最近、私たち夫婦にとって刺激的な展開が訪れました。

先日、妻がマンションの上の階の奥さんから、ある雑誌を借りてきました。
いわゆるレディースコミックというやつです。
中身は過激な体験談やマンガ、セックスの悩み相談、あるいは体位やテクなどの記事が書かれていました。


「なんだよこんなもん借りてきて、上の奥さん欲求不満なのか?」
「違うのよ。息子さんが読んでたのを取り上げたんだって」

「あ、そういうことか」
「それより、ここ見て、これ面白そうじゃない?」

そこにはあるアダルトビデオ制作会社の求人募集広告がありました。
ビデオに出演する女性、男性を募集していて、『夫婦も可』となっていました。

「ほー、こうやって募集するんだ。応募する人いるのかな」

などと話をしていました。
それから数日後、なんとそのビデオ会社のスタッフから電話が・・・。

「◯◯◯さんですか?ビデオ出演のことでお電話いただきましたが・・・」

話を聞くと、妻が夫婦で出演することに興味を持って、どうやら勝手に電話をしてみたらしいのです。
ですが、説明を聞いているうちに恐くなって電話を切ってしまったというのです。
そして数日後に折り返し電話がかかってきたというわけです。

「私が亭主ですが、どんなご用件で?」
「奥様がご夫婦で出演してみたいとおっしゃられたので」

「そ、そんなことを・・・」
「他の男性とセックスはできませんが、主人となら・・・とおっしゃいまして」

しばらくそのスタッフと話をしているうちに私はあることを思いつきました。
私は自宅近くの喫茶店をスタッフに教えると、後日、妻を喫茶店に呼び出してくれるようにと指示しました。
妻が喫茶店に来た場合は、すぐに私に連絡して欲しいともお願いしておきました。

数日後、スタッフから呼び出しの電話を受けた妻は喫茶店に出向きました。
何度も電話で断ったとのことですが、近くまで来ているというので、仕方なく会って断るために行くことにしたのでしょう。

「奥さん。はじめまして。充分お綺麗じゃないですか!いいビデオが撮れますよ」
「さっきも言ったように、興味があっただけで、やっぱりできません」

「ところがですね。先日、お宅にお電話してご主人と話したんですよ」
「えっ、主人とですか?主人も断ったでしょう?」

「はい。ご主人は仕事先にばれたりしたら困るので出られないと」
「そうでしょう。私も出られません」

「いいえ、ですが、奥さんの出演には賛成してました」
「ええっ、嘘です。そんなはずありません!」

「いいえ、ここに契約書の判もあります」

男は契約書を見せて説明しました。
妻はじっくりと契約書全体に目を通しましたが、私の筆跡を見て話を信じたようです。
私は確かにスタッフと妻の出演について交渉し、ファックスで契約書を送信してあったのです。
その際、妻の顔には必ずぼかしを入れること。
ビデオは関東地方では販売しないこと。
自宅で撮影する際は近所に知られないように撮影すること。
男優には病気がないかちゃんと検査させること。
SM、スカトロは行わないこと。
挿入の際はコンドームを使用すること。
などを約束しました。
そして、それ以外の項目にはすべてOKの欄にチェックしました。
アナル、3P、顔射、口内発射、胸射、中出し、レズ、ディープキス、サンドイッチファック・・・。

妻はスタッフから、「旦那さんのご希望ですから、旦那さんを喜ばせてあげましょうよ。お二人のためにもなりますから」と説得され、吹っ切れた様子でスタッフと自宅のマンションに向かっていきました。

乗り付けたワゴン車からは数人の男優らしき男が降りてきました。
私はスタッフからの電話で喫茶店に駆けつけ、建物の陰から妻の後ろ姿を見送っていたのです。
そして私の自宅で妻のAV撮影が行われたのです。
私のいない時に私の自宅で、妻は他の男とセックスをしてしまったのです。
しかも、その日会ったばかりの複数の男達と・・・。

その日の夜、私は興奮した気持ちを隠して、普段と変わらないように帰宅すると、玄関先で妻はいきなり私に抱きついてきました。

「お願い、今すぐにして・・・」

そう言って私の股間を弄ります。
私は紅潮した妻の顔を見て興奮してしまい、そのまま妻を寝室に連れて行きました。
普段よりも妻が燃えている様子を見て私は全てを悟りました。
それ以上余計な会話はしませんでした。
どんなことがあったのかは聞く必要がありません。
すぐに全てが明らかになるはずですから・・・。

