優しくて頼り甲斐があって、誰よりも私のことを大事にしてくれて、そんなパパが小さな頃からずっと好きだった。
周りの友達は、「お父さんなんか気持ち悪い」って言う人が多かったけれど、私にはその人たちの気持ちが全然理解できなかった。

中学生になったくらいからは、毎晩パパのおチンチンを頭に思い浮かべて自分でするようになった。
だからパパの顔を見るとすごく恥ずかしくて、いつも顔をうつ伏せてしまう私を見てパパはとても心配していた。

高校2年生の時に仲の良かった友達と大きなケンカをしてしまった私は、誰にも会いたくなくなって学校を休むようになった。
ずっと部屋に閉じこもって家から出ない日を続けていると、心配したパパが昼休みに仕事を抜け出して様子を見に来るようになった。
毎日じゃなかったけれど、顔を出すときは決まって甘いパンやお菓子を差し入れしてくれて、それをぼそぼそと頬張る私をパパは嬉しそうに眺めていた。
私はただでさえ痩せていたのに、学校を休むようになってからはますます食べなくなっていたから、パパはとても心配していたんだと思う。

パパの安心した顔を見ていたら、なんだか私もすごくホッとして、そして、ずっと傍にいてもらいたくて、ある日、私は仕事に戻ろうとするパパに、「行かないで」って泣いて頼んだ。
パパはとても悲しそうな顔をして、私の頭を撫でながら、「ごめんね。早く仕事を終わらせてまた来るからね」って部屋を出ていこうとしたけれど、私はパパにしがみついて離れなかった。
パパは身動きが取れなくなって、私が落ち着くまでしばらく抱き締めてくれていた。
パパの大きな手のひらに背中を撫でられていたら、すごく落ち着いて、すごく嬉しくて、パパがこの世の中にたった1人しかいない男の人のように思えて、どうしてもこの気持ちを教えたくて、パパを独り占めしたくなった私はパパにしがみつきながら、「セックスしよう」と言った。

その頃の私は、いやらしいことばかり考えるとてもエッチな女の子になっていた。
頭に思い浮かべる相手はいつもパパで、(パパになら何をされてもいい)と本気で思っていた。

パパは驚いていたけれど怒ったりはしなかった。
困ったような顔をして、「今度ね」と笑いながらスルーしようとした。
でも私はどうしてもパパにエッチをしてもらいたくて、ずっとしがみついたまま離れなかった。
でも、どんなに待ってもパパはその気になってくれなかった。
ずっとしがみついているわけにもいかなくて、そのうち大きなため息が聞こえて、私はパパに嫌われたくなくて、「キスだけでいいから」と言ったら、チュッと軽いキスをしてくれた。

その次の日もパパは様子を見に来てくれて、やっぱり私はパパに、「セックスしよう」と言った。
でもパパはやっぱりその気になってくれなくて、「私が可愛くないから嫌なんでしょう」って泣いたら、すごくまじめな顔になったパパが、「お前ほど可愛い女の子はいない」と言って、私の頬にやさしいキスをしてくれた。
すごく嬉しくて何度もキスのおねだりをした。

パパは何回もしてくれて、そのうちキスをしたまま私たちはベッドの上に倒れ込んだ。
その頃にはキスは舌を絡め合うものに変わっていて、パパの手が私の胸に伸びてきた。
おっぱいを揉まれながら、「もう泣いたって許してやらないからな」と言ったときのパパは、私の知らない男の人の顔だった。

私はパパに裸にされた。
嬉しさよりも怖さのほうがずっと大きくなって、パパにしがみつきながら泣きじゃくっていた。

「痛かったら言えよ」って言われたけれど、実はもう私は処女じゃなかった。

パパは私が初めてじゃないかと心配していたみたいだけれど、中学生の頃に付き合っていた人がいて、すでにその彼に奪われていた。
それをパパに教えてあげたら、なんだか安心したような、少し残念そうな複雑な表情になっていた。

「初めてじゃないなら、うんとイジメてやるからな」

それからは本当に恥ずかしいことをたくさんされた。
訳が分からなくなるほど体中を舐められて、アソコやお尻の穴まで舐められて、声も出せないくらいになった頃に、パパはいよいよ私の中に入ってきた。
見た目なんかよりずっと大きくてすごかった。
息が止まるような大きさがあって、私は必死にパパにしがみつくしかできなかった。

前からされたり、後ろからされたり、パパのお腹の上に乗せられて下からもされた。
パパにおっぱいを握られながら意地悪そうな目で見つめられて、すごく恥ずかしいのに下から突き上げられるとすごく気持ちよくて、泣きながら「気持ちいい」とパパに教えた。
最後はお腹の上に出されて、パパは私の上に倒れこんできた。

しばらくは無言で、なんだか怒っているようにも感じたのは、きっとパパが自分自身を責めていたからだと思う。
だから私はパパに何度もキスをした。
ぐったりとしていたおチンチンも積極的に舐めて、またおっきくしようともした。
そのままパパが、「二度としない」と言い出しそうで怖かったから。
一生懸命におチンチンを舐めていたら、パパは優しく私の頭を撫でてくれた。
そして、またおっきくしてくれると、私の身体を持ち上げたパパは私を抱き締めながら舌を絡めるねっとりとしたキスをずっとしてくれた。

それからというもの、パパはお昼休みになると必ず家に帰ってくるようになった。
12時少し前から午後の1時を少し過ぎた頃まで私の部屋で過ごす。
もちろんその間はずっとセックスしていた。
それまではなんの楽しみもなかったのに、パパとセックスするようになってからは、パパが帰って来るのを待つのが楽しくてならなかった。

パパに裸にしてもらうために、家の中でもちゃんとした服を着るようになったし、下着にも気を遣うようになった。
メイクなんか一度もしたことはなかったけれど、パパのためにキレイになりたいと思って、雑誌を読んで勉強するようにもなった。

ご飯もちゃんと食べてパパに心配させないように心がけている。
私が元気になるとパパも喜んでくれた。
嬉しそうに私を抱き締めて、そして何度も情熱的なキスをしてくれて、私が泣いて降参するまでおチンチンでイジメてくれる。
すごく激しくて、でもすごく優しくて、前に彼としたのとは全然違うセックスが嬉しくて仕方がない。

今でも私は学校に行ってなくて不登校のままだけれど、でも大学に行きたい気持ちはあって勉強は続けている。
全然ストレスを感じていないのは、パパがすごいセックスをいっぱいしてくれているからだと思う。
今のところパパ以外の男の人は考えられないし、パパほど私を大事にして可愛がってくれる男の人もいないように思う。
もうパパは私のものだし、私が大学に入ることができたら一人暮らしをして、その部屋でパパと一緒に暮らしたい。

初めてパパとエッチをしたのがちょうど1年前の今日。
なので何か記念を残したくて書きました。