車で30分くらいのところに義母(妻の母)が1人で住んでいます。
実は1年前から義母と男女の関係が続いています。
これには少し珍しくて複雑な事情があります。

義母に私が寝室でビデオを観ながらオナニーをしているところを見られました。
義母は私がいないと思って掃除機を持って突然ドアを開けました。
下半身を露出してペニスを触っている私の姿を見て、「あ、ごめん、いたのね」と言ってそそくさと出て行きました。
久しぶりに我が家に来ていた義母と妻(知美)が買い物に出かけたものと思い込んでアダルトビデオを楽しんでいたのが原因でした。

翌日、義母から電話がありました。

「恵一さん、昨日はごめんなさいね、あなたのお楽しみを邪魔したみたいね」

笑って明るく言いながら、「知美の体が悪いので恵一さんに辛い思いをさせているのですね、すみません」と謝るような言い方をしてくれました。

知美は2人目の子供を産んだあとの経過が良くなく、まったくセックスの出来ない状態が続いていました。
家事などの普段の生活には支障はないのですが、性交しようとするとすごく痛がります。
でも、手や口を使って献身的に私の欲求を満たしてくれています。

義母は深刻な口調で驚きのことを話し出しました。

「元気な恵一さんには申し訳ありませんが辛抱してください。そのうちに良くなるかも知れません。実はかなり前から知美に頼まれていることがあるのです」

義母が意を決したように続けます。

「知美からは、『お母さん、私の無茶なお願いを聞いて欲しい。恵一さんはやさしいからセックスのことは何も言いませんし、私も満足してもらうように色々頑張っています。でもやはり本当のセックスをしたがっていることはよく分かります。欲求不満が溜まるようで、私の目を盗んでオナニーしているのを見ると辛くなります。申し訳ないです、可哀想です。でも外で女性を作ったり浮気されるのは嫌です。もしお母さんが私たちのこと思って割り切ってくれるのなら、恵一さんのセックスの相手をして欲しい』と言われていたのです。でも、『そんなことは絶対にダメ、出来ない』とずっと言い続けていました。でもこの間、あなたのあの姿を目の当たりに見てしまった時から少し気持ちが変わりました。恥ずかしいことですが私も興奮してしまったのです。若いあなたのあの姿は衝撃的でした。あの瞬間、私の下半身が濡れました。恥ずかしいけど、あの後トイレに入って指を使いました。あの日から自分で慰めることが多くなりました。若い頃の体に戻ったのではないかと恥ずかしくなるほどです。ベッドに横になると指は恥ずかしいところに行ってしまいます。一番敏感なところを触るとき、恵一さんの体を思い出します。そうすることで女の絶頂を感じることが出来ます。この年になってこんなになってしまった自分に呆れていますが、もうたまりません。今は恵一さんのためではなく、自分のために知美の言っていたことを受け入れたい気持ちです。こんな淫らな私は軽蔑されても仕方ないと思います。でも恵一さんがそれを許してくれるのなら、この年齢でも恵一さんに気にいられるように精一杯頑張ってみます」

私は本当に驚きました。

「お義母さんのことは知美と結婚した時から素敵な女性として見ていました。きれいで上品なお義母さんを女性としては遠くから見ていることしか出来ませんでした。お義母さんのことを考えながら知美とセックスをしたこともあります。お義母さんの顔を思い浮かべながら射精したことも何度もあります」

「そんなこと言ってくれて嬉しい、ありがとう。私もお父さんに貫かれながら恵一さんの顔を思い浮かべたことがあります」

こうして、思いがけず義母との男女の関係が始まることになったのです。

次の日、義母と知美は会いました。

「恵一さんと少し電話で話したら気持ちが変わった。してもいいかなという気持ちになった。知美ちゃんは絶対に後悔しないよね?」

義母から妻は念を押されたようです。
義母は、欲求もあるし、女としての自信もある、女を取り戻したいというような意味のことも言ったそうです。

「僕とお義母さんが裸で抱き合うんだよ。キスをするんだよ。お義母さんは僕のペニスを口にするかも知れない。お義母さんのあそこにペニスを挿入するんだよ。お義母さんの体の中で射精するんだよ。それでも本当にいいのかい?」

