ここはある地方のホテルのツインルームです。
私は片方のベッドに寝ながら妻のベッドを見ています。
毛布がすっぽり被さっていますが、だいたいの動きはわかります。
そうです、妻は男と一緒に同じベッドにいるのです。
恥ずかしいからと言って、すっぽりと毛布を被ってしまったのです。
もちろん妻も男もたぶん素っ裸で抱き合ってもぞもぞしています。

やっと私たち夫婦の念願が叶ったのです。
今まで妻とセックスのたびに想像してきたことが・・・。

今まで、妻に浮気のおまんこをさせたいと何度も言ってきました。
妻は、「いやねー、変態よ、それって」などと言っていましたが、本音は満更でもない様子でした。
そして少しずつ目覚めてきて、最近ではとうとうセックスの時に喘ぎながら・・・。

「色んな男の人におまんこされたいー!色んな男の人にされたいの」

などと言うようになりました。
妻の口からこういう言葉を聞くと、まるで妻が娼婦になったみたいでゾクゾクしてきます。
そして、どこかの男を想像させながら、私はその男になりきって妻のおまんこに挿入します。
たいがいこういうとき妻は、「私・・・私・・・おまんこされちゃうの・・・ああ・・・おまんこされちゃうのね」と言いながらイッてしまいます。

妻は33歳で体の線もまだまだ魅力的で、今が“させ盛り”です。
ところが、なかなか自分で浮気をするところまではいきません。
一旦セックスモードになってしまえば卑猥なことも口走るのですが、普段は良い子の奥さまでそんな素振りも見せません。
妻と旅行の度に何度か挑戦したのですが、いざとなると妻が怖がってなかなか上手くいきませんでした。

今回はお酒が入っているせいもありますが、出張で同じホテルに泊まっている男とバーで知り合って気が合ったのです。
最初は「どちらから?」などという会話から、「美しい奥さんとご旅行なんて羨ましいですな」などと言いながら、彼は妻の体を舐め回すように見ています。
私には、明らかに女に飢えているスケベな中年男に見えますが、妻の目にはやさしそうで素敵な男性に見えている様子です。
彼は30過ぎぐらいでがっちりした体格。
髭が濃くてやり手の商社マンといった感じの男で、結構色んな女と遊んでいそうな感じです。
彼も妻子持ちですが出張続きで・・・ということで、単純に女が欲しかったようです。
私はこの男と話しながらズボンの中でいきり立っているムスコをなだめていました。

「夫婦だけで寂しいから私の部屋で一緒に飲みませんか?妻も喜びますから」

そう言って男を誘いました。
彼も乗ってきて部屋で飲みましたが、妻もかなり酔ってきて、少しずつその男にしなだれかかるようになりました。
私がニコニコしているのを見て彼も少しずつ大胆になっていき、妻の太ももに手を置いたりしています。

「いいんですか?奥さん、飲むとさらに美しくなるタイプですね」

お世辞を言って妻を喜ばせます。
妻はミニスカートから太ももが露わになっていて、夫の私から見てもその奥に手を差し入れてみたくなります。
妻がトイレに行った隙に彼に話しました。

「妻はあなたと浮気したがっています。よろしかったら妻と遊んでもらえませんか?」

最初は驚いた様子でしたが、「ご主人のいる前じゃちょっと・・・最初だけ奥さんと2人っきりにしてもらえます?」と言うので・・・。
私は頃合いを見計らって、お酒を買って来るからと言って部屋を出ました。
本当は私の居ないときの2人の会話とか、妻が脱がされるときの様子など見たり聞いたりしたかったのですが、心臓がドキドキして、テープレコーダーをセットするどころではなかったのでした。

しばらくしてそっと部屋に戻ると、薄暗い照明の中で妻と男は裸で抱き合っていました。
妻は私が帰って来たことに気がつくと、恥ずかしがって毛布の中に潜ってしまったのです。
私は隣のベッドにそっと入り静かにしています。
私のムスコは痛いほど怒張して今にもイキそうです。
やっと妻のおまんこにハメてもらえる男が見つかったのです。
それとも、もうやられてしまったのか?