それから約2週間後のことです。
ビデオが郵送されてきました。
妻は買い物に出かけて居ませんでした。
私は興奮して封筒を破ってビデオを取り出し、震える手でカセットをビデオデッキに入れると汗ばむ指で再生ボタンを押しました。
ビデオはタイトル画面なども一切なく、いきなり私のマンションの玄関前から始まっていました。

「お邪魔しまーす」
「はい」

「今日はですね、ビデオに出演希望という奥様の自宅に来ています。旦那さんは会社に行って留守なんですよね」
「はい」

私に送られてきたビデオは修正前の物でした。
妻の顔もはっきりと映っています。
販売する際は約束通り修正されることになっています。

「奥さん、緊張してますね。では、まず自己紹介からお願いします」

妻は自己紹介の中で、スリーサイズ(バスト88・ウエスト63・ヒップ90)や、結婚後の夫婦生活、抱いている密かな願望などを口にしていました。
妻の願望は、「複数の男性に攻められてみたい」というものでした。

「それではさっそく奥さんの願望を叶えてあげましょう。では、男優さん、お願いしまーす」

2人の若い男性が妻の両側に座りました。
1人は逞しい体でピンクのビキニパンツを穿いています。
もう1人は茶髪で細身で贅肉のない日焼けした体です。

「こんにちは、奥さん。よろしくお願いします」

「え、はい」

「奥さん綺麗ですね。旦那さんが羨ましいです。さーて、この辺から攻めちゃおうかな」

2人は両側から妻の耳に息を吹きかけたり、服の上から胸を揉みはじめました。
妻は微かに「あっ!」という声をあげてたりしていました。
そんなシーンがしばらく続いたあと、男性はミニスカートから出ている妻の太ももを擦ります。
そして両側から少しずつ脚を開いていきました。
パンティーが見える状態になると、その部分がアップで映し出されます。
もうそこは薄っすらとシミが浮き出ていました。
パンティーの上から男は妻のアソコを指で刺激しました。
妻は大きく仰け反り、「ああ」と声をあげ、かなりの反応を示しています。
そしてとうとう妻の白いパンティーが引きずり下ろされたのです。
そこには濡れて光っている、私がいつも見ている妻のアソコが映っています。
慣れ親しんだ私の穴が、今日は違う男性に、それも2人の男性の自由にされるのです。

男達は両側から人差し指を穴に挿入し、妻の秘部を横に広げると・・・。

「すっごい、奥さん、ひだひだが見えてます。やらしいな~」

などと穴を覗き込むようにして観察しています。
私は嫉妬よりも興奮の方が勝った状態で夢中で画面に観入りました。
そして私は最高に勃起し、痛いくらいの状態になりました。
ビデオ画面にはカウンターの数字がすごいスピードで表示されています。
それが妙にリアルさを醸し出していました。

片方の男が妻の脚を大きく広げて上に持ち上げました。
そしてもう1人の男性がその脚を手で押さえていました。
男は妻の股間に顔をうずめていきます。
男は妻の秘部に舌を差し込み、溢れる女蜜を舐め取っています。
妻は首を横に振るような仕草を見せますが、「あうっ、あうっ」と声を漏らします。
最初のうちはソファーを掴むようにしていた妻の手は、いつの間にか男の頭を押さえたり、髪を掴んだりしていました。

(妻が他の男の頭を押さえて、自分のオマンコを舐めさせている・・・)

このシーンで私の嫉妬は頂点に達しようとしています。
妻はさんざん舌で攻められた挙句、何回かイッてしまったようでした。

次のシーンは妻の笑顔から始まりました。
妻の顔がアップで映っています。
ニコニコして、いつもながら可愛い私の妻です。
次第にカメラが遠ざかっていきます。
妻は両手を肩の高さまで上げているようでしたが・・・次の瞬間、すべてがわかりました。
妻は両手に男優のペニスを握っていたのです。

