相手は高校の時の後輩。
その時付き合っていた彼女の友達だった。
可愛いとか綺麗とかではなく、カッコイイ女だった。
男嫌いで通っていて、どうして俺が近寄れたのか今でも不思議だ。

ある時、冗談半分で彼女の胸を触った。
どうしてそうなったのか覚えていない。
付き合っていた彼女と、そんなにエッチをしていなかった俺は、胸への愛撫が上手くなかった。
興奮しきっていた俺は力一杯揉んだ。
翌日、珍しく笑顔で近づいてきた彼女が俺の側で耳打ちした。

「・・・もう少し力を弱めてくれたら・・・」

次の約束を取り付けるのに俺は必死になった。
その彼女とエッチするための・・・。

後輩との約束を取り付けた俺は、学校が休みの日曜日を選んだ。
後輩が俺の部屋に入ってきた。
普通の高校生の私服だった。
男勝りだった彼女は、白い七分袖のシャツとジーンズがよく似合った。
部屋でジュースを飲みながら話が弾む。
次第に先日の胸を触った話になっていった。

「やっぱり痛かった?」
「痛かったよ!あんな力で揉まれたらね」

「・・・どれくらいなら痛くないのかな?」
「分かんない。試してみる?」

そんな流れだったと思う。
シャツの中に手を忍ばせ、スポーツブラの中へと指を滑り込ませた。
大きい胸だった。
そして美乳だった。
今まで付き合った女の中でも彼女の躰と顔を超えた奴はいない。

ブラの中に小さな乳首と豊満な乳房を隠していた。
それを両手に感じながら、徐々に彼女の背後に回り、後ろから抱きすくめる形になった。
胸を楽しみつつ徐々に下腹部へと手を伸ばす俺。
彼女も嫌がってなかった。

「・・・してみる?」

「・・・いいね」

2人で服を脱ぎ始めた。
俺が一番悪い。
それは分かっている。
ただ彼女も俺も、“浮気”という事は分かっていた。
それでも高校生の好奇心なのか、それとも違う何かなのか、お互いがお互いの躰を貪りあうように重なった。

お互いが裸になった後、俺は彼女の唇に吸い付いた。
彼女は俺が初めての相手だった。
男嫌いだったんだから。
そんな彼女が、俺の唇の攻めに必死に応えようとしていた。
彼女の鼻から漏れる喘ぎが俺をさらに興奮させる。
唇から口を離した途端、彼女の口の端から透明な涎が糸を引いた。
俺の口は今度は彼女の胸に移動した。

「あ!」

“感じる”という概念すらないはずの彼女が、俺の攻めに対して応えてくれている。
それだけで俺が興奮するのには充分だった。

彼女の乳首はすでに硬くなっていた。
それを口に含み、舌で転がす。
弾くたびに彼女の躰がピクンと跳ねる。
そして俺の頭を両腕で抱き締めていた。
右の胸が終わったら左、左が終わったら・・・という具合に交互に攻めた。
攻められることに緊張していた彼女も、次第に解れていったようで、小さかった声も徐々に大きくなりだしていた。
それでもAV女優のように叫ぶような声ではなく、小さく漏れるようなくぐもった声だ。
この時点で、俺は微かに思うことがあった。

(どうして俺はこいつと付き合わなかったんだろう?)

攻めながら彼女を布団の上に寝かせ、足の間に躰を割り込ませた。
充分に潤っていた。
溢れるくらいだった。
それを全て口で受け止めた。
それまでに付き合っていた彼女のをしたことはあったが、ここまで興奮したことはなかった。
全部飲んだ。
味なんて感じなかったが興奮していた。
そして、ふと気付いた。

最初の男が俺なら、一度イカせた方が良いのかもしれない。
そしたら躰が解れるかもしれない。

今思えば浅はかな考えだが、そのときはそれが一番だと思っていた。
俺は彼女のクリトリスを執拗に攻め始めた。
それまで小さく喘いでいた彼女の声が、ほんの少し上擦った。
ずっと舐めていた俺は、彼女の躰が徐々に硬直し、細かい痙攣が来ているのを知った。

