前の会社が倒産したため転職を余儀なくされ、ようやく再就職できた私は総務課へ配属されました。
周りは女性ばかりで、男は課長のオジサンだけです。
女性だらけの部署で正直ラッキーだと思ってました、初めの頃は・・・。

半年ほど経った頃のことでした。

「あ~あ、疲れた!今度の休みは温泉に行こうよ!美味しいものを食べてのんびりしたいよね!」

お局様の多恵(38歳・独身)が、突然言い出しました。

「わぁ、行きたい、行きたい!」

取り巻きの紗希(30歳・既婚)と、佳奈(28歳・独身)が同調します。
まさか私に火の粉が降りかかるとは思いもしませんでした。

「健治くん、一緒に連れて行ってあげるから予約とかお願いね!いい温泉にしてね」

反論する間もなく幹事を押し付けられたのです。
仕方なく予約し、いよいよ当日になりました。

「幹事さん、荷物持って。転職してこんな美人だらけの職場に来れたのは幸せよね!はい、荷物!皆も持ってもらえば?男なんだから大丈夫よね!」

ほとんど命令です。
やっとの思いで宿に着きチェックインし、一息つく暇もなく呼び出されました。

「ねぇ、疲れたからマッサージしてよ!」

仕方なく多恵の肩を揉みました。

「変なところ触らないでよ。あなたは私達の幹事なんだからね。言い付けを守るのよ。そういえばあなた、粗チンなんだってね?」

取り巻きの紗希や佳奈もキャッキャッと笑います。

「えぇ~?多恵さんいつ見たんですか?1人だけずる~い!本当に粗チンなんですかぁ?」

2人の笑いは止まりません。

「バカね、見るわけないじゃない!こんな男に興味ないもの。想像よ、想像。うだつの上がらない男は粗チンが多いって言うじゃない」

私をネタにして遊ぶつもりだったのです。
ひたすら耐え、その場をやり過ごしました。
やっと解放された私は露天風呂に入りに行きました。
なかなか立派な風呂に1人で入って寛ぎました。

(貸し切り状態だな。しかしムカつく連中だな。いつか仕返ししてやるからな)

そんなことを考えていると、脱衣場で何やら声が聞こえてきます。

「多恵さん、スタイルいいですね!腰がくびれてるぅ!」

あの3人が入ってくるのです。
そう、この露天風呂は混浴だったのです。

「キャー、男がいるわ!変態!」

私は前を隠して立ち上がりました。
連中は混浴とは知らず入ってきたのです。
三人三様の裸を見てしまい、焦った私はすごすごと出ようとしました。

「あら、粗チンの健治くんじゃない。ここって混浴だったのね。あなたなら一緒でもいいわ。粗チンじゃ、どうせ悪さもできないでしょ」

私は一番端の岩に座り、タオルで前を隠して3人が出るのを待っていました。
紗希と佳奈はのぼせると言って先に出て行きました。
2人の後ろ姿を横目で見た私は、不覚にもペニスが反応してしまったのです。
多恵は黙ってタオルが膨らんできたのを見ています。
しかも、タオルで胸を隠すこともしていません。
一度勃起し始めたペニスは、なおもタオルを持ち上げます。
多恵は目をトロンとさせて膨らみを見つめています。

風呂から出ようと立ち上がった時、タオルを落としてしまいペニスが露わになりました。
多恵は目を見開き、喉をゴクリと鳴らしながら近づいて来ます。
何も言わず私の前にしゃがみ、勃起したペニスを握り締めてきました。
目を潤ませ、上目遣いに見ながら袋を舐め始めました。
玉を口に含み、舌先で転がします。
ますますペニスは怒張してきました。

多恵の舌先がサオに這い上がり、裏筋を舐め回してきます。
亀頭を口に含んできました。
思わず、「ううぅ」と声が漏れます。
多恵は無言でペニスを舐め続けます。
頭を前後に動かし、たっぷりの唾液でベトベトになるまで舐め回しました。

