私が高校3年の夏休みでした。
弟は中学3年でした。
弟は身体も気も小さくて後輩たちにパシりにされていて、家も溜まり場にされていました。
だけど、それは後からわかったことで・・・。
その時は、まさか弟が後輩たちに言いなりにされてるなんて思いもしなかったのです。

夏休み。

「みんなで集まって宿題片付けちゃうんだ!お姉ちゃんも手伝ってよ!!お願い!」

私は就職先も決まっていたし、夏休み中の課題もほぼ終わっていました。
バイトも夕方からだったのでOKしたのが間違いでした。

当日、「お邪魔しまーす」と3人。
元気のいい挨拶で弟の後輩たちが来ました。
みんなで居間で勉強を始めました。
私が教えてあげたり、ジュースを入れてあげたりしながら午前中はあっという間に過ぎて、初日は私がバイトがあったので午後は自分の部屋に戻りました。

翌日も弟の後輩たちが朝から来て居間で勉強をはじめました。
この日、両親は泊まりがけで祖父の見舞いに出掛けることになっていて、私も弟の食事やゴミ出しもあったのでバイトを休んで留守番でした。
弟の後輩たちは、そこを最初から狙っていたんだと思います。
弟を使って。

まだ勉強を始めて間もない頃でした。
後輩くんの1人が・・・。

「あーぁ、飽きたなぁ・・・気晴らししようぜ」

弟以外は賛成していました。

「姉ちゃん・・・コンビニでアイス買って来てよ」

弟がそう言うと後輩くんが・・・。

「あ?アイスはオメェが行けよっ!!カス雄太!!」

先輩のはずの弟がカス呼ばわり。
しかも呼び捨て。
私が茫然としてると後輩たちが一斉に弟に向かって・・・。

「カス雄太!行けよ!」
「早くしろよっ!」

流石に私はむっとして、ちょっと強く言ってやりました。

「ちょっと!弟が何したって言うのよ!雄太、先輩なんたから呼び捨てはオカシイでしょ!!謝りなさいよ!」

すると1人が立ち上がり、弟の胸ぐら掴んで雄太の顔を殴りました。

「どうすんだよ!行くのか?それとも、ここで大好きなネェーちゃんが犯されるとこ、見てぇのか?あぁっ?」

一瞬、止まってしまったのは私の方でした。
私の頭の中で後輩の1人が言った、「ネェーちゃんが犯されるとこ、見てぇのか?」の言葉がこだましてました。
そしてまた後輩の1人が弟を殴り、床に転がった弟のお腹を蹴りはじめました。
私は怖くなって、弟を蹴ってる子に抱きついて言いました。

「エッチならするから!弟にこれ以上、乱暴はやめて!」

必死に懇願してました。
残りの2人は座ったままニヤニヤと眺めていました。
弟は、「うぅ・・・うぅ・・・」と苦しそうにお腹を抱えて床で丸まっています。
それまで、ちょっと可愛く見えてた子達が、急に悪い男達に見えました。
私が弟に寄り添い、「大丈夫?苦しいの?救急車呼ぶ?」と必死で声をかけると、雄太を殴った子が・・・。

「ほっとけよ!お姉さん、それよりも早くこっちに来いよ!やらしてくれんだろ?」

そう言うと私の髪の毛を掴み、私を弟から引き剥がしてソファへ押し倒しました。
残りの2人が、押し倒された私の手足を押さえ込んできます。
雄太を殴った子が私に馬乗りになって私の顔を往復ビンタしました。

「よう?お姉さんよぉ。大人しく言うこと聞いてればこれ以上は殴んねーよ。言うこと聞くか?」

完全に弟も私も恐怖に支配されました。
彼らの命令で一枚一枚、目の前で脱ぎ、全裸になりました。
3人が私を見ながら生唾を飲み込むのがわかります。
パンティを脱ぐと1人は、もうズボンの上から自分のを弄りはじめました。

殴った子が、「もう我慢できねぇ!」と立ち上がり、私の唇を奪いました。

まだ中学生のくせにいやらしいキスをしてきます。
残りの2人も全裸の私に飛びついてきました。
実は、あまり経験のない私・・・。
でも3つの口と6本の手で同時に乱暴に愛撫されると否応なしに感じてしまいました。
何が何だかわかりませんでした。
口も胸もお腹も内腿もお尻もアソコも首筋も・・・全てが同時に舌や唇や指が所狭しと這いずりまわり、頭が真っ白になっていきました

はっ!と我に返ったのは、殴った子のアレが口に入ってきた時でした。
元彼のより大きくて大人なアレでした。
その子は、大人勝りのアレを乱暴に私の喉奥に突き立ててきます。
苦しくて何度むせても止めてくれなくて、2、3分、私の口を楽しむと・・・。

「うぅっ、出るっ!!」

次の瞬間、塊みたいな濃くて大量の精液が口に広がりました。
苦しさにむせていると仰向けにされていて、殴った子が、今度は私のアソコの中に入ってきました。
それを合図みたいに残りの2人が交互に私の口を犯しはじめました。
私のアソコには大人勝りのアレが入り、乱暴に突かれ、硬く反り立ったモノで喉奥を激しく突かれると苦しくて朦朧としてしまいます。

ぼんやりと時が経つのも忘れ茫然としてたみたいで、気づくと夕暮れでした。
まだ身体中のあちこちに彼らが残した感触が生々しく残っていて、私の身体も髪の毛も精液の匂いでいっぱいでした。
弟は泣いてました。
私が弟をぼんやり見つめていると・・・弟も年頃の男の子です。

「やられてる姉ちゃんが、やらしくて・・・やらしくて・・・止めにも行けないくせに・・・興奮しちゃって・・・ゴメン・・・ゴメン・・・」

その場の色んな匂いやさっきまでの猟奇的な光景に感化されておかしくなったのか、弟が私に飛びかかってました。
私は泣きながら弟を迎え入れました。
精液臭い私の口に舌を入れ、精液だらけの私の胸を揉み、舐めていました。
3人の後輩に汚れた私の身体は、弟にも犯されたのです。
最後に弟は泣いて謝っていました。

私は呆然とシャワーを浴びて布団に入りました。
ヘトヘトだったので、すぐに眠れると思っていたのに・・・。
このとき初めて、恐くて嫌だったのに感じてしまった自分を思い出しました。
泣き始めたら止まらなくなり、泣き疲れて眠るまで私は泣いていました。

これがきっかけとなり、私は何度も呼び出され、カラオケやデパートのトイレ、夜の公園などで、夏休み中ずっと犯され続けました。
そのせいで成人した今も、複数レイプや露出など、アブノーマルでないとイケない身体になってしまったのです。
そして他人の肉棒でイカされて、最後に彼からご褒美をもらうのです。
縛られて首を絞められ、何度もビンタされながら犯してもらうのです。