2日後、待ち合わせ場所に行くと、ピンクのTシャツに前と同じスカートを着たゆうちゃんが待ってました。

「ごめん、待たせた?」

助手席のドアを開けるとすぐに乗ってきました。

「大丈夫です。今来たとこ」

3日前とは大違いで、まるでデート気分です。

「塾は何時から?親は大丈夫?」

「1時半です。友達と勉強してから行くって言っといた」

ゆうちゃんはこっちを向いてペロっと舌を出します。
今は9時。
中学生を連れて入れそうなホテルが近くになかったので、時間を無駄にしたくなかった俺はとりあえず人気の少ない公園の駐車場の隅に車を停めました。
俺は助手席を倒してやると、下着の横から手を入れ、ゆうちゃんのマンコを触ります。

「あっ・・・ここでですか?」

「うん。外からは見えないから大丈夫」

ゆうちゃんは俺を見上げながら頷くと目を瞑って感じてました。

「はぁ~あっはぁ~」

シャツを捲ると、パンツとお揃いの黄色とオレンジのチェックのブラが出てきます。
それを上にあげ、ゆうちゃんの胸に吸い付きました。
ゆうちゃんはあまり動きませんが、時々足をもどかしそうに動かします。
そうこうするうちにゆうちゃんのマンコは十分に濡れてきました。

「ゆうちゃん、舐めて」

ゆうちゃんは体を起こすと、俺の股間に顔をうずめます。

「うっ!」

3日ぶりのフェラに俺は思わずイキそうになってしまいました。
さすがに賢いだけあって前に教えたことを覚えてるのか、なかなか巧いです。

「ゆうちゃん、前言ったことよく覚えてるね」

「うん、だってリコーダーとかで練習したもん」

一瞬口を離し、照れ笑いしながら言いました。
どうやらこの子は想像以上に好奇心旺盛なようです。
俺はビデオを取り出し、上から撮影を開始しました。
ゆうちゃんは気付いていません。
ゆうちゃんのマンコを弄りながら舐めさせてるとだんだん限界が近付いてきました。
俺は運転席を倒して、シートに寝転びました。

「俺の上に乗って」

ゆうちゃんが俺の上に跨がります。
俺はゆうちゃんのパンツをずらし、マンコに俺のを宛てがうと一気にゆうちゃんの腰を落としました。

「いーーーーーっっ!」

ゆうちゃんの体重で一気に奥まで達します。

「はぁっはぁっ」

まだ痛みはあるようです。

「前教えたようにやってみて」

俺が下からカメラを構えながら言うと、ゆうちゃんは顔をしかめながら頷くと、俺の体に手をつき、目を瞑ってゆっくり上下に動き始めました。

「んっんっんっ」

俺はすでに限界だったので、すぐに発射してしまいましたが、気付いてないようなのでそのまま続けさせました。
そしてこっそりピンクローターにスイッチを入れ、クリに当ててみました。

「んあっ!」

ゆうちゃんがびくっと仰け反り動きが止まりました。

「何?何ですか?」

ゆうちゃんは目を開け、警戒してます。

「気にしないで続けて」

「はい・・・んんっ・・・はぁはぁ」

ローターを押し付けるたびに動きが止まります。
その動きもだんだんゆっくりになってきました。

「だめ!だめだめ!うはっ!!あっあっ」

ふいにゆうちゃんは膣を収縮させたかと思うと俺の上に倒れ込んできました。
俺は休ませずにクリにローターを密着させました。

「んああっ!はぁ」

俺に体重を預けたまま、時折びくっと腰が跳ね、締め付けてきます。
視線は虚ろで、ここが駐車場だということは完全に忘れてるようです。
だんだんイク間隔が短くなっていきます。

「うああっ!」

ついにゆうちゃんの膣はビクビクと痙攣を始めました。
ゆうちゃんは俺に腰を押し付けると体をぴんっ仰け反らせ、崩れ落ちました。

「うっ!」

腰を押し付けられた瞬間、俺はゆうちゃんの奥深くで放出しました。
ビクビクと痙攣し続ける膣が俺の全てを絞り出します。
俺は完全に気を失ったゆうちゃんを抱き締めました。
時計を見ると12時前。
俺はゆうちゃんが起きるのを待つことにしました。
ただ待つのも暇なので動いてみると、まだピクピク痙攣してて気持ちいいです。
しばらく動いてるとゆうちゃんが目を覚ましました。
抜いて、助手席に寝かしてあげます。
ぼーっとしてるのであそこを拭いた後、お茶を飲ませて休ませてあげました。
落ち着いた頃に塾の近くに送ってあげました。

