私は最愛の息子と関係を持っています。
きっかけは高校2年生の息子が彼女を家に連れて来てはセックスをする日々が続き、嫉妬から息子に注意をした時でした。

「お母さんがセックスさせてくれたら、彼女や他の女の子とセックスしたりしないよ」

最愛の息子は優しい笑顔で答えました。
単身赴任の夫には愛人がいて、私は5年以上男性の温もりを忘れていました。
そんな最中に思わぬ息子からの告白。
私は震えが止まりませんでした。
母子相姦という恐ろしいことを口にする息子、それを心の中で喜ぶ私。

「お母さん、僕知ってるよ。時々僕のベッドに潜り込んでオナニーしてるでしょ」

息子の瞳は純粋で、私を責めているのではないことがわかりました。

「僕、ベッドにお母さんの匂いが残ってるのを知ってたよ。5年くらい前から、それで僕、お年玉で監視カメラを買って部屋につけたら、お母さんが全裸になって僕のベッドに潜り込んでオナニーする画像が残ってたんだ」

「もう言わないで」

私は膝から崩れ、顔を覆いました。

「ごめんなさい、いやらいしお母さんで」

涙が止まりませんでした。
夫に裏切られ、溜まったストレスを自慰をすることで発散させていました。
やがて激しい刺激を求め、息子の匂いのついたシャツに包まれオナニーをして、息子に激しく突かれる妄想をすると異常に興奮したのでした。
それはエスカレートして、息子の部屋で全裸になり、ベッドに入り、ゴミ箱から見つけた息子の樹液のついたティッシュに口付けしながらオナニーをするようになったのです。

「お母さん、僕、お母さんが大好きだよ。お母さんも僕のことが好きなんだよね。だからお互いの気持ちに素直になろうよ」

息子の優しさが嬉しかった。
私には息子しかいない。
そう思うと愛しさが募りました。

「お母さん、優のこと大好き、愛してる。だからあなたに嫌われたくないの」

「わかってるよ。だから僕の気持ちもわかって」

突然、息子の口唇が触れました。
胸がキュンとして、私は息子を抱き締めました。

「優、あなたは優しいのね。お母さんを抱いて、あなたとひとつになりたい」

心からそう思いました。

「大好きだよ、お母さん。僕のベッドでひとつになろう」

息子の部屋に入ると抱き締められ、キスをされました。
息子の手が私の背中やお尻を優しく撫で回します。
その優しいタッチだけでも息子が女性の扱いに慣れていることがわかります。
キスは軽く口唇を吸われたと思うとすかさず舌が入ってきて私の口腔を愛撫してくれました。
それだけで目眩がするほどの快感が私を包みました。

「お母さん、キスだけでとろけちゃうよ~」

私は甘えた声を出して息子にしがみつきました。

「お母さん、可愛い。僕、お母さんが5年前に髪を短くした時、『凄い似合ってて可愛い』って言ったでしょ。あれからずっとお母さんに見惚れてたんだよ」

私より10センチ背の高い息子は髪を撫でてくれました。
夫に裏切られ、長かった髪をバッサリ切った時に、まだ小学生だった息子が可愛い笑顔で私を褒めてくれました。
その笑顔がずっと私を支えてくれていました。

「優、お母さん、あなたに抱かれたいの」

私は息子の口唇を吸い、舌を差し入れました。
舌を絡めながらスカートを脱がせてくれる息子。

「あん」

パンティの上からお尻を揉まれると吐息が漏れてしまいました。

「やっと大好きなお母さんとセックスできる」

息子は小さい時から変わらない愛くるしい笑顔で私のブラウスのボタンを外し、脱がせました。
もう一度私を抱き締め、そしてブラのホックを外し、ブラとパンティを脱がせてくれました。
全裸の私はこの時を待ち望んでいたことを思い出しました。