「はい。お母さんと色んなことを話しました。『もう妊娠しないからコンドームを使わなくてもいいでしょ?』と言った時はびっくりしたけど、お母さんのはにかむような、それでいて色っぽい表情にはドキリとしました。あなたに挿入されて体の奥深くに生の精液を受けることを想像しているような表情でした。母の女のとしての顔を見せられた時は複雑な気持ちになりました。でもちゃんとしっかり話し合った結果です。あなたが了解してくれるのなら私はいいですよ。女は好きになった男性でなければ本当のセックスは出来ないものです。だから2人は体の関係だけでなく心から本気で愛し合うようになると思う。でも私の大好きなあなたと、私の大好きなお母さんだったらそんなふうになっても、それはそれでいいと思っています」

知美の決心に驚きました。
知美は義母が自分で慰めているところを見たのかも知れない。
そこで義母の、“セックスを知り尽くした女の疼き”みたいなものを理解できたのだろう。
義母の不満解消と親孝行を同時にできると思ったのだろう、と思うことにしました。

私がしばらく曖昧なことを言っているうちに知美と義母がさっさと段取りを決めてしまいました。
しばらくしたある日、「お母さんが、今度の土曜日に来て下さいって言っています」と知美に告げられました。

土曜日の夕方、私は1人で義母の家に向かいました。
何度も訪れたことのある義母の家ですが、その日は違いました。
ドキドキしながらチャイムを押すと、いつもより派手な化粧をして明るい色のワンピースを着た義母が迎えてくれました。
ワンピースの胸は大きく開いていて谷間がしっかりと見える服装でした。
知美は母親のそんな姿を見たくなかったから一緒に来なかったのでしょう。

義母は照れ臭さを隠すように、「この服いいでしょ?」と言って玄関先でファッションモデルのように体を1回転してスカートをひらめかせました。
太腿がチラリと見えました。
いつも顔を合わせている義母なのに妙にドキリとしました。
義母もこれから起きることを想像しているのか、上気しているように見えました。

「食事にしましょうか。恵一さんの好きなお刺身を準備しましたよ」

私はビール、義母はワインを飲みましたが、静かな食事でした。
食事が終わった後はますます無口になり、新婚初夜のようなムードになってしまいました。

「恵一さん、お風呂にどうぞ」

私はこのムードを変えるために思い切って、「お義母さんも一緒に入りましょうよ」と言うと、「恥ずかしいわ」と言いました。
ダイニングチェアに座っている義母の後ろに回り、「今夜は憧れのお義母さんの体をたっぷり楽しませて下さいね。そしてお義母さんも思いっきり楽しんでください」と囁きました。

「嬉しい、私は夕べから体が火照ってたまらなかったの」

私の耳を舐めるような距離で言葉を返してくれました。
義母の首に手を回して唇を重ねました。
初めは唇を合わせるだけでしたが徐々に動きが出てきました。
舌を差し入れると舌を絡めてきます。
舌を吸うと、「アッ、アッ」と声を漏らします。
左手で頭を抱きながら右手で服の上から豊かな胸を揉み上げるとますます声が大きくなり、柔らかな体をすり寄せてきます。
ワンピースの裾をまくってパンティの中に手を入れようとすると、「お風呂に入っていないから・・・」と優しく拒否されました。

「背中を流しますから先に入っていてね」

義母がバスタオルと下着を渡してくれました。
私が先に入っていると花柄のパンティ、ブラジャーの上にキャミソールの姿で浴室に入ってきました。
私の前では膝を崩すことすらしなかった義母の大胆な姿です。

「可愛い下着ですね」と言うと、「今日のために買ったのよ、レジでは少し恥ずかしかった」などと言いながら丁寧に背中を洗ってくれました。

背中を洗い終わると前に回って、股間にたっぷりと石鹸をつけて洗ってくれました。
アナルに指を入れられた時は異様な刺激でペニスは限界にまで怒張しました。

「こんなに元気なのにごめんなさいね」

アナルに指を挿入しながらペニスしごいてくれました。
その柔らかな指の感触で私の快感はすぐに頂点を迎えました。
義母に向かって大量の精液を発射すると、義母の顔や胸元にべっとりと付きました。

「すみません、お母さんがあまりに素敵だったのですぐにイッちゃいました」

「嬉しいわ、私を女と認めてくれたということね」

義母の下着を脱がせました。
パンティに取る時は自分から足を抜いてくれました。
一糸まとわぬ義母が恥ずかしそうに体をよじらせながら私の目の前にしゃがんでいます。
浴槽の縁に腰をかけさせて足を広げました。
襞を分けると58歳とは思えない綺麗なヴァギナが艶やかなピンクに光っています。

