泥酔した彼女が上司に顔射されるのをベランダから目撃した話を投稿した者です。
後日談があるので、吐き出すために書きたいと思います。

あの出来事から2ヶ月ほど経過しました。
彼女とは別れませんでした。
しかし、あの夜の出来事が脳裏から離れないオレは、香織とレスになっていました。
香織がどれだけ奉仕してくれても、目の前にある香織の顔は、あの醜い部長の白濁液で汚された状態に見えるのです。
あれだけオレのチンチンを勃起させた香織のフェラテクでも、勃つことが出来ないのです。
香織には、仕事で疲れているからだと嘘をつきました。
しかし、勃たないだけで、金玉には排出されない精子がどんどん溜まっている感覚があるのです。
出したいのに、勃たないから出せない・・・。
まさに地獄の苦しみでした。

そんなある日、外出先で偶然、あの夜香織を襲った部長に会ったのです。
オレから声をかけ、そのまま飲みに行くことになりました。
部長(柳川)は、いかに香織が素晴らしい部下であるかをオレに語ってくれました。
しかしオレの耳には半分も入りません。

酒の勢いで、あの夜のことを打ち明けました。
ベランダから全部見ていたこと。
パンティーをくすねたことも、香織に顔射したことも知っていると。
そして、その影響でオレが今、香織を抱けないでいることも・・・。
全て洗いざらい柳川に話しました。
柳川は弁明しませんでした。
全て事実であると、謝罪も受けました。
そして、香織を部下としてではなく、女性として好意があることも。

オレはおかしくなっていたのでしょう。
酒と、吐き出せない性欲と、鬱憤と、その他ごちゃ混ぜの感情で。
オレは柳川に言いました。

オレ「責任を感じているなら、もう1度香織を抱いて下さい。オレの目の前で」

柳川は驚いていました。
しかしオレは本気でした。
あの夜のショックで今の体質になったのです。
ならば、あの夜以上のショックをもう1度受ければ、また体質が元に戻るはずだ・・・。
おかしいなりに導き出した結論でした。
柳川が了承したので、数日後、オレの家で行なう段取りとなりました。

迎えた当日。
オレの家で先に待っていた香織は、柳川が来たことに驚いていました。
オレは香織にも全てを話しました。
香織は取り乱す様子もなく、落ち着いて聞いてました。

香織「なんとなく気づいてました。部長が私に好意を持っていることも、あの夜のことも・・・」

あの日、朝起きた香織は、嗅ぎ慣れないオス臭い匂いを感じたそうです。
パンティーに関しては、お気に入りだったので、すぐ気づいたと・・・。

柳川は香織に土下座をしました。

「表沙汰にしないで欲しい」と。

柳川は独り身なので、会社の地位を失うことが怖かったのでしょう。
香織は、上司としての柳川を尊敬しているし、柳川からの好意をはっきりと断らなかった自分にも非があるとして、許していました。

2人の話が一段落し、いよいよオレのショック療法へとなりました。
香織がシャワーを浴びにリビングから出て行きました。
柳川もシャワーを使いたいと言ってきましたが、汗でベトベトの脂ギッシュな身体で抱いてもらった方が興奮するので、そのまま寝室に移動して全裸になってもらいました。
カサカサのタラコ唇、肌荒れのあばた面、腹の出た体型は相変わらず。
前回はベランダからなので、よく確認できませんでしたが、チンチンは皮被りでした。
しかし、長さこそないものの、皮の上からでもカリが大きく張っているのがわかり、太さも並以上。
香織好みのカリ太ペニスです。

少しして香織が全裸で寝室に入ってきました。
すでに全裸の柳川を見て一瞬ビクッとなっりましたが、状況を把握したようで、すぐに柳川とハグをします。
小柄だが、程よい肉つきのムッチリ体型で、Eカップの香織。
柳川も身長165センチくらいで、腹が出ているので、お互いにコロコロしている印象。

ハグからディープキスをする柳川と香織。
香織が柳川の乳首を舐め、手コキを始めます。
情けない喘ぎ声を出す柳川。
一方の香織は、柳川のカリ太チンチンに驚きながらシゴいていました。

しばらくして攻守交代。
今度は柳川が香織のEカップにむしゃぶりつきます。
揉みしだかれ、乳首を吸われる香織。
だんだんメスの顔になってきているのがわかりました。
柳川は香織をベッドに押し倒して、さらに攻めます。
目を閉じて快楽に身を任せる香織。

胸が終わると、柳川は香織の脚を広げさせ、マンコに食らいつきました。
香織の喘ぎ声が大きくなります。
クリトリスが弱いのを見抜かれ、柳川はクリを集中的に吸い始めました。
香織が顔を左右に振り、甘い声で叫びます。
柳川がクリを甘噛みしたところで香織は絶頂を迎えました。
身体を仰け反らせて、口をパクパクとさせています。

今度は柳川がベッドに仰向けになりました。
香織は再び柳川の乳首を舐め、手コキをスタート。
柳川の両乳首を丁寧に攻めた後、香織は柳川のペニスをフェラチオでしゃぶり始めました。