(もう少しだ)

一段と攻めをきつくした俺は、彼女を絶頂に導くために必死だった。
彼女の躰がガクンと震える。
彼女の指が俺の頭を掻き毟っていたことに、ようやく気付いた。
互いの顔を見合わせ、荒い呼吸を整えようともせず、彼女の上に被さった。

「イッた?」

「・・・イッた」

アホなことを訊いたと、今なら思う。
でも確認せずにはいられなかった。

無言のまま俺はコンドームを付けた。
その間、彼女は顔を片腕で覆っていた。
付け終えた俺は、静かに彼女の足を開いて、自分を割り込ませた。
彼女の顔を挟む形で両手を置き、笑顔で彼女を見た。
俺が重なったことを感じた彼女は、腕をどけて微笑み返した。
それを確認した俺は先を彼女にあてがった。

ズルッと入った。
すぐに根本まで。
彼女にも痛みはなかったようだ。
俺の背中に手を回している。
下半身は、俺のぶつかる腰をしっかりと受け止めようとしていた。
何度も腰をぶつけた。
その度に彼女が受け止める。
汗が垂れても気にしなかった。
何度もぶつけた。
互いが汗まみれになり、それでも必要としていた。

「後ろからしてみよう」

彼女にバックを要求した。
無言で体勢を変える彼女。
お尻を突き出し、全てが丸見えになっている。
それを突き入れる前に指で弄った。
自分の唾で充分に湿らせてから指を挿入した。
簡単に入った。
何度も出し入れする。
その度に音が激しくなり、彼女の声も速くなる。
そして今度は彼女の後ろから重なった。
腰を抱えて。
また何度もぶつけた。
汗にまみれ、何度も腰をぶつけ、快楽だけを貪っていた。
次第に俺の方にも絶頂感がやって来た。
昇り詰め、声をかける。

「そろそろ、イクよ」

無言で彼女が頷く。
スパートをかける。
彼女が声を出さなくなった。
両方の拳をギュッと握っている。
・・・彼女も近いのか。
さらに興奮が高まる。
さらにスピードを増す。
ギュッと彼女の腰を掴んだ。
同時に彼女も顔を引き上げた。
彼女は握った拳でシーツに皺を作っていた。
俺たちはひとつになっていた。

疲労感で仰向けに倒れ込んだ俺は、崩れた彼女に無理やり腕枕をしていた。
彼女も普段の男勝りが嘘みたいに、可愛い女の子になっていた。
俺がまだ動けずにいると体勢を起こし、彼女が俺の唇にキスをしてきた。
軽いキスだった。
そして、それは全身へのキスになった。
足下までの。
俺自身にもキスをしたが、フェラにはならなかった。
それはそうだ、さっきまで何も知らない処女だったんだから。

「・・・気持ちよかった?」
「・・・そりゃ、もう」

「痛くなかったんだ」
「・・・痛くなかったね」

知識ではあったが、処女でも痛みを感じない女性もいると知っていた。
確率は低いそうだが、最初から快感がある女性だっているのだ。
だるい体を重ね合わせながら、くすぐりあったりキスしあったりと、いちゃついた。
永遠に続けば良かった。
その時間が。

後日、付き合っていた彼女にバレた。
理由は単純だ。
俺が喋ったのだ。
耐えられなかった。
彼女と別れて後輩と付き合おうとしたのだが、別れてくれなかった。
それを最後に後輩とも顔を合わせなくなった。

「好きだ」

ずっとそれだけを言いたかったのに、言えずに卒業した。

彼女が今、何をしているのか知らない。
あれほどまでに俺と彼女を引き裂いた彼女とも別れてしまった。
別れた理由は、向こうに好きな男が出来たからだった。

今でも時々、後輩のことを思い出す。
男嫌いだった彼女が俺にだけ心を開いたのは、どうしてだったんだろう。
忘れることが出来ない、たった1回のセックスだった。