口を使おうとすると、「恥ずかしい、汚れているから」と言いながら手早く自分で股間を洗いました。

浴室のマットに横たえてM字開脚のスタイルをとらせると、「恥ずかしい、恥ずかしい」と言いながらも私が舌を使いやすいように目いっぱい足を広げてくれます。
舌でクリトリスを刺激すると普段の上品な義母からは想像もできないような淫靡な声で、「アーアー、キャー、もっと、もっと」言いながら腰を突き出してきます。

しばらくすると、「いいわ、いいわ、もうイキそう、イカせて」と言いました。

もうしばらく義母の体を味わいたいという気持ちがありましたが、ここはひと思いにイカせてあげようと思い、クリトリスを甘噛みしながらヴァギナに深く指を入れて、中指でGスポットを擦りあげました。
義母は大声で、「イクー、イクー」と叫んでぐったりとなりました。
義母は私の背中に腕を回したまま余韻を味わっています。
ヴァギナはピクピクと痙攣して私の指を咥えているみたいです。

浴室でお互いに一定の満足を得てベッドに移りました。
一度射精したので、落ち着いて義母を扱うことが出来ました。
ピンクのシーツの上に全裸の義母を横たえました。

「恥ずかしい」と言ってシーツで体を隠そうとしますが、それを剥ぎ取って豊満な肉体を責めました。

まずヴァギナとクリトリスを舌でたっぷりと味わいました。
足を持ち上げられて恥ずかしい姿勢になっても義母は嬉々とした表情をしています。
四つん這いにして顔と胸をベッドに押しつけて、ヒップを突き出す姿勢をとらせました。
後ろからアナル、ヴァギナがよく見えます。
自分がそんな恥ずかしい姿勢をとっているということだけですごく興奮していることが、垂れてくる愛液の量でよく分かります。

後ろからクリトリス、ヴァギナ、アナルに順繰りに舌を使うと、口では「やめて、やめて」と言いながらもますますヒップを高く突き出してきます。
体のどこを責めてもすごい反応を示す義母です。
キスをしながら、「お義母さん、どんなことして欲しい?」と聞くと、恥ずかしそうに「もっと舐めて、そしてお尻も」と言いました。
股間に顔を埋めると、義母はM字開脚をして自分の両膝を抱えるというこれ以上はないという恥ずかしい姿勢を自分から進んでとりました。
上品な顔立ちの義母のその姿は感動ものでした。

ヴァギナやアナルに舌を入れたり、指でGスポットを擦り上げたりしていると義母は狂ったように悶えます。
アナルに指を入れても抵抗しません。
アナルセックスの経験があったのでしょうか。
クリトリスをチューチューと音を立てて吸っていると・・・。

「恵一さん、もういいわ、入れて」

義母の両脚を広げるとピンクのヴァギナの入り口が男を誘うようにヒクヒクと動いています。

「お義母さん、入れるよ」

ヴァギナにペニスを宛てがい、腰を沈めると、ヌルッという感じでスムースに繋がりました。
何とも言えない感動の初挿入の瞬間です。
締め付けてくるようなヴァギナの感触を味わいながら、浅く深く、強く弱くピストン運動をしていると・・・。

「ああ、気持ちいい、ああ、深く入ってる、ああ、奥のほうまで入ってる」

義母が喜んでいます。
義母のヴァギナは弾力に富んでいて年齢を感じさせない瑞々しさでペニスを包み込むように動きます。
義母は挿入されたままで4度のアクメを迎えました。
その度に、「いいわー、いいわー、イクーイクー」と叫びます。

5度目のアクメの予感がしてきたとき、「恵一さん、もうダメ、一緒にイッて」と言いました。
私も射精感が高まってきていました。

「お義母さん最高です、僕ももうダメです、イキますよ、イキますよ、アッー」

義母の体内にドクドクと精液を流し込みました。
義母も一段と大きな声で、「ウワー、ウワー」と叫んで私にしがみついて果てました。
義理とはいえ、母と息子が同時に絶頂を迎えた瞬間でした。

義母とのセックスを楽しんでから帰宅すると、知美がちょっと拗ねたような顔で出迎えてくれました。

「お疲れさま、お母さんはどうでしたか?」

「素敵だったよ」

「そうですか、ちょっと悔しいです。私の体調が良くなるまで我慢して下さいね。それまでお母さんのこと、よろしくお願いします」

知美の言葉と覚悟に返す言葉もありませんでした。
妻ながらあっぱれでした。
以来、妻公認で義母に時々お世話になるようになったのです。