「お母さんだけ裸なの?」

息子の首に両腕を絡めて身体を密着させました。

「お母さんの身体、とっても綺麗だよ。ずっと見たかったんだ」

息子の手が私の身体を撫で回すだけで私の花弁が蜜を溢れさせていました。

「優、お母さん、凄い感じてるの」

息子の巧みな愛撫に私はセックスの快感を覚えたての少女のように翻弄されていました。

「お母さんの身体、舐めさせて」

そう言って息子は軽々と私をベッドに横たえました。
全裸の私を見つめる息子。
それだけで感じてしまうほどでした。

「そんなに見ないで」

私はCカップしかない胸を腕で隠す仕草をしました。

「綺麗だよ、お母さん」

息子は上半身裸になると私に覆い被さりました。
口唇、頬、首、舌が這うだけで私の口から快楽の吐息が漏れてしまいました。
乳房を優しく揉まれ、乳首を舌で転がされると身体を大きく仰け反らせてしまうほどの快感に襲われました。

「ああん、いい、お母さんとっても気持ちいい、優、愛してる」

私は息子の髪を掻き毟りました。
強く乳首を吸われると、「ああ~ん」と大きな声を出してしまいました。

「お母さん、敏感だね、可愛いよ」

息子の愛撫は、おへそから下腹部へと進みました。

「お母さんのオマンコ、綺麗だ~」

息子の卑猥な言葉が私の理性を奪いました。

「やだ~、お母さんのオマンコ、凄い濡れてるの、恥ずかしい、そんなに見ないで」

言葉とは裏腹に息子の視線に痛いほどの快感が溢れました。

「お母さんの濡れてるオマンコを舐めるよ、いい?」

息子の笑顔が一瞬見えて、次に今まで味わったことのない快感の波が私を包みました。
最愛の息子に女として一番感じる部分を舐め回され、私は一瞬にして絶頂に達してしまったのです。
身体に力が入らず、それでいて心地よい温もりを感じて目を開けると、そこには息子の笑顔がありました。

「お母さん、イッちゃったんだね」

息子のいたずらっぽい笑顔は小さい頃から全然変わっていませんでした。

「そんな可愛い笑顔でお母さんを見つめないで」

息子の頬に触れると赤ちゃんの頃とは違って肌が少しざらついていました。

「ついこの間まで赤ちゃんだったのに・・・」

私は愛しい息子を引き寄せ、キスをせがみました。

「今でも赤ちゃんだよ」

息子は軽く口唇に触れただけで焦らすかのように私の腕からすり抜け・・・。

「だからお母さんのおっぱいが大好き」

そう言うと乳房に吸い付きました。

「ああ~ん、赤ちゃんはそんなエッチな吸い方しないよ。あん、いい、優、お母さんまたおかしくなっちゃう」

息子の乳房への愛撫は絶妙でした。
舌で乳首を転がしながら口唇で乳房に刺激を与え、手でもう片方の乳房を強すぎず優しすぎす、リズミカルに快感を与えてくれました。

「お願い、お母さんにも優のこと舐めさせて」

こんなにも男性を愛撫したいと思ったのは、この時が初めてでした。
主人のモノはほとんど舐めたことがありません。
そのせいか、「お前とのセックスには面白味がない」とよく言われました。
息子が身体に力が入らないのを知ってか、そのいきり立った肉棒を目前に突き出してくれました。

「大きくなったのね」

男性器を初めて美しいと思いました。
天井を向いているそれはとても熱く、それでいて愛らしく、手で引き寄せてカリの裏側に舌を這わせると、ぴくんと弾けました。
先端の雫を舌先で舐めとって、カリ全体を口に含みました。

「お母さん、気持ちいいよ~」

息子の可愛い声が幼い頃の思い出と重なりました。
私はもう限界でした。

「優、お母さんの中に来て」

「お母さん」

息子の甘えた声が耳元をくすぐり、そして待ちに待った熱い昂りが私の中にが入ってきました。

「ああ~ん、優、お母さん嬉しい。あなたとひとつになれたのね」

息子は体重をかけずに肌を密着させてきました。
経験豊富なことがわかりますが、それが気にならないくらい私は息子のもたらす快楽に身を委ね、そして女として、母として、最高の幸せを噛み締めていました。

「お母さん、僕イッちゃいそう」

「いいよ、お母さんの中で、優!」

私は息子の身体に手足を絡めました。
息子と初めてひとつになれたこの幸せを、息子の体液を子宮に浴びて、より深いものにしたかったのです。

「お母さん、イク、ああ・・・」

息子が膣内で果てる寸前、カリがより硬さを増して私を絶頂に導いてくれました。
私たちは長い時間繋がったまま、お互いの温もりを享受して、幸せに包まれていました。