最近、衝撃的な出来事があり、誰かに知って欲しくて書き込みしてみました。
私はごく普通の35歳の主婦です。

それは、ある公園との出会いからでした。
家から車で30分足らずの所にあります。
運動公園というのでしょうか、野球やサッカープールにテニスなどが出来る設備が併設したとても広い公園です。
その横には芝の上に遊具を設置したスペース、そして小山があり、その斜面を使った日本庭園。
その中心には池があり、東屋が2つ。
子供が小さい頃に何度か利用したことがあります。
懐かしさから思わず立ち寄ってみました。

小山には遊歩道がり、久しぶりの運動がてら森林浴しようと足を踏み入れました。
遊具のある公園の奥から小山の遊歩道への入口に繋がっています。
遊歩道に足を踏み入れると、平日の夕方ということもあり人影はなく、私1人の独占です。
マイナスイオン一杯で身体も心もリフレッシュ・・・。

裸で歩いたらもっと開放的で気持ちいいだろうな。
ここって夜も閉鎖されない?
深夜にここに足を運び入れる人なんて絶対いないよね。

などという、いけない考えが頭を過りました。
なんとなく公園内の植木や東屋などの死角になるスペースを確認して帰宅。

しばらく時が経ち、公園の存在も忘れかけていた。
主人は出張で留守、子供の塾も休みで早々と食事を済ませ、さて何をしようかなと時間を持て余していると、あの公園のことを思い出した。

裸で歩いたらもっと開放的で気持ちいいだろうな・・・。
女性が裸で外を歩くなんて、異常すぎて聞いたこともない。
それに、それって犯罪じゃないの?
いけない事だろうけど、ちょっと興味がある。
でも、誰かに見つかったらレイプされても何も言えない。

(レイプ・・・)

私には以前からレイプ願望があった。
私のオナネタの一つだ。
しかし、それはあくまで想像の世界での話。

深夜のあの公園に行けば、開放的と共にちょっとだけそんなドキドキ感が味わえる?
全裸で公園を歩いたら、嫌なことも忘れるような気持ちになっていた。
それに、あの公園で全裸でオナニーしたらスリルがあって興奮する?

そう思うと色んな妄想が頭を過り、生理の前ということもありムラムラしてきた。

(一度だけ・・・)

もう後戻りできなかった。
深夜を過ぎてから子供が寝たのを確認し、準備を始めた。
誰にも会わないはずなのに、なぜかいつもより入念に身体を洗い化粧までしてた。
儀式の前に身体を清めている気分だった。
次第に緊張の高まりを感じていた。

脱ぎやすいように前開きの黒のワンピースに、ハイヒールのパンプスを選んだ。
遊歩道を歩きにくいだろうとも考えたが、あえてパンプスにした。
自分でセクシーだと思う服装の方が、より妄想が膨らむと思ったからだ。
期待と緊張感から心臓の高まりを感じていた。
今から全裸で公園を歩き、レイプされる自分を想像しながらオナニーするのだ・・・。
そんな自分の姿を想像すると、自分がどんな反応を示すのか楽しみだとさえ思った。

帰り用の服装を鞄に入れ、全裸になり素肌の上に黒のワンピースを着た。
黒のハイヒールのパンプスに足を入れて、公園へと車を走らせた。
公園へ近づくとともに、緊張感が増してきた。
もうすでに下半身に違和感を感じ、濡れているのがわかる。

公園の駐車場に着くと目立たない所に車を停めた。
数台の車はあったが、思った通り人影はない。
車を降り辺りを見わたしながら遊歩道の入り口まで足を運んだ。
そして遊歩道に足を踏み入れた所で、辺りを確認しワンピースを脱いだ。
全裸にハイヒールだけの姿が、月明かりに照らし出された。
ひんやりとし、心地よい夜風が全身を包み身体を通り過ぎていく。

(気持ちいい)

煩わしい日常生活から開放されたような爽快感さえある。
それと共に危険を感じ、緊張で心臓の鼓動が速まっていくのも感じていた。
今なら犯されても自業自得だ。
全裸でこんな所を歩いている私が悪いのだ。
しかし、バストは張り出し乳首がコリコリに立っていた。

もし見つかったら?
どんな風に犯されるの?
立ったまま押し倒されて、勃起しきった男性を口に突っ込まれ奉仕させられる?
浮浪者だったら?
お風呂に入ってない男性を口で奉仕できる?
もし複数だったら?
代わる代わる弄ばれても大丈夫?
などと、自ら問いかけていた。

(いいわ、今ならどんな事でも受け入れる)

