ある雨の降っている日のことでした。
雨で仕事が中止になり、出稼ぎに来てる自分としてはそのままアパートに帰る気になれず、そこらの駐車場に車を停めてボーっとしていました。

すると4~5歳の子供を連れた奥さん方が、一組、また一組・・・と集まって来ました。
4組ほど集まって、屋根のある所で立ち話を始めました。


自分は離婚をして、逃げるように出稼ぎに来て3年。
同じくらいの歳の子供を妻に取られ・・・寂しい独身生活。
立ち話をしている奥さん方を眺めながら結婚していた時のことを思い出していました。

そのうち幼稚園のバスが来ました。
子供達はバスに乗り込み、それを見送る奥さん方。
その光景見ているうちに寂しくなりました。

立ち話を続ける奥さん方・・・。
中でも、白いワンピースを着た奥さんが目に留まりました。
26、7歳くらいで、黒髪で後ろで束ね、色白の可愛い感じの奥さん。
しかも雨で少し濡れて、紺色の下着が薄っすら透けて見えていました。

その奥さんを見ているうちに・・・寂しい思いから熱いムラムラに変わっていきました。
奥さんを眺めながら・・・自分のモノを握り締め、擦り始めました。
離婚をしてからそんな気にもなれず溜まっていたこともあり、興奮が高まっているのが分かりました。

もう少しってところで奥さん達は解散してしまい、散り散りに帰り始めてしまいました。
自分は無意識に白いワンピースの奥さんの後を尾行していました。
奥さんは黒い色にピンクの花柄の傘を差して歩いており、自分の下手な尾行にも気付きませんでした。
歩いているうちに奥さんのヒップ辺りに雨の雫がワンピースを濡らし、薄っすら透け始めました。
紺色のパンティがチラチラ透けて見えていました。
自分はさらに興奮を覚え、心臓がバクバクして股間が熱く硬くなるのが分かりました。

奥さんは、とある家の前に止まりました。
そんなに大きくない家でしたが新しい家でした。
玄関の前で傘を畳み、バッグの中を漁り始め、鍵を取り出して玄関を開け始める奥さん。
自分はすーっと近づき、玄関が開いた瞬間に奥さんを家の中に押し込みました。
訳も分からない感じの奥さんを押し倒しながら玄関の鍵を締め、奥さんの後ろから覆い被さり、押さえつけました。
暴れながら奥さんは、家の奥へ逃げようとしました。
自分も我を忘れ、必死に奥さんを押さえつけながら左手で奥さんの口を押さえつけ、荒々しく鷲掴みしながら奥さんの胸を揉みしだきました。

奥さんは叫びながら必死に抵抗しました。
身体を激しく動かし、押さえつけている自分を押し退けようとしていました。
自分は必死に奥さんを押さえつけ、仰向けになっている奥さんの上に馬乗りになりビンタをしました。
そして白いワンピースを引き裂き、紺のブラが露わになりました。
むしゃぶり付くように奥さんの胸の谷間に顔を埋め、両手で奥さんの乳をブラの上から揉み回しました。
奥さんは泣き声を上げながら両腕で自分を叩いて抵抗しました。
自分は髪を掴み、奥さんの顔を舐め回し、強引に唇に舌を押し込み、口を塞ぐように舐め回しました。
荒々しくブラを捲り上げ、生乳を手の平いっぱい揉み回しました。
そしてワンピースを捲り上げ、奥さんの紺のパンティの上からまんこを触りました。

奥さんは激しく抵抗しました。
足をバタつかせ、身体よじらせました。
自分の腕を押し退けようと強く掴みます。
奥さんのブラを剥ぎ取り、奥さんの両手首に縛り、左手で頭の上に押さえつけました。
奥さんの乳首を舌で舐め回し、吸い付きながら右手でパンティの上から撫で回しました。
奥さんのアソコは柔らかく湿っていました。
そしてクリを上から指先で撫で回しながらパンティの脇から指を入れました。
奥さんは泣き声を上げ、抵抗しました。

アソコは、温かく濡れていました。
指を膣の中に押し込み、激しく動かしました。
いやらしい音が鳴り響き、奥さんは身体を激しく動かして抵抗しました。
自分は奥さんの脚の間に身体をねじ込み、荒々しく奥さんのパンティを剥ぎ取るように脱がしました。
奥さんのアソコに熱く硬くなっているモノを押し付けると、奥さんは激しく泣き叫びました。

「やめてー!入れないでぇー!」

自分は激しく抵抗する奥さんを押さえつけるように強く抱き付きました。
奥さんのアソコに自分のモノが入りました。
久しぶりの感覚に身体が熱くなりました。
生温かく、優しく包まれる感じ。
ぬっぷりと奥さんの奥まで突き上げました。
自分は、あまりの気持ち良さに無我夢中で腰を激しく動かしました。
それと同時にプルプル揺れる奥さんの胸。
腰を動かすほどに、奥さんのアソコからいやらしい音と愛液が溢れる感覚に包み込まれました。
思わずイキそうになった時、奥さんが今まで以上に激しく抵抗し、泣き叫びました。

「やめてー!お願いだからー!中に出さないで!!」

奥さんの叫び声に興奮し、激しく腰を動かしました。
そして奥さんの奥で果てました。
今までないくらいにドクドクと射精感が気持ち良く、大量に奥さんの膣に注ぎ込んでいました。
奥さんも中に出されたのが分かったのかぐったりしてました。
自分は余韻を楽しみながら奥さんから引き抜いて立ち上がると、アソコからだらだらと精子が垂れ落ちていました。
そして足早に、この家を後にしました。

癖になりそうです。