「おぉ・・・おおぅ・・・」

感嘆の声を漏らす柳川。
香織が柳川の包茎を優しく剥きました。
シャワーを浴びてないカリにはチンカスが溜まっていました。
しかし、香織はなんと躊躇いなく、舌先でチロチロとチンカスを舐め取っているではありませんか。

「あぁ・・・香織くん、汚いよ・・・」

柳川は呟きますが、香織は丁寧にチンカスを舐め取り、仕上げに皮を全剥きして、根元まで綺麗にしゃぶり上げていました。
香織が手を離しても、カリが張っているので余った皮はそこまでしか戻らず、柳川の亀頭は完全露出。

柳川と香織は見つめ合い、アイコンタクトを取りました。
いよいよ挿入です。

柳川「オレさん、ゴムを・・・」

オレ「柳川さんのサイズに合うゴムがありません。生で挿れて下さい」

香織も柳川も驚いていました。
オレは最初からゴムなど用意していません。
あの夜と同じシチュエーション、生ハメでないとショック療法にならないからです。

2人とも、「それは・・・」と躊躇しましたが・・・。

オレ「柳川さん、あの夜と同じように香織の生膣を感じたいでしょ?香織、このカリが生なら、さらに引っかかるよ」

オレが説得すると、満更でもなさそうに了承した2人。
そのまま香織が柳川に跨がり、騎乗位になりました。
香織がペニスを握り、マンコに亀頭を宛てがいます。
腰を沈めると、少しだけ窮屈そうに根元まで挿入が完了。
ずっぽり入っていました。
香織が腰を上下に動かしはじめました。
カリが引っかかるようで、腰を持ち上げる時にたまらなく気持ち良さげな声を上げます。

パンッパンッ!

リズミカルに腰を動かす香織。
時たま前後にグラインドさせると、柳川がたまらなそうに香織の腰を掴みます。
足を伸ばしていた柳川が徐々に足を曲げ始め、射精しないように踏ん張っているのがわかります。
香織が便所座りになり、さらに腰を上下させる。
同時に柳川の両乳首を指先で抓り上げてます。

柳川「ああ!香織くん、出てしまうよ・・・」

イキそうな柳川を見て動きを止める香織。
落ち着いた柳川と香織が見つめ合い、キス。
次に正常位に変え、今度は柳川が香織を攻めます。
年齢を感じさせない猛烈なピストンが香織を襲います。
ピストン中に香織は何度かイッたらしく、その度に柳川はピストンを止めていました。
香織のマンコは中イキするとチンチン全体を包み込むように締めてきます。
病み付きになる気持ち良さです。

(今、あの感覚を柳川は生ハメで感じているのか・・・)

オレは嫉妬に駆られました。
何気なく股間に手をやると・・・。

オレ「香織、見てくれ!」

香織「・・・!オレくん、勃ってる!」

オレのペニスは勃起していました。
久しぶりの感覚に感動すら覚えます。
香織は柳川に突かれながらオレのペニスを握りました。
敏感になっているオレは、それだけでビクッビクッと反応してしまいました。
興奮は最高潮に達していました。

柳川「オレくん、代わるかい・・・?」

オレ「いえ、柳川さん。そのまま香織の中に出して下さい」

香織「・・・!オレくん、何言ってるの・・・」

柳川「いいのかい?僕も出そうだよ・・・。このまま香織の中に出すぞ!」

香織「お願い!やめて!外に出してっ!妊娠しちゃう!オレくん助けて!」

柳川が香織に覆い被さり、密着正常位に。
フィニッシュが近づき、さらに激しくピストンします。
香織は耐えきれなくなり、オレのペニスから手を離し、柳川の背中と腰に手と足を本能的に絡めました。
オレは両手でペニスを握り締め、激しくマスターベーションをしました。

柳川「ウオォッ!!出すぞぉっ!彼氏の前で種付けしてやるぅっ!!!」

香織「イヤァァ~~~!!!ヤメてぇぇ~~~!!!」

柳川が最後の一突きで香織のマンコに腰をグイグイと押し付けます。
上半身を起こし、目を閉じて大きく口を開け、気持ち良さそうに吐息を漏らす柳川。
一方、香織は口を半開きにし、薄目で「イヤイヤ・・・」と呟いていました。
両手で柳川の腹を押し、早く離れるように促しています。
きっと膣奥では、柳川の勢い良い射精を受け止めたのを感じているのでしょう。

オレも限界を迎えました。
香織の顔に破裂せんばかりに膨張したペニスを向けました。
溜まりに溜まった精液が、一気に金玉から駆け上ってきます。
尿道に痛いくらいの熱さを感じ、鈴口から大量の白濁液が飛び出しました。
オレの出した白濁液が香織の顔を汚していきます。
2ヶ月前、柳川が掛けたそれよりも大量の白濁液で香織の顔を思う存分マーキングしました。

“顔射の上書き保存”こそ、このショック療法の最大にして最後の目標でした。

久しぶりの射精に敏感になっているオレのペニスを香織が頬張ってくれました。
腰に痺れんばかりの快感が走り、オレは2発目を香織の口内に発射しました。
なんと香織は全て飲み込んでくれて、根元まで綺麗にしゃぶり上げてくれました。
念願のお掃除フェラ。
気づいたらオレは涙を流していました。

ショック療法は大成功。
こうしてオレのペニスは完全復活を果たしました。