「さーて奥さん、今度は奥さんがご奉仕する番ですよ。こんなこと経験ないでしょ。嬉しいですか?」

「はい」

恥ずかしそうに頷きました。

「それではですね、早速、始めちゃって下さい」

妻はどっちにしようかなという感じで2本のペニスを見比べました。
そして、ほぼ勃起している方のペニスに口を近づけると、一気に喉まで飲み込むようにフェラを始めました。
男のペニスは妻の口の中でみるみる巨大化していきました。
時折姿を現す亀頭の部分は妻の唾液でヌラヌラと光っていました。

私はこのシーンを観て我慢できない状態になり、ついに自分のペニスを取り出しました。
もうすでにペニスの先からは透明な液が溢れ出ていて、ヌルヌルです。
妻が帰って来るかもしれませんが、オナニーせずにはいられません。

妻はもう1本のペニスをちゃんと手でしごきながら、もう1本をフェラし続けました。
男に催促されると、ペニスを咥え直して、交互に2人をフェラしました。
時には2本のペニスの先を合わせるようにして2本の亀頭部をペロペロと舐めていました。
妻の顔はAV女優と変わらぬ淫乱な表情でした。
私はたまらず自分のペニスを自分でしごきました。
しかし、その大きさは男優のモノとはあまりにも違っていました。
ビデオの中の妻は、ペニスの根元を握った状態で、手からはみ出た部分を喉奥まで使ってフェラしていたのです。
私のペニスをフェラする時は、手を添えずに全部喉まで入ってしまいます。
さらに、ペニスを握る妻の指は人差し指と親指が届かないほどの太さでした。

「奥さん、どうですか?旦那さん以外のおちんちんのお味は?」
「おいひいでふ(美味しいです)」

「どんな風に美味しいですか?」
「おっひいし、ふおふふほい(おっきいし、すごく太い)」

ペニスを口から離そうとせず、質問に答えていました。
私は透明液でヌルヌルになった自分のペニスを強くしごきます。

「こんなのを2本もしゃぶらされて、どうですか?」
「うちの人より全然大きくて感動してます。早く入れて欲しいです」

「どのくらい違いますか?」
「こっちの方が7、8センチ長いし、太さは全然、別物って感じです」

「そうですか。じゃあですね、奥さん、その大きいのをアソコに入れてもらう前にお口でご奉仕して、最後まで処理して下さい」

妻は軽く頷くと、ジュッポジュッポと音を立ててフェラを始めます。
両手には常にペニスを握ったままです。
妻の唾液は2人の男のペニスに絡みつきます。
時折妻はペニスの裏筋を舐め、タマの方にも舌を這わせます。

「ああ、上手ですね、奥さん、もうイッちゃいそうです」

妻は嬉しそうに微笑んで男優の反応を楽しんでいます。
やがて男が、「あっ、奥さん、出る、出ます、このまま出しますよ!」と告げると、妻は動きを止めました。
そして男の巨根はビクビクと脈打っています。
妻はそっと口をすぼめるようにしてペニスを口から抜くと、口元に手を添えるようにして口を少し開きました。
口内は大量の精子で溢れていました。
そして口もとから精子が流れ出しました。
妻の唾液と混じりあった男の精子はダラダラと妻の胸や脚に垂れ落ちました。

そのシーンを見た時、私はさらに激しくペニスをしごき、ついにイッてしまいました。
私のペニスからは力無くザーメンがダラダラと垂れています。
私はティッシュで自分の萎えかけたペニスを拭きます。

ビデオはまだ終わりません。
画面からはまだ映像が流れています。
私は射精した直後なので続きを観る気になれませんでした。

ビデオの中では、妻がもう1人の男にフェラを続けています。
もう1人もすでに限界に近い状態に来ていました。
男はまもなく頂点に達し、一歩妻の前に踏み出ると、「出る、出ますよ、ああ・・・」と言った後、ペニスを妻の口から引き抜いて手で激しくしごいています。
そして、「うっ」という声とともに、すごい勢いの精液が妻の顔に発射されました。
妻は一瞬目を瞑りましたが、さらに精子が勢いよく飛んでいきました。
たった1人の男の射精なのに、妻の顔はザーメンでぐちょぐちょになっていました。

ビデオの中の淫らな妻を見てしまった私には、妻が妙に艶かしく見えました。
今までは特に意識することもなく見ていた妻の髪や指先、そして台所でスリッパを履いている時の足首や、サマーセーターを着ている時の胸の膨らみなどがとてもいやらしいものに見えてしまいました。

