高校2年の夏休み中、持病の喘息の病状を調べるために検査をすることになって、2週間の入院をすることになった。

入院をする病院には俺より10歳年上で、「R姉さん」と呼んでいる幼馴染の看護師がいて、入院中は担当になることになった。
R姉さんは俺が幼稚園に通っている時からの知り合いで、家が隣同士だったのでよく一緒に遊んでいたから、たまに姉弟と間違えられたりしていた。
R姉さんが看護学校に通っている間など会えない時期があったが、卒業後は俺が通う病院に就職して、また会うようになった。

入院中は病室に空きがないというのもあったらしいが、「深夜に喘息の発作が起きると他の入院患者に迷惑がかかる」ということで俺は個室に入った。
入院をして最初のうちは検査ばかりだったが、初めての土曜日の午前中にR姉さんが部屋に来た。

R姉「T君(俺)、恥ずかしいと思うけど正直に言ってね」

俺「どうしたの?」

R姉「オナニーをしたことはある?」

小さい声で聞いてきて、俺は言葉に困ったが、「あるよ」と正直に答えた。
するとR姉さんは、「看護学生のSさんは知っているよね。Sさんの看護実習の練習台になって欲しいの」と言った。
俺は『練習台』の意味が分からず・・・。

俺「練習台って・・・どんなことをするの?」

R姉「事故とかで動けない入院患者の身体を拭いてて・・・あの・・・オチンチンが大きくなった時に・・・手で精子を出すの・・・。その練習をさせて欲しくて・・・説明のために私が一緒にいるから」

要は、俺を相手に手コキの練習をしたいというのが分かった。
Sさんは確か俺より2歳年上で、病院内で何度か会ったことがある。

(Sさんならしてもらってもいい)

そう思ってOKすると、この日の午後にすることになった。

午後1時半頃、タオルを数枚持ったSさんとR姉さんが部屋に来た。
Sさんが、「T君、今日はよろしくね」と言って、パジャマのズボンとトランクスをゆっくりと脱がせてくれた。
俺は恥ずかしくてチンチンを隠したかったが、R姉さんがSさんに、「ゆっくりでいいから触ってみて」と言って、すぐにSさんが俺のチンチンを触り始めたために隠すことが出来なかった。
チンチンが大きくなり始めると、R姉さんが、「大きくなったらこういうふうに・・・」と説明して、そのうちに俺のチンチンは完全に勃起状態になった。

完全に勃起してもSさんは手コキを続け、少しすると俺はイキそうになって、「ア・・・アノ・・・」と言ったが俺は我慢できずにイッてしまい、精子が俺の身体にかかってしまった。
(パジャマの上着はボタンを外して前を開けていた)

俺がイッた時、Sさんはビックリしたようだが、Rさんが、「拭いてあげないと」と言うとSさんが精子のついた俺の体を拭き始め、勃起も収まりつつあった。
しかし、Sさんがチンチンの周辺を拭き始めるとそれが刺激になって、またチンチンが大きくなり始めた。

S「大きくなっちゃった・・・」

R姉「T君・・・すごい元気・・・Sさん、今度は1人でしてみて。見ててあげるから」

R姉さんが見守る中、Sさんは手コキを始めた。
2回目の手コキは1回目よりも長持ちしたように思うが、それでもイキそうになって、「イキそう」と言うとSさんはタオルで精子を受けようとしたが、受けきれずに身体に精子かかってしまった。

R姉「やってみてどうだった?」

S「思ったより大きかったし・・・今日は2回もできるとは思わなかったけど・・・経験できてよかった」

俺が「恥ずかしかったけど・・・気持ちよかった」と言うと、R姉さんは「後でまた来るね」と言ってSさんと一緒に部屋を出ていった。

数時間後、俺が夕食を食べ終わった後にR姉さんが私服のTシャツにミニスカートの姿で部屋に来た。

R姉「T君、今日はありがとう。何かしてもらいたいことはない?」

俺「してもらいたいことって・・・思い付かないよ」

R姉「だったら少しお話しようか」

話をしているうちに俺の小さい頃の話になった。

R姉「T君は私と一緒にお風呂に入ったこと、覚えてる?」

俺「覚えてる・・・楽しみだった」

R姉「甘えるフリをして、私のオッパイを触ったでしょ(笑)」

俺「小さい時のことだから許して」

そんな話をしていると、無性にR姉さんのオッパイを触ってみたくなった。

俺「あの・・・R姉さん・・・オッパイ触っていい?」

R姉「オッパイを触りたいの?」

俺「オッパイの話をしてたら触りたくなった」

R姉さんは少し考えて、「T君だったらいいよ」と言って、Tシャツの上からオッパイを触らせてくれた。

R姉さんが「ちょっと待って」と言い、Tシャツを着たままブラを外して、またTシャツの上から胸を触らせてくれた。
R姉さんは着痩せをするのか、思ったより胸が大きかった。