押し殺した妻の声が聞こえます。
2人はさっき知り合ったばかりとは思えないくらい仲睦まじく抱き合っています。
毛布の中なので見えませんが、たぶん長いキス。
男の手は妻の胸から下腹部へと下りていきます。
妻も男がやりやすいように脚を開いている様子。
たまりかねた妻が声を漏らし静かな部屋に響いています。
聞き慣れた妻のよがり声が違う女のように聞こえます。

妻も初めての男で興奮しているのでしょう。
1人では怖くて浮気などできない妻も、夫が側にいてくれる安心感もあるのだと思います。
私の勃起はもう我慢の限界に来ていますが必死にこらえています。

隣のベッドで、可愛い妻が見ず知らずの男におまんこを弄らせて切ない声を聞かせている・・・。

妻の体が海老反りになって毛布が落ち、2人の形が影絵のように見えました。
そして誰はばかることなく切なく喘ぐ妻の声がホテル中に響き渡ります。

「あ~ん・・・私・・・私おまんこされちゃうの・・・ああ・・・おまんこされちゃうのぉ」

私に聞かせるために言っているんだと思いますが、妻は何度も言いながら自分で興奮していきます。
とうとう妻はその男に貫かれました。
彼も狂ったように妻のおまんこにぶち込んで突きまくっています。
妻はもう私がいることなど忘れてその男にしがみついてイキまくりました。
私は中出しされてもしょうがないなと思っていましたが、彼は最後、妻のお腹の上で射精してくれました。
終わった途端、恥ずかしくなったのか彼はそそくさと自分の部屋に帰ってしまいました。
その男が帰ったあと、妻は私のベッドに飛び込んで抱きついてきました。

「とうとうしちゃったのね、悪い人、私、体が変になりそう・・・まだジンジンしてる・・・何人でもできちゃいそう・・・ああ、癖になっちゃったらどうするの?」

「彼、良かった?」

「すごい・・・こんなにイッたの初めて・・・あなたとはまた違うのね」

そう言いながら私のチンポを握ってきました。

「ああ・・・どうしよう、また濡れてきちゃった・・・。ねえ、体がおかしくなっちゃったみたい」

妻によその男とおまんこさせておきながら私の心は矛盾していました。
妻がもっと嫌がると思っていたのに、実際は妻の方からキスしていったのも嫉妬の種でしたし、あんなによがるとは思っていなかったのです。
私はさっきまであの男が挿入していた妻のおまんこをつくづく見つめていました。

(ん?)

白い液体が流れ出ています。

「あいつ、中出ししちゃったのか?」

「・・・だって、あなたが部屋を出てって言ってすぐよ、いきなり・・・洋服着たまんま入ってきちゃったの。あなたはいないし、もう犯されてるみたいでゾクゾクしてきちゃって、あっという間に彼、中でイッちゃったの。あなたが帰って来たのはその後だったの」

私は妻のおまんこに挿入しました。
たった今、あの男が入れていたおまんこはぐじゅぐじゅでした。
妻はキスを求めてきます。
あの男と舌を絡めていた妻の唇・・・妻は私の舌を吸います、あの男と同じように。
そして私は思いっきり妻のおまんこの中に射精しました。

次の日、電車の中で妻は、「やっぱりああいうことはしちゃいけないのよ、もう止めましょう」と言いました。
私もその時は、やはりそうかもしれないと思ったのでしたが、しばらくして妻とセックスした時、「あの時の彼、どうしてるかなぁ?」という話になり・・・。

「彼ともう一度したい?」

「・・・したい」

そして興奮してくると、「私、ホントは色んな人にされたいの」と言って私をその気にさせる妻なのでした。