(ああ、この手であの男達のペニスを握ったのか)
(この指がまわらないくらい太いのをフェラしていたのか)
(この足首を掴まれて、脚を広げられ、アソコを舐められたのか)
(この髪にもあの男達のザーメンが飛んでかかっていた)

次から次へとビデオの中のシーンが蘇ってきます。
ほとんど1日中、私の頭の中ではあのビデオが再生され続け、妻を見るたびに自分のペニスが勃起してしまいました。
こんな風に日常の何気ない妻の仕草がこれほどいやらしく見えたことはありません。

私がビデオを観たことは、まだ妻は知らないのかもしれません。
もしかしたら知っているのかもしれません。
今のところ妻からは何も言い出してきません。
私から質問責めにされるのを待っているようにも思えました。

そしてその晩、妻を抱いてみることにしました。
私はあの男優たちに汚された妻の唇を取り戻すかのように激しく妻と唇を合わせ、しつこいくらいに舌を絡めました。
他の男のザーメンを受け止めた後の妻の口は、とてもいやらしい別の性器にも思えました。

妻にフェラを命じると、妻はいつものように喉の奥深くまで咥えてくれました。
私は妻にフェラさせたまま目を閉じると、妻が私よりも一握り分長いペニスを両手に握って、交互にフェラしたり、2本並べて舌先で舐めているシーンがまぶたの裏で再生されました。
それだけで私は言いようのない嫉妬に興奮し、自分でも自分のペニスがいつもより硬くなっているのがわかりました。
妻も微妙にそれを感じ取っているようでした。
それは、いつもより唾液が多く、激しいフェラでした。
私は夢中でフェラをする妻に心の中で質問をしました。

『お前、あの2人の男優に口で奉仕して、さらにあの後は他の男優にも奉仕して、最後には次から次へと挿れられたんだろう?』
『そしてお前のこの白い頬にその男達のザーメンをかけられたんだろう?』
『どうなんだ?何発ぐらいかけられたんだ?』
『それでお前はあの男優たちとのセックスの方が俺よりもいいと思ってるんだろ?』
『俺とのセックスなんて、もう物足りないと思っているんじゃないのか?』
『どうなんだ、そう思ってるんだろう?』
『今、お前が咥えている俺のペニスだって、あの男優に比べたら細くて情けないモノだと思ってるんだろ?』
『そうなんだろ?そう思ってるんだろう?』

私はペニスを突き出すようにして心の中で妻を質問責めにしました。
妻は私への懺悔のつもりなのか激しくフェラしています。
私の無言の質問に対して・・・。

『ごめんなさい。でも、その通りなの。私、あの男の人達を喜ばせました』
『でも、それはあなたが望んだことでしょ?』
『だから私はあの人たちの言いなりになったの』
『そして、このベッドであの男たちとセックスしたのよ』
『次から次へとおっきいのを何本も挿れられちゃったの』
『私、夢中になりすぎて、何回イッたか覚えてない]

そんな風に妻から返事が聞こえたような気がしました。
その声を聞いて私は果ててしまいました。
私は妻の口の中に少量のザーメンを放出しました。
妻は私のペニスから口を離さずにそのまま飲み込みました。
私は、不思議とそれだけでなぜか、あの男達に汚された妻の口を男達から奪い返したような気がしました。

その晩はそれ以上のことはなく、「おやすみ」と言い合って妻は眠りに就きました。
ですが、私はまだ興奮して寝付けずにいました。
寝息を立て始めた妻の小さい鼻や口紅を落とした唇がまた艶めかしく見えてきてしまいました。

(もうきりがないから寝よう)

そう思っても、次から次へとビデオのシーンが蘇ってきます。

私はベッドから起きあがると、そっと寝室を出ました。
私はトイレに入ってオナニーをすることにしました。
さっき妻の口の中に出したばかりなのに、もう勃起しています。
嫉妬の力とはすごいものだと実感しました。
私は、自分で自分を惨めだと思いました。
私はペニスを取り出して、潰れるほど強く握りました。
自分のこのペニスより大きいペニスが妻の体に何度も何度も差し込まれたのです。
そしてそれを望んだのはこの自分であり、妻はその男達を受け入れたのです。

(ああ、悔しい。あいつがあんな男達にやられたなんて・・・あんなデカいモノを両手に握らされて・・・)

