<スペック>
俺:普通体型のフツメン(だと思いたい)。
奥さん:157センチ程度、Eカップ、ちょっと細身。

奥さんとは19歳くらいからの知り合い。
すでに15年くらいの付き合いになる。
お互い仲はいいけど付き合うタイミングもなく、お互いに彼氏彼女がいるけど友達以上恋人未満。
何年かするとお互いに結婚。
そしてお互いに離婚(笑)

そして先に彼女が再婚し、幸せになったんだと思っていた。

『久々に会いたい』と彼女からメールが来た。
で、会うことになった。

俺「久々!家族仲良くしてるん?」

彼女「子供は可愛いよぉ」

俺「子供は?」

彼女「うん。なんか旦那は全然相手にしてくれんし。夜ね」

俺「自分から誘ったら?」

彼女「誘ったよ!何回も。でもせんのよ」

俺「疲れとるんじゃないん?」

彼女「それだけじゃないみたい。この前携帯見たら女と仲良さげにメール・・・」

俺「マジ?旦那にそのことは?」

彼女「言った。なんか支離滅裂な話で疲れちゃった」

俺「なら話を聞いて欲しくて俺に連絡してきたん?」

彼女「うん。ごめんね。忙しいんやろ?」

俺「いや、今日はこれからなんもないから、ゆっくり話したらいい」

彼女「ありかと・・・。旦那も◯◯(俺)くらい優しかったらなぁ」

俺「今なら俺フリーやし、内緒で付き合うか?」

彼女「ほ、ほんと?ほんとなら嬉しい」

俺「マジか?それって俺とエッチもするってことやぞ?」

彼女「◯◯ならいいもん。◯◯の部屋に行こ?」

俺「お、おぅ」

そこから俺の部屋へ移動。
部屋に着くなり、彼女はべったりくっついてきた。
そして無言のままキス。
どんどん彼女の息が荒くなる。
俺は服に手を入れブラホックも外し、服を捲る。

彼女「恥ずかしいよぉ」

俺「そんなこと言って、すごい乳首立ってるじゃん」

彼女「気持ちいい・・・。◯◯のものにして?」

彼女からも責めてくる。
唇や舌の感触がすごく気持ちいい。
俺は彼女を全裸にし、下を触るとかなりヌルヌル。

俺「すごい濡れてるね。入っちゃうくらい」

彼女「やだ、言わんで!」

俺「下も舐めるよ」

彼女「汚いよ・・・。でも舐めて欲しい」

クリを優しく舐めたり吸ったり、舐める速度を上げてると・・・。

彼女「あ、あっ、いやぁん。もうイッちゃう!」

腰を浮かせてビクっとしてぐったり。
でも、そのまま舐め続ける。

彼女「だめ!いったから敏感なん!またイッちゃう!」

彼女は連続イキ!

彼女「◯◯のも舐める!なんか悔しいw」

まるで恋人状態。
パクリと俺のを咥えて嬉しそうな彼女。
そしてめっちゃ気持ちいい。
こんな嫁をほっとくとは!

俺「マジ今までで一番気持ちいいわ」

彼女「ふふ、嬉しい。もっと気持ち良くなって」

マジ可愛い!

彼女「◯◯は上に乗られるのは嫌い?」

俺「いや、めっちゃ好き」

彼女は騎乗位に。

彼女「ゴムは無くてもいいよね?」

俺「大丈夫なんか?」

彼女「うん。旦那以外、初めて生でしちゃう」

なんて言いながら、ゆっくり腰を下ろす。

彼女「ん・・・。はぁん。ん!ん!あぁん」

俺「可愛い声出すねw中、すごい気持ちいいよ」

彼女「ほんと?◯◯のもちょうどいいとこに当たる。なんかイッちゃうの早いかも。いい?」

俺「もちろんいいよ」

彼女「良かったぁ。あ!あ、あぁん・・・気持ちいい!もうイッちゃうの。イクゥ!!」

次はバック。
濡れ具合や締りがちょうどいい!
静かな部屋に音が少し響く。

パンパン!パンパン!

彼女「奥に当たるの!ねぇだめだよ!また・・」

俺「また、何?」

彼女「イッちゃうのー!◯◯のでイカされちゃう。イクゥ~!・・・ハァハァ、気持ちいい・・・。◯◯も気持ちいい?」

俺「めっちゃ気持ちいいよ」

そして正常位に。

彼女「ねぇ、キスして?ずっとギュってして」

リクエストに応える。

彼女「ん、ん、はぁ。ん、んん!」

俺「イキそうになってきた!」

彼女「いいよぉ。来て!気持ちよくなって」

俺「出すよ、お腹でいいよな?」

彼女「うん。出して、いっぱい出して!」

俺「あぁ、イクよ。あ!イク!」

抜こうとしたときにガッチリホールドされた。

俺「え?あ、出る!」

で、中出し。

彼女「まだ抜いちゃだめぇ。全部出してぇ」

俺「まずくない?もしかして最初からそのつもりで?」

彼女「うん。ごめん。今日は大丈夫なの。だから◯◯のが欲しかったの。前から考えてたの」

なんかめっちゃ可愛くて、入ったままイチャイチャ。
抜いてからもイチャイチャしてたらまた大きくなって・・・。

彼女「嬉しい。またしたくなってくれてるの?」

俺「あんなに気持ちよくなったら、そりゃあね」

彼女「口でしたいの!いい?もう一つしたいことがあるから」

俺「ん?いいよ」

さっきより激しくていやらしいフェラ。
気持ちよ過ぎて出そうに。

俺「出ちゃうよ。気持ちよすぎ!」

彼女「うれひぃ。このままだひていいよ?」

咥えたまましゃべる彼女。
2発目も結構出た。
出し切るまで吸ってくれる。
そして、ゴクン!と飲み込む。

彼女「◯◯のが飲みたかったの。好きな人のは飲めるの。もうこの先、◯◯のしか飲みたくない」

その後、私も結婚しましたが、今でもたまに連絡は取ってます。
会うといつも口でしてくれるし、必ず飲んでくれます。