「もう私たちは年だから、今度の法事はM恵とお前で行ってくれないか」

母からそう電話があった。
M恵は4歳上の姉、私は50歳過ぎのおっさん、共にバツイチだ。
長女長男なので代理で出席した。
日帰り出来なくもない距離なのだが、酒がらみになるので宿を取ることにした。
M恵も、「私も一緒で良いよね」ということで同宿した。

夕方、宿に送ってもらう。

「いやぁ疲れたな。早く風呂に入って飲み直そう」

「そうだね」

浴衣に着替える姉の黒い下着にドギマギしてしまった。
風呂を出てから夕食まで時間があるので昔話に花が咲いた。
幼少の頃から甘えん坊の私は、姉のM恵に抱き締められるのが大好きだった。

酒に任せ・・・。

「子供の時みたいに姉ちゃんにギュッとされたいな」

「いいよ、膝枕してあげるから、おいで」

私は姉に甘えた。
抱き締められている時、姉がブラジャーをしていないことがわかった。
布1枚で乳首がある。
思わずつんつんしたところ、「だめ!」と叱責されてしまった。

「姉ちゃんの吸いたい、お願い」

姉は黙っていた。
浴衣の上から優しく触り、そっと捲った。
40数年ぶりに見る姉の乳首。
すでに孫が3人もおり、黒いと思われたが、そうでもない。
私はむしゃぶりついた。
姉の乳首がこんなに甘味であるとは思わなかった。

「もういい加減にしなさい」

私は我に返った。
まだまだしゃぶりたかったが、口を離した。

「私のがいいの?今はここまで」

私は諦めた。
今後のためである。
夕食後、再び風呂に入り、床に入るまでは我慢した。

「姉ちゃん、一緒でいいかな?」

「いいよ、こっちにおいで」

私は姉の布団に入り込んだ。
ぎゅっと抱き締める。
目と目が合った。
姉は目を瞑る。
顔が近づきそっとキスする。
姉は抵抗しない。
最初は唇同士が触れるキスだったが、すぐに舌が絡みあう激しいキスになった。

前記の通り、私は子供の頃から姉が大好きだった。
童貞を捨てても、結婚しても、それは変わらなかった。

まさか姉とキスできるとは思っていなかった私は激しく興奮した。
浴衣の上から姉の胸を弄る。
今度はブラジャーをしている。

後で理由を訪ねたら、「姉弟でも恥ずかしいのよ」と。

女心はよくわからない。
ベージュのブラを外し、乳首に吸い付く。

「あぁ・・・私、そこ弱いの、さっきも感じていたの」

姉は歓喜の声を上げていた。
しばらく乳首を堪能したのち、左手を姉の下半身に伸ばした。
すべすべの太ももに激しく興奮した。
ピンクのパンティの上から秘部を撫でる。
クロッチ部はすでにびしょびしょだった。

「姉ちゃん、びしょびしょだよ」

「恥ずかしい、でも本当の私を見て」

姉のパンティを脱がす。
姉は尻を上げて協力してくれた。
M字開脚させて姉の秘部をじっくり見た。
ここまで照明は点いたままである。

(初めて見た。これが姉ちゃんのあそこか)

ビラビラも左右対称でとても綺麗だ。
広げた中は綺麗なピンクだった。
当然吸い付いていく。

「あっ、あっ、あっ、こんなの10数年ぶり、いいー」

姉は離婚してから彼氏は作らなかったと後で聞いた。
夢中で秘部に吸い付いていたが・・・。

「欲しいの、来て」

「姉ちゃん、入れるよ」

正常位で生挿入。
姉弟は相性が良いと聞くが、最高の肉襞である。
激しく腰を使った。

「あぁ~イッちゃう、中に出して、中で感じたいの」

「姉ちゃん出すよ、うぅぅ」

私は激しく射精した。
人生の中で最高の射精だった。

「あぁ~、イクイク、イク~」

姉もイッた様子、ひくひくしている。
しばらく2人でぐったりした。

「しちゃったね。まさかこんなになるとは思わなかった」

「姉ちゃんのこと大好きだけど、こうなるとは思わなかった」

私達は見つめ合い、そっとキスをした。

「また姉ちゃんとこうなってもいい?」
「家族に絶対秘密に出来るならいいよ」

「墓場まで持って行くよ」
「時々ならいいよ」

私達は再び求め合った。
少し余裕の出た私は姉の全身を舐めた。
うなじ、腋、へそ、尻・・・。
しかし1ヶ所だけ許してくれない場所があった。
アナルだけはどうしても許してくれなかった。
姉も私の全身を舐めてくれて、最後に口で含んでくれた。

「私のを舐めてくれたお礼」

自然と69になった。
そして騎乗位で挿入。
私が射精するまで姉は2回イッたようだ。

今、私達姉弟は月に2回くらいの頻度でラブホで愛し合っている。
最初はおばさん下着だった姉も可愛い下着になってきた。
たぶん私達は死ぬまで愛し続けるだろう。