「ダメだ!出そうだ!」

そう言うと多恵はペニスから口を離し・・・。

「出したらダメ!私のも舐めなさい!気持ちよくさせなさい!ほらっ!」

多恵は恥ずかしげもなく脚を大きく開きます。
すでに濡れているのがわかります。
私は多恵の腰を浮かせ、オマンコに顔を近づけて舌を伸ばしました。

「はぁぅ!いいわ!丁寧に舐めるのよ!そこよ、そこっ!」

相変わらず命令口調ですが、腰がわなわなと震えだしたと思った瞬間に多恵は潮を吹きました。

「イイィ、気持ちいいわ!もっとイキたいの!すぐにチンポを嵌めて!」

多恵は岩の上に大股開きで挿入を促します。

「何してるの!入れさせてあげるからこっちに来なさいよ!早く!」

私は仕返しのチャンスだと閃きました。
ペニスの先で多恵のオマンコを擦ったり、クリトリスを指で刺激したり、さんざん焦らしてやりました。

「あ~ん、入れなさいよ、早く!イイィ!入れて!早く入れて!」

まだ嵌めません。
多恵が哀願するまで嵌めてやらないことにしました。

「そんなに焦らさないで!お願いだから早く入れて!」

焦らしに焦らし続けました。

「嵌めて欲しいんだろ?ちゃんとお願いしたら嵌めてやるよ!言ってみろ!『多恵のいやらしいオマンコにそのチンポを入れて下さい』って!言わない限り嵌めないからな!」

「イヤァ、そんないやらしいこと言えない!」

「なら、目の前でこのチンポを扱いて射精してやるからな!いいんだな!」

「ダメ~、1人でイッたらイヤァ!多恵のオマンコにチンポを嵌めて下さい!」

私は擦り付けていたチンポをオマンコに突き刺しました。

「イイィ、これよ、これを待ってたの!気持ちいいわ!凄くイイィ!もっと激しくしてぇ!大きいわ、おっきいの大好き!」

多恵は歓喜の声をあげています。
その時、脱衣場で物音がしたので振り向くと、紗希がこちらを見ながらオナニーしているではありませんか。

「こっちへ来い!嵌まってるところをじっくり見てやれ!人を散々バカにしやがって!ほら、粗チンが入っているところを見ろ!」

紗希は結合部を見ながらオナニーを続けます。

「紗希ちゃん、見ないで!見たらイヤァ!あぁ、イキそうよ!紗希ちゃんの前でイキそう!」

「多恵さんのオマンコいやらしいわ。ビラビラが卑猥です!イキ顔を見たいです!」

多恵は言葉にならない声を発しながら絶頂を迎えました。
オマンコの中が痙攣しているのがわかります。
私は多恵から身体を離し、多恵の淫汁でテラテラしているペニスを紗希の目の前に向けました。

「凄い、青筋が浮き出てる!主人のモノとは比べ物にならないぐらい大きい!素敵!」

紗希は私を押し倒し、上に跨がりペニスを自ら密壷に導きました。
ペニスはすんなり入りました。

「気持ちいい!凄くいいの!下から突き上げて!」

紗希はクリトリスを恥骨に擦り付けるようにグラインドさせながら叫びます。
多恵は私に乳首を吸わせながらオマンコを弄っています。

「さあ、2人とも四つん這いになって尻を突き出せ!交互に入れてやるよ!」

2人は四つん這いになり私にお尻を向けます。
絶景です。
あれだけ私をバカにしていた2人が言いなりです。
私は紗希の丸いお尻を抱きかかえ、一気に突き刺しました。

「あぁ、いいの!凄くいいわ!」

「ずるい、紗希ちゃんが先だなんて!多恵のオマンコにも入れて!」

2人を渡り歩き、だんだんフィニッシュに近づいてきました。
最後は2人の顔に射精しました。

ちなみに、佳奈もその夜いただきました。