私が小学校6年生だった昭和61年。
中部地方某県での身体測定での出来事です。

当時、私が通っていた小学校では、毎年春の身体測定は男女同時に体育館で行っていました。
今のご時世では考えられませんが、男女ともにパンツ1枚での身体測定です。
小学校低学年の時は男女とも恥じらいとかなく、みんな同じように和気藹々とした雰囲気でしたが、小学校4年生くらいからは、男同士でもパンツのことを気にしたり、女の子の体つきの変化に興味を抱いたりし始めました。
当時は皆、グンゼかBVDの白ブリーフでした。
時折ワンポイントのキャラクター入りの白ブリーフを穿いてる奴もいました。

小学6年生4月、身体測定の日がやってきました。
私は朝、おろしたてのグンゼの白ブリーフを穿いて登校し、身体検査の時間までドキドキしていました。
なぜかと言うと、当時思いを寄せていた女の子の裸が公然と拝めるのはこの時しかないと、5年生の時から思い続けていたからでした。
私の気持ちを知ってか知らずか、彼女は友達の女の子に、「私、今日キティちゃんのパンツ穿いてきちゃった!」と無邪気に語っていました。

身体測定の時間がやってきて、6年生全員(男女合わせて150人以上)が体育館に集合し、教師の指定した場所で各自が脱衣を始めました。
私が体操服の上下と靴下を脱いでパンツ1枚になり、クラスの出席番号順(私は3番)に並んでいたら、男友達から、「今日、オニューのパンツだろ?」というツッコミが入りました。
その頃、女子達は体育館の向こう側の壁際で男子生徒の視線を気にしつつ、恥じらいながらモゾモゾと体操服を脱ぎ始めていました。

男子に遅れること数分、女子が出席番号順に整列しました。
男子との違いは、みんなが胸を両手で覆っていることです。
身長、体重、胸囲、座高等の測定を150人余りの児童が終えるまでにはかなり時間がかかりました。
並んでいる時間の方が長いのですが、教師からは「私語厳禁」を言い渡されているため、ほとんどの児童は無言(ヒソヒソ話はあり)で列に並んでいます。

思春期に差し掛かり、私を含めた多くの男子は女子のパンツの姿に興味津々という目をしており、女子のほとんどは胸を手で覆って男子と目を合わさないよう俯きながら列に並んでいました。
膨らみかけた乳房とほんのりピンク色の乳首があの両手の向こう側に隠されていると思うだけで、私の股間も普段より硬くなってきているのがわかりました。
しかし、前後に並ぶ男子に悟られてはならないので、股間の動揺を抑えるのに必死でした。

股間の動揺が収まりかけた頃、私からそう遠くないところに私の思いを寄せる彼女がいて、これから身長測定をするところでした。
身長測定の際に胸を覆う両手は体側部へ。
そして膨らみ始めた乳房、そして男子のものよりは明らかに大きな乳輪が私の目に飛び込んできました。
今朝の予告通り、キティちゃんのバックプリントの白いショーツが印象的でした。

5年生の時はあまり意識しなかったのに、この1年間でおそらく彼女は初潮を迎え、大人の女性への階段を昇り始めているのだろうということを、このとき私は直感しました。
自分の目に入ってくる他の女子たちのパンツ姿を見るたびに股間の動揺が抑えられなくなりましたが、なんとか周りの男子にバレることなく、無事身体測定が終わりました。

夕方、家に帰ると、昼間の光景が頭の中を巡り始めました。
気が付けば股間の動揺が抑えきれなくなり、今までにない硬さと膨らみになっていました。
自分の部屋に入り、体操服から普段着に着替えようとパンツ1枚になったときのことです。

“◯◯さん(好きな女の子)のおっぱい膨らんでて、乳首(正確には乳輪)も俺のよりデカかったなぁ”

気がつけば、自分で自分の乳首を触りはじめていました。
触っているうちに股間が更に膨張し、おろしたばかりの白ブリーフの上からでも、そのいきり立つ形がわかりそうなくらいになっていました。
左手で、まだ包皮に包まれたペニスを白ブリーフの上からさすり、右手で乳首を摘み・・・。
しばらくの間、恍惚とした時を過ごしていたら、急にオシッコをしたいような感覚に襲われました。
慌てて白ブリーフを脱ごうとしたその瞬間。
大人の射精のリズムとは違い、たった1回で全てを出し切る感じで、初めての射精が起こりました。

今まで見たことのない粘り気のある液体からは、漂白剤みたいな臭いがしました。
5年生の時、性教育の時間に習った『精通』であることを、すぐに私は悟りました。
と同時に、なぜかものすごい罪悪感を感じました。
誰に対して、何に対しての罪悪感なのか、今もよくわかりません。

その時から30年が経った今・・・。
年齢とともにオカズの種類も豊富になりましたが、あの身体測定の時の彼女に勝るオカズにはいまだに出会っていません。