢のようでした。
長身の綾子はDカップはありそうなボインちゃんですが、キュッとくびれたセクシーボディに加藤綾子似の美人なので、もう肉棒が爆発しそうでした。

「うわっ・・・ヤスシ君、おっきいわね・・・」

「ええ、年上の元カノもみんなそう言ってました」

綾子は潤んだ目で私の肉棒を握ると、パクッと咥えて最高のフェラをしてくれました。
仰向けになって広げた股間はすでに濡れていました。
広げてみると、青紫に変色したアシンメトリーな肉ビラでした。
年上OLに鍛えられたクリ吸いクンニをすると、綾子は喘ぎまくり、ドロドロに濡らしました。

「も、もういいから、もう終わりだってば!」

急に可愛くなりました。
肉棒を入れたら、七転八倒のイキまくりでした。

「ヤスシ君・・・エッチさせてあげるなんて言っちゃったけど・・・ごめん、またエッチしてくれる?」

「私で良ければ、ぜひお願いします」

約1年後、綾子と結婚しました。
私は25歳、綾子は27歳の姉さん女房でした。
綾子の清楚なウェディングドレス姿は、加藤綾子アナウンサーに匹敵する美しさでした。
そのDカップの膨らみは、かつてコウジが揉みしだいたもので、コウジが舐め回した乳首であることも出席者はみんな知っていました。
スカートの奥にはコウジの肉棒を咥え込んで痙攣した肉筒があることも、コウジの精液まみれになっていたことも出席者の誰もが知っていました。
コウジに馬乗りになって肉棒をずっぽり咥え込んで、狂ったように腰をクイクイさせていたことを、男性社員みんなが想像していたに違いありません。

二次会の席で綾子は同僚に、「どうしてヤスシ君なわけ?」と問われて・・・。

「前の人より良かったから。彼、頼りないように見えるけど、アレがムフフなんだから」
「アレがムフフ?」

「そう、アレがムフフで離れられなくなっちゃった。前の人のアレなんかもう無理ね」
「そうなんだ、アレがムフフなんだ。羨ましいな」

結婚に踏み切った理由はもう一つあります。

「ヤスシ君、大きいから気持ちいいけど、でもやっぱり虐めたくなっちゃうんだよね。不思議だな。もしかしてマゾだったりしない?」

「実は・・・マゾにさせられてました」

「やっぱり!」

大学時代、アナル拡張までされてアナルセックスも経験してきました。
しかし社会人になってからはそういう機会がなくなり、心のどこかで欲求が抑えられなくなってマゾ調教を求めてしまっていました。
綾子はマゾ男に関する研究をはじめ、ついに“肉棒拷問”に辿り着きました。

「デカチン虐めって面白いわあ~~」

綾子は夢中になりました。

「ヤスシ君、私の旦那さんになって、ずっとチンチンを苛めさせてくれる?もちろんチンチンでも気持ちよくしてもらうけど」

妻の綾子に肉棒を紐で縛り上げられる被虐に興奮しながら勃起すると・・・。

「すっごいカチカチ。こんなにデカいのにカチカチなんてたまらないわ」

縄で絞め付けられ、射精を焦らされる拷問の後、普通はカチカチの肉棒でセックスするのですが、綾子が生理の時は、女性用のディルドをアナルに挿入されながら緊縛された肉棒を虐待されます。
かなりハードな調教で、いつも最後はアナル責めでトコロテン射精させられています。

現在、私は30歳、綾子は32歳、娘は3歳になりました。
娘を寝かしつけたあと、綾子は私を見つめて妖しく不敵な笑いを浮かべるのです。