私は妄想し、歩きながらオナニーしていた。
実際、今なら素直にどんな男でも素直に体を許しただろうと、この時は思った。
クリトリスは勃起し、愛液が太腿まで垂れているのがわかった。
ここで四つん這いになり、イキたい衝動を抑えるのに必死だった。
興奮と共に太腿に力を入れ、擦るように下半身へ少しでも刺激があるように歩いていた。
もうすぐ日本庭園の東屋に到着する、そこまで我慢しようと決めた。

そして東屋に到着すると道路まで見渡せる、辺りにも人影はない。
それに、この東屋は小山の中腹であり、しかも明かりがないため道路側からは見えない。
東屋の中心のテーブルに上がり、全裸にハイヒールだけの姿で四つん這いになり、オナニーを始めた。
それがどんなに恥ずかしい恰好であり、変態的な行為であるかを理解していたが、逆にそれが更なる刺激となっていた。
そして、お尻を突き出しオナニーを始め、腰を振ったり色々していると!

がさっ、がさっ。

(!!!!!!!!!!)

一瞬頭の中が真っ白になった。
びくっとして振り返ると、男が立っていた。
慌ててワンピースを取り胸に当て、足を閉じた。
状況が理解出来かった。
恐怖で体が震えていた。

(どうしよう?どうしよう?)と考えるが何も考えつかない。

恐怖と羞恥心から死んでしまいたいとさえ思った。
すると私の動揺振りを見て、男が声を掛けてきた。

「あのっ、大丈夫ですから、何もしませんから」
「驚かせて、ごめんなさい」
「落ち着いてください」

男は優しい声で私に話しかけてきた。

「昼間、ここで落とし物をしたのを思い出して探しに来ただけですから」

しばらく震えながら男を警戒していた。
しかし、話し方や態度から危害を加えられないと確信すると、次第に落ち着きを取り戻していった。

男は20代後半だろう。
黒縁メガネをかけたサラリーマン風。
鞄を持っていることから、こんな時間まで残業、その帰り?
しかし、先程までの行為を見られていたと思うと、改めて恥ずかしさで顔が真っ赤になり、今日の行為を激しく後悔しながら俯いていた。
すると男が口を開いた。

「ごめんなさい、見るつもりではなかったのですが」
「あまりに魅力的でだったので、つい・・・ごめんなさい」
「でも、こんな幸運に恵まれるとは思いもしませんでした」

そう言うと、笑みを浮かべていた。
何をされても文句言えない状態で、謝るのは私の方なのに、いい人で良かったと思い安堵した。
すると男は・・・。

「あ、あのっ・・・このことは誰にも言いません。だから、あの・・・」

躊躇いながら戸惑い、次の言葉が出てこないようだった。
私もやっと平静を取り戻しかけていた。
それに悪い人じゃなさそうだ。
誰にも言わないのは本心だろう、「だから、あの」とは、たぶん「私の裸が見たい」と言いたいのだろう。

「あっあの、ダメ元でお願いがあるんですが」

私はこの時点で、見せるだけなら構わないとさえ思っていた。
それに、このサラリーマンに好意のような気持ちさえも抱いていた。
こんなに良い人じゃなければどんな事になっていたか、考えただけで背筋が寒くなる。
お礼を兼ねて私の方から切り出してあげようと思った。

「私の裸が見たいの?」

「はっ、はいっ」

サラリーマンは即座に答えた。

私「乱暴しない?」

男「はい」

私「絶対」

男「絶対っ」

私「じゃあ、名刺貰える?」

そう言うと、サラリーマンは名刺を差し出した。
実は、私の中の小悪魔が呟いていた。。

(こんなチャンスは二度とないぞ!この男の前で裸体を晒してオナニーしたら刺激的だぞ!)

しかも、二度と会うこともないだろうし、彼が何もしないのは本心だろう。
もし興奮して強要されても、それはそれでちょっと刺激的かもという考えさえも頭を過っていた。

「いいわよ。見せてあげる」

男を東屋の椅子に座らせ、テーブルから下りて男の前に立った。
そして前を隠していたワンピースをテーブルに置いた。
深夜の公園で、見知らぬ男の前で自ら裸を晒した。
男は痛いような視線で私の全身を舐め回すように見ていた。
緊張で心臓が口から飛び出しそうだったが、見やすいように手を後ろに回した。

そして私から、「どうして欲しい?」と尋ねると、男は「バストを揉んで下さい」と言った。

言われるまま両手でバストを揉みながら乳首へも刺激を与えると、ジワジワと快感が走り、自分の意志とは反していやらしく腰が動いていた。
男はそんな様子を刺すような眼差しで見つめてくる。
初めて会った男の前で全裸を晒していると思うと刺激的だった。
男はたぶん私から問いかけなければ、自ら私に指示をしないだろう。
いちいち「どうして欲しい?」と聞くのがもどかしかった。
それに私の中のM心がくすぐられ、男から命じられたかった。