「じゃあな。勉強頑張れよ」

「はい。あの、明日も会いませんか?」

驚いて黙っているとゆうちゃんはどんどん赤くなっていきます。
どうやらセックスにはまってしまったようです。

「いいよ。じゃあ明日は制服を持って来てよ」

「はい」

ゆうちゃんは笑顔で答えました。
車から出ようとした時にゆうちゃんはいきなり転んでしまいました。

「どうしたの?大丈夫?」
「体に力が入んない。なんか足とか痺れてる感じ」

「無理そう?」
「ちょっと無理かも」

ゆうちゃんは苦笑いをしています。

「も少し休んでいこっか」

その後、1時間ほど車の中で休んだ後、ゆうちゃんはふらふらながらも塾へ向かいました。

「んっんっんっ!」

今日もセーラーの夏服姿のゆうちゃんが俺の上で踊ります。
朝迎えに行って公園の駐車場に直行し、俺の車に置きっぱなしのセーラー服に着替えさせると、すぐ自分で入れてくる。
そして自分で動き続け、俺がイクと満足するのか、それで終わり。
午後の勉強に響くため、最後まではイカないようにしてるみたいです。

それが今日で5日目。
俺はゆうちゃんに飽き始めていました。
確かに締まりは良く、中に出せるし、自分は何もしないでも動いてくれるので楽なのですが、初めて交わった時のような興奮は得られませんでした。

「ゆう、イクよ!」

俺はゆうちゃんの腰を押し付けると奥に発射しました。

「はあっはあっ・・・気持ちよかった?」

ゆうちゃんはにっこりと聞いてきます。

「うん、良かったよ」

「良かった~。じゃあ舐めるね」

ゆうちゃんは抜くと当たり前のようにチンポを咥えます。
しばらくそうさせた後、着替えさせ、いつものように送って行きました。

次の日のことです。
朝待ち合わせの場所に行ってもゆうちゃんはいませんでした。
帰ってメールを見ると、ゆうちゃんから届いていました。

『すみません。塾をさぼったのが親にバレてものすごい怒られました。最近全然勉強できてなかったし、やばいと思うのでもう行けません。すみません」

俺は一瞬ヒヤッとしましたがエッチのことはバレてないようです。
ゆうちゃんの生理予定日まで後10日弱。
もしも妊娠させてたとしたら、これがいい引き際かなと思うようにしました。

『明日、最期にもう1日だけ付き合ってくれない?制服もまだ車の中だし』

俺はゆうちゃんにそう返信しました。
しばらくすると、『わかりました。本当に最後ですよ』と返事が返ってきたので、俺はすぐ明日の準備を始めました。

次の日、会うとさっそくホテルへ向かいました。
車の中でゆうちゃんは昨日ドタキャンしたことを何度も何度も謝ってきます。

「いいよ。謝るより舐めてよ」

「うん」

ゆうちゃんは運転中の俺のモノを舐め出しました。
イキそうになってくると一旦やめさせ、ローターを渡しました。

「着いたらすぐ入れられるように、これ使って濡らしといて」

「えっ、自分でですか?」

「うん。オナニーしたことあるって言ってたよね?」

ゆうちゃんは少しローターを見つめた後、スイッチを入れ、右手をスカートの中に入れました。

「はぁっ!」

口から吐息が漏れます。

「ううううはっ・・・ああ・・・あっ!」

しばらくするとイッたようで、前のめりにうずくまり息を荒くしてました。
パンツだけ脱いでおくように言い、その調子で続けさせると、ホテルに着く頃には3回は果てたようでした。
ホテルに着くと、さっそくベッドに寝かせ、そのまま挿入します。

「ううん・・・」

ぐっしょり濡れてるせいか、いつになくあっさり奥まで達します。
俺はゆっくり腰を動かし始めました。

「あっあっあっ」

いつもより喘ぎ声が大きいです。
すぐに声の質が変わり始めました。

「あっ、だめだめ~、うっあっ!」

ゆうちゃんの体が硬直します。
ゆうちゃんは余韻に浸るようにぼーっとしています。

「イクよ!」

俺はゆうちゃんの子宮に向けて発射しました。
ゆうちゃんから抜くと、いつもは閉じてしまい、精子も漏れてこないマンコが開ききっていて、中から少し白いものが出てきました。

それから1月後、久しぶりに連絡に使っていたフリーメールを見ると、ゆうちゃんからのメールが大量に来てました。
最初のメールを開けると、『生理がまだ来ないんです。安全日って妊娠しないんですよね?』と。
後のメールは、『とにかく連絡ください』というのがほとんどでした。
俺はすぐにアカウントを削除しました。