うちの旦那(祐二)と、昔からスキー好きのお義父さんと3人でスキーに行った時のこと。
早朝5時から滑れるスキー場に行こうということになり、夜中に着いて車内泊することに。
大きいミニバンに乗っていて、運転は旦那、助手席は私、後ろにお義父さんが乗っていました。
が、運転席と助手席は席を倒しても寝にくいということで、お義父さんが助手席で寝てくれました。
旦那は運転席で寝ていました。
私は2列目の席を倒して、ほぼフラット状態で毛布を被って寝ていました。
夜中の真っ暗闇に、ふと目を覚ますと、パンティの中がモゾモゾと!!

(まさか、お義父さんもにいるのに祐二が?!)

いえ、お義父さんでした・・・。
私は横を向いて毛布を羽織って寝ていたのですが、お義父さんが背後に密着して、後ろから、まるで電車で痴漢をするように私のパンティの中を弄っていたのです!
知らない間にジーパンのベルトは外され、少し下ろされていました。
旦那は呑気に「ぐぉ~」とイビキをかいて運転席を倒して眠っていました。

私の毛布を引っ張り、お義父さんは自分の体にかけて外から見えにくくしているようでした。
お義父さんは旦那が起きないように小声で言ってきました。

「華濃さん、どうだい?こんなに濡れてるぞ。気持ちいいんだろ・・・?」

「お義父さん・・・やめてください、あっ、あっ、あぁっん」

運転席の旦那が正面に見えてて余計に興奮!!
片方の手でお尻を揉んだり、お尻の穴を愛撫され、もう片方の手でアソコとクリトリスを愛撫され、私はお義父さんの指だけでイカされてしまいました。
最後は、お義父さんに膣とお尻の穴の両方の穴を同時に指でピストンされ、私は旦那の目の前で絶頂を迎えることに・・・。
イク時に膣と肛門がぎゅ~と締まったり、ビクビクとヒクつくのが自分でも分かりました。
お義父さんの指が入ったままだったので、肛門の方は、身内とはいえ恥ずかしかったです。
アノ声が出そうになるのを私は必死にこらえて、口を自分の手で押さえていました。

イッた直後でグッタリと快感の余韻に浸っていると、お義父さんはそのままペニスを挿入してきました。

「お義父さん、だめっ!だめですっ!!」

さすがに少し大きな声が出てしまいました。
お義父さんは私の口を手で押さえて、熱くなった肉棒を奥まで挿入してきました。
感触は生でしたので最高に気持ち良かったのですが、状況が状況だけに、(あわわ・・・)という感じでした。
お義父さんの腰の動きは年齢を感じさせないほど逞しく、側位という体位は経験したことがなかったのでスゴく気持ち良かったです。
ましてや旦那と同じ車の中で、お義父さんと生でセックスしているわけですから。

お義父さんは背後から私の耳元で・・・。

「翔(息子)が、『弟が欲しい』って言ってたんだ。華濃さん、3人目はワシの赤ちゃんを産んでくれ」

お義父さんの腰の動きが速くなっていきます。

「だめっ、だめです、お義父さんの赤ちゃんなんて私、産めないです」

それを聞いて逆上したのか、お義父さんは側位から私の上に乗っかり、力づくでバックの体勢へ。
私を押しつぶすような体位で激しく腰を動かしてきました。
私は、バックが一番妊娠しやすい動物的な体位だと思っているので、(お義父さんの赤ちゃんを妊娠しちゃうかも・・・)という危機感と興奮で胸がいっぱいになりました。

「ワシはずっとしてないから溜まってるんだっ。華濃さん、いいだろっ?」

「い、いやっ、いやだぁ!!やめてくださいっ」

お義父さんはただ、精液を排出したいだけでしょう。
でも私にとっては、膣内にお義父さんの精液を出されたら受精してしまう危険があります。
そんなお義父さんのわがままな性欲処理に付き合って、お義父さんの赤ちゃんなんか妊娠できない・・・。

押しつぶされたバックの体勢から普通の四つん這いのバックに。
2列目のシートを倒して四つん這いになっているので、私はスライドドアの窓ガラスに顔が近いという位置。
喘ぎ声を出すと窓ガラスに息がかかって真っ白になっていきました。
後ろからお義父さんは私の上の服を捲り、ブラを上にずらし、乳首を指で上下にピンピンと弾いたり、乳首を指で円を描くように愛撫しています。
弱いところを攻められて、大きな声が出てしまうのが抑えられなくなってきました。

もう旦那のことなどお構いなしに・・・。

「あっ、お義父さん、すごいっ!!私、イ、イキそうっ!!あっ、あっ、あぁんっ、あんっ、もっと、突い・・・もっと突いてぇっ!!もっとぉっ!!」

乳首だけでイキそうな快感と、お義父さんが突いている膣の快感が繋がったような感覚。
この快感は止まりません!!
背徳の気持ちとは裏腹に、私は旦那いる車内で二度目の絶頂を迎えました。
カラダがビクッ、ビクンと痙攣します。
お義父さんは私がイッたのを感じたのか・・・。

「女がイクと男の子ができやすいんだよ、翔が喜ぶぞ。華濃さんに男の子を産ませたいんじゃ、ワシと華濃さんの子を!!すごい、すごい気持ちいいぞっ!!ワシもイクぞっ。おぉっ・・」

「お義父さん、だめぇ、いっ、いやあっ、中に出さないでぇ!!嫌ぁっ!!」

膣の中ではお義父さんのペニスが気持ち良さそうに暴れていました。
お義父さんは久々のセックスに満足したようで、エッチの後はすごく優しくしてくれました。

同居しているのでお義父さんは、ちょくちょく私のカラダを求めてきます。
お義母さんが友達と出かける機会が多いので、お義父さんと昼間2人っきりになると、お風呂やトイレ、コタツの中でも求められ、いけないとは知りつつも応じてしまっています。