俺がR姉さんの胸を触っている途中・・・。

R姉「T君・・・元気だったね」

俺のチンチンをつつき始めた。

俺「触られるとまた大きくなるかも」

R姉さんはズボンの上からチンチンを触り始め、すぐにチンチンが大きくなり始めた。
それに気付くとR姉さんは、「楽になろうね」と言って俺のズボンとトランクスを脱がして手コキを始めた。
少ししてイキそうになって、「イキそう」と言うと、R姉さんは「我慢しなくていいよ」と言い、俺がイクとR姉さんはティッシュで精子を拭き取ってくれた。
そしてR姉さんは、「私でよかったら、してあげるからね」と言って部屋から出ていった。

それから数日後の夕方、仕事終わりのR姉さんがTシャツにミニスカートの姿で部屋に来た。

R姉「T君、してあげようか?」

俺「ウン」

俺がズボンとトランクスを脱ぐとR姉さんは俺のチンチンを触り始め、少しすると「オッパイ・・・触っていいよ」と言い、Tシャツの上から・・・ノーブラだった。

俺「オッパイ・・・直接触りたい」

R姉「言うと思った(笑)・・・触っていいよ」

R姉さんは手コキをしながら片手でTシャツをたくし上げて、胸を直接触れるようにしてくれた。
R姉さんの胸を直接触り始めて少しすると、Sさんがタオルを持って部屋に来て、俺とRさんの状況を見て固まった。
俺もビックリして言葉に困っていると、R姉さんがTシャツを下ろしてSさんに何か説明をしていた。

R姉「T君、Sさんがまた練習したいんだって。続きはSさんにしてもらってもいい?」

Sさんに手コキの続きをしてもらうことになった。
Sさんが手コキを始めて少しして、俺はR姉さんの胸を触りたくて、「あの・・・オッパイ・・・触りたい」と頼んでみた。

R姉「Sさん・・・いいかな?」

S「ハイ」

R姉さんはTシャツをたくし上げて直接触らせてくれた。
R姉さんさんのおっぱいとSさんの手コキで、俺はすぐにイキきそうになった。

俺「イキそう」

Sさんは精子が俺の身体に飛ぶように角度を調整をした。
俺がイッてSさんが身体についた精子を拭き終えると・・・。

R姉「Sさん、今日は特別なことを教えてあげる」

そう言うと俺のチンチンを触り始め、チンチンが大きくなり始めるとR姉さんフェラを始めた。
俺にとって初めてのフェラだった。
あまりにも気持ちよくて、「ア・・・ン・・・」と声を漏らし、イク直前に「また、イキそう・・・」と言うのがやっとだった。
俺が「イキそう」と言ってもR姉さんはフェラを続けて、俺はR姉さんの口の中に出してしまった。
R姉さんは少し苦しそうな表情をしたが・・・。

R姉「T君・・・2回目なのにいっぱい出たね。飲んじゃった・・・この事は3人だけの秘密だからね」

俺がトランクスとズボンを穿き終えると、R姉さんはSさんに、「また教えてあげる」と言って部屋から出ていった。

数日後の夜、R姉さんとSさんが部屋に来た。

R姉「練習させてあげてね」

ズボンとトランクスを脱ぐとSさんがチンチンを触り始め、R姉さんは何も言わなくてもTシャツをたくし上げてノーブラのおっぱいを触らせてくれた。
俺のチンチンが完全に勃起するとSさんがチンチンに顔を近づけ、少し舐めてからチンチンを咥えてゆっくりとフェラを始めた。

R姉「乳首・・・舐めてみる?」

俺が「ウン」と言うと、R姉さんは身体の位置を変えて乳首を舐めさせてくれた。

その間もSさんはずっとフェラを続けて、結局俺はSさんの口に出してしまった。
Sさんは前にR姉さんがしたように、口から精子がこぼれないようにしながらチンチンを口から出し、少し苦しそうな表情をしたあと・・・。

S「T君・・・すごくいっぱい出たから飲むのが大変(笑)」

次の日、俺の退院が決まった。