私は勃起したペニスを仕舞い、リビングに向かいました。
ちらっと寝室を覗くと妻はすっかり寝入っているように見えます。
もしかしたら起きているかもしれませんが、私はビデオの続きを観てみたい衝動に駆られました。
そっとビデオデッキの後ろに手を伸ばし、隠して置いたあのビデオを手にしました。
妻が起きないようにヘッドホンのジャックを差し込むと、私は再生ボタンを押しました。

再生をスタートすると、前回観終わったとこの少し前のシーンから始まりました。
男が太いペニスを妻の顔の前に差し出してザーメンが飛ぶところからです。
妻の顔に飛んだザーメンがゆっくりと頬を垂れていきます。
まるで蝋人形が溶けていくようにも見えました。
男は発射した直後の太く、そして長いペニスを妻の口元に突きつけます。
妻は、まるで当たり前の作業のようにそのペニスを口に含み、ねっとりとしたザーメンを舐め取ってしまいました。
私のザーメンとの味を比較しているかのような表情をしていました。
そこでフェラの場面は終わりました。

次のシーンはまたインタビューシーンに変わりました。
司会役の監督が妻にいやらしい質問をしています。
私とのセックスの回数や新婚の頃のセックス、私と結婚する前の男性経験について聞かれています。

「今の主人の前は・・・8人くらい」

私には3人と言っていました。

(8人だったのか・・・)

「アンケートによりますとー、3P、それ以上も可となってますが、過去にそういう経験あるんですか?」
「いいえ、ないです、ありません」

「どうして3Pをやってみたいと思ったんですか」
「ちょっと興味あったし、それに主人がやってみろって・・・」

「えっ!だ、旦那さんがやれって言ったんですか?」
「ええ、はい。じつは」

「それじゃあ、あとでこのビデオを旦那さんと一緒に観ちゃったりなんかするんですね。それでまた旦那さんと燃えちゃったりもするんでしょう?」
「えー、それはわかんないですけど、たぶん・・・そうかな?」

「それではですね、ご希望の3Pを、もし余裕があれば4Pまでやっちゃってみましょうか!じゃあ、奥さーん、カメラに向かって何か一言!」
「え?一言ですか」

「あとで旦那さんが見るんでしょ?旦那さんに、『これから3Pやります』って報告しないと」
「えー、そんなこと言うんですか?」

「そうですよ。旦那さんの指示なんですから、旦那さんの許可があったから沢山の男性とエッチできるんですよ」
「はい。えっとー、(周りを見回して)今から2人?3人?の人とエッチします。見て下さい」

「はい、それでは早速行ってみましょう!」

画面が切り替わり、私たちの寝室が映し出されました。
妻を挟むようにしてブリーフの男優が2人います。
白いスーツを着た妻が体中を触りまくられています。
ミニスカートをたくし上げられています。
穿き替えたばかりの白いパンティーもむしり取られます。
そこを指やローターで刺激され、妻は感じています。
妻はベッドの端に座って、両側に立っている男優のペニスをブリーフの上から擦っています。
再びWフェラのシーンです。
ここでビデオ監督が妻に合図を送りました。

「奥さーん、今の感想を言って下さーい」

「ああ、あなたのよりずっと美味しいです。すごく太くて硬いです」

あらかじめ監督に用意された台詞を喋っているようでした。
私はもうペニスの根元が痛いくらいに勃起していました。
私は、またペニスを取り出すと、画面の中で妻がフェラしているモノと見比べました。
敗北感と絶望感で頭の中が壊れてしまいそうになりました。
しかし、同時にもう1人の私は、(いいぞ、そのデカいのを存分にしゃぶれ。そして早く挿れてもらえ!)と、画面の中の妻に向かって命令していました。

またシーンが切り替わります。
妻が全裸で仰向けになっています。

「それでは奥さんのオマンコに挿れちゃいますねー。その前に、旦那さんにちゃんと報告して下さい。はい、どうぞ」
「ああ、あなた、今から挿れてもらいます」

「どこにってちゃんと言わないと」
「オマンコに挿れてもらいます」

私は、ついに挿入の瞬間を見る時が来たと思いました。
私のペニスは嫉妬で破裂しそうにパンパンに張っています。
1人の男優が妻の前に膝をつき、妻の脚を開きます。
男優の肩越しに妻の不安げな表情が見えます。

<続く>