就職3年目の25歳の会社員です。
先日、53歳の叔母さんとセックスしてしまいました。
母が入院して父が出張でいない日、叔母さんが母のお見舞いに来て一晩泊まっていったのですが・・・。
私が風呂から上がったときにフルチン状態を見られて・・・。

「あらサトシ君、立派になって。おばちゃんに見せてごらん」

そう言って跪いた叔母さんがチンポをパクリ。
亀頭を舌で転がされて、あえなくフル勃起。

「まあすごい、おばちゃんとセックスしましょ」

叔母さんに手を引かれて居間に行くと、叔母さんは下だけ裸になり、私にお尻を向けて指でオマンコをパックリと広げました。
ドドメ色のビラビラがベロンと捲れ、ピンクの穴がポッカリ。

「早く入れて・・・」

さっきまでの優しい叔母さんの顔から発情した牝の顔になっていました。
叔母さんのオマンコから溢れ出た淫蜜が内股を伝い、畳にまで垂れました。

「そのまま入れなさい。おばちゃん、もう無いから・・・」

それは閉経したことを意味するのでしょうが、その前に叔母と甥では近親相姦です。

「おばちゃん、マズいよ。叔母と甥だよ。血縁者だよ」

「大丈夫よ。もう子供はできないから」

そういう問題じゃないと思いましたが、目の前のパックリ開いたオマンコに我慢できず、勃起したチンポを叔母さんの剥き出しのオマンコに押し入れました。

「あぁ・・・大きい・・・」

叔母さんのお尻を掴んで、パンパンと音がするほど思い切り腰を振りました。
しばらく後輩位で繋がっていましたが、叔母さんは身を翻して仰向けになると上体を起こして対面座位になり、上半身も裸になりました。
やや弛んだ乳房が揺れて卑猥でしたが、白髪交じりのドドメ色のオマンコに刺さる自分のチンポに興奮しました。

叔母さんは体を起こすとキスしてきました。
母より3歳上の54歳の叔母さんとキス・・・。
舌を差し込まれて絡ませる濃厚なキスでした。
キスと同時に叔母さんのオマンコが締まり始めました。
私が思い切り腰を突き上げると、叔母さんは私にしがみついて、「あんぅっ!ああーっ!あうっ・・・あふぅ~・・・あんーっ!」と喘ぎ始めました。

「硬い・・・硬いのが奥に当たってる・・・ああっ・・・イッちゃいそう。甥っ子のチンチンでイッちゃう・・・」

叔母さんは身体を仰け反らせてビクンと大きく痙攣しました。
対面座位の状態を保てなくなった叔母さんは、ゆっくり仰向けに倒れ、正常位になりました。

「叔母さん、イッちゃったの?妹の息子に抱かれてイッちゃったの?」

叔母さんの耳元で言うと、叔母さんのオマンコがさらに締まりました。

「叔母さん、俺の精液で孕んで子供産んでよ!」

腰を突き上げながら叔母さんに言うと・・・。

「ああ、甥っ子の精液で孕ませられたい・・・ああ~~」

「叔母さん、イクよ。もう限界。俺の精液で孕んでね、叔母さん・・・」

「イクーーーッ!甥っ子の精液で孕んじゃう~~!」

叔母さんはとんでもない禁忌の言葉を発して身体を震わせました。
私は叔母さんのオマンコの奥深くに思いきり精液を注ぎ込みました。
その後、お風呂に入った叔母さんでしたが、お風呂から上がってビールを飲んでたらまた勃起してしまって、おばさんを押し倒して2発目を注ぎました。

翌朝早く私は出勤して、夜帰ると叔母さんはもういませんでした。
父もまだ帰っていなくて、何となく寂しくなって、昨夜叔母さんが淫蜜を滴らせた畳の匂いを嗅ぎました。
なぜだか無性に叔母さんの熟した身体が恋しくなりました。