「何でも言って!早く」

思わず言ってしまった。
成人男性の前で全裸で、「何でも」と言ってしまった。
男は、私の言葉を理解したようだった。

「後ろを向いてお尻をこちらに突き出してください」

私は男に命じられるまま後ろを向き、ヒップを突き出した。
男の視線がヒップやその中心の秘唇にまで感じていた。

「もっと足を開いて」
「もっとお尻を上げて」

男は急に命令口調になってきた。
私は命じられるまま足を開き、お尻を突き出した。
それは、秘唇やアナルさえも男の目の前に差し出す格好だと理解していた。
あまりにも無防備な姿を男に晒していると思うと、逆に興奮が増すのを感じていた。

「テーブルに手をついて、もっとお尻を上げて」
「もっとおまんこが見えるように」
「返事は?」

思わず、「はっはいっ」と答え、テーブルに手をつき、さらにお尻を突き出した。

(犯される)

いや、この時点で私は男を受け入れる心の準備は出来ていた。

(あなた、ごめんなさい!)

そして、ベルトを外す音がした。
しかし・・・、なんとリーマンは最初の約束通り、「何もしない」という約束を律儀にも守っていた。
振り向くとズボンを下げて男性自身をしごき、私をおかずにオナニーをしていた。
目にしたリーマンの男性自身を見て驚いた。
主人のより一回り太く、そして両手で持っても余るくらいの長さがある。
リーマンが私を犯す気がないのがわかると、ほっとした。
でも、正直言うと、ちょっと残念だった。

(でも、受け入れOKの女が目の前にいるのにオナニーって?)

なんだか可哀想になり、いい人だったお礼に、お口で抜いてあげようと思った。
本当は私が近くで見たかったからだ。
一生懸命しごいているリーマンのもとへ歩み寄ると、リーマンは戸惑っていた。
でもすぐに理解したようで、『いいんですか?』という表情で動かしていた手を離し、背もたれに背を付けて股間を突き出した。
私はリーマンの前に跪き、リーマンの男性自身へ手を伸ばした。

「いいんですか?」と言ったので、私は頷いた。

リーマンの男根は、近くで見るとさらに大きく感じた。
長さも太さも私が知る限りでは一番大きい。
それに亀頭は傘を開きって天を向いている。
指先で亀頭や竿を弄ぶように触るとリーマンは焦れったそうにしている。
熱くて硬い。
それに、こんな大きなモノ、口に含めるのかとちょっと心配になるくらいだった。

いよいよ顔を近付けると、リーマンは男根を待ってましたと突き出してきた。
亀頭の先の滴を舌先で舐め、亀頭の周りや竿袋まで焦らすように舐めた。
上手かどうかはわからないが、私のが出来る限りの一生懸命の奉仕だった。
そして裏筋を舐め上げ亀頭を口に含んだ。
口一杯で顎が外れそうだが、何度もそれを繰り返した。
夫以外の男の持ち物を口で愛している。
その行為がとてつもなく卑猥に思え、たまらず右手で自らもオナニーをした。
そしてわざと音がするように咥え、口から離すと裏筋を舐め、そして今度は喉を開き、出来る限り喉の奥まで男根を咥えこんだ。
大きすぎて思ったほど飲み込めない。
しばらく奉仕を続けたが苦痛ではなかった。

そして一度口から離すと男を見上げ、「どう?」と聞くと、「もうすぐです」と答え、射精が近いことを告げられた。

再び亀頭を咥え、ピッチを上げ、時折喉の奥まで咥えこんだ。
性交している気になっていた。
私も、もう我慢できなかった。
一緒にイキたかったので右手で男根を擦りながらさらにピッチを速めると、亀頭が大きくなり、それがさらに増したと思った瞬間、大量の精液がドクドクと口の中に注がれてきた。
同時に私も絶頂へと達していた。
ピクピクと腰を痙攣しながら精液を口一杯に含んでいた。
主人の精子も飲んだことがなかったが、この時は精液を全部飲みたかった。
一旦男根を口から離すと、口一杯に含んだ精液を一滴残らず飲み干した。
そして、ピクンピクンと動いている男根を再び口に含み、綺麗に掃除した。

「どうでした?」

私が聞くと、「今までで一番良かったです」とリーマンは答えてくれた。
しばらくしてリーマンは・・・。

「名刺のメールアドレス、私個人のですから」

そう告げると足早に去って行った。