10歳も年下の従妹がおりまして、私が大学を卒業して上京するまで一緒に遊んでやりました。
従妹の名前は由紀といいまして、とても可愛い女の子でした。

近くの公園で遊んでやることが多かったんですが、そこには登り棒があります。
一番上まで上ると結構な高さがありました。
まだ由紀が小学校1~2年の頃は腕の力が弱く、ほとんど上れなかったんですが4年生になって力がついてくると登れるようになりました。

「由紀ちゃん、すごいね!」

そう言ってあげると、得意になって登ったり下りたりします。

ある日、由紀が調子に乗って、半分のくらいの高さまで登っていきました。
降りる時に加速がついて、自分が思ったよりも早い速度になってしまったらしく、ものすごい色っぽい表情で下りて来ました。
下りた後も呆然としている由紀に、「どうしたの?」と聞くと、「何でもない」と言って顔を真っ赤にさせてました。

その日はそれで家に戻ったんですが、後日また公園に行くと言うので一緒に行くと、登り棒に登り始め、スルスルと一番上まで行ってしまいました。
上からピースサインをするので、「危ないから下りておいで」と言うとスルスルと下りてきたんですが、また加速がついてしまい、口を半開きにし上を向いて下りて来ました。
また由紀の顔が赤くなってたので、「どうしたの?顔が赤いよ」と聞くと、「何でもない」と言うんですが、そのあと由紀がやたらと股の辺りを触るんです。

また由紀は登り棒に向かい、一番上まで行きました。

「下りておいで」

今度はなかなか下りてきません。

「じゃあ先に帰っちゃうよー」

そう言うと由紀がまた色っぽい表情で下りてきました。
由紀はしばらくその場に座り込んでしまいました。

「どうしたの?息が荒いよ?」と聞くと、「何でもない」と潤んだ目で私の方を見ます。

「じゃあ帰ろうか」と言うと、腰がくだけたのかヨロヨロしながら私の後をついて来ます。

由紀の歩く速度が遅いので、おんぶしてあげました。
偶然を装って後ろに回した手を由紀の股間に持って行くと、パンツが少し湿っていました。

「由紀ちゃん、登り棒は楽しい?」と聞くと、「登り棒は疲れる」と答えます。

「じゃあ登らなきゃいいのに」と言うと、「お兄ちゃんに見せるためにやってんの」と由紀は言いました。