中学生のとき、オレはアホみたいにスカート捲りをしてた。
なんていうか女の子がキャーと言うのが楽しかった。
勝手に喜んでると思ってた。
オレのおかげで可愛い子のパンツが毎日拝めるということもあり、オレは男子皆に『名人』と呼ばれ、ちょっとしたヒーロー気分だった。

ある日の休み時間。
オレはとある女の子に狙いを定めた。
背が150センチぐらいの子で目がクリッとしてそれなりに可愛い。
ただ、そんなに目立つグループにいたわけじゃないから、どちらかと言えば隠れファンが多かった感じだ。

オレは廊下ですれ違いざまにすっと目の前に回り込み、スカートの端を引っ張って思いっきり上げた。
名人は、ただ捲るだけじゃない。
上げられるところまでめいっぱい捲り上げて、少なくとも5秒程度は静止をする。
なぜならオーディエンスにもしっかり見せたいし、オレ自身もしっかり目に焼き付けたいからだ。

途端に、信じられないほどの大きな悲鳴が、その子だけではなく周りの子からも上がった。
なぜかその子はノーパンだった。
初めて見る生割れ目にオレは一瞬固まった。
その子はまだちゃんと毛が生え揃ってなく、濃い毛が2~3本あるくらい。

オレが手を離すと、その子はその場にしゃがみ込んで泣き出した。
周りに人集りができる。
オレは焦ってそこから走って逃げだした。
学校に逃げ場なんてないのに。

後々聞いた話だが、その子がなぜノーパンだったかというと、1限目が水泳だったために家から水着で来たが、着替え用の下着を忘れてしまった。
仕方がないからノーパンで過ごしていたが、やっぱり恥ずかしいと思い、保健室に相談に行こうとしたところだったらしい。

オレは先生にめちゃくちゃ怒られ、放課後までは廊下で正座。
当然、女子全員にシカトされ、学年が違う子にまで噂は広まった。
男子は割と同情してくれたが、表立ってオレと話すと無視されるからと学校ではあまり絡むことはなかった。
卒業くらいには少しずつ話せるようになったが、はっきり言って生きた感じは全然しなかった。

高校に入る前の夏休みに、彼女の実家に電話して謝ったら、「もう気にしてないよ」と言ってもらえたのが唯一の救い。
まあそこからは精神的に解放されて、思い出してオナネタにも出来るようになった(笑)