従弟の家に泊まりに行った時に、従弟と姉のエッチを見てしまった。
当時、従弟は中1、俺は中2、姉は中3。
よく従弟の家に泊まりに行ってた。
寝る時は3人で布団を並べて、従弟を真ん中にして寝てた。

姉は小柄で、たぶんヤリマン。
家に男をよく連れ込んでる。
顔は安達祐実似。
一応、優しい。

従弟は華奢で、姉より体小さいかもしれない。
美形だけどナヨナヨしてる。

俺は夜、爆睡してほとんど起きないのだが、その日は寝る前に水分を取りすぎたために、おしっこがしたくなって目が覚めた。
喘ぎ声が聞こえた。
俺は驚きで固まった。

耳を澄まして喘ぎ声のする方を見ると、従弟に腰を振られて姉が喘ぎ声を出してた。
従弟のチンコは風呂に一緒に入ってる時に見たが、まだ仮性でかなり可愛いチンコだった。
自分で剥いて一生懸命洗ってたし。
そのチンコに今、姉は喘ぎ声を出してる。

少しすると従弟は姉の腹の上に出した。
出したと言っても量は少なかったが、姉は腹と穴を拭き、従弟にお掃除フェラを始めた。
従弟の可愛いチンコは姉の口の中に全部入ったように見えた。
また従弟はすぐに射精したようで、姉は従弟の耳元で何か言って別々寝た。
ちょっとして俺はトイレに行って、もう一度寝た。

次の日、何事もなかったように普通に3人で行動した。
夜に風呂で、従弟にストレートに聞いてみた。

「昨日の夜、見ちゃったんだけど・・・」って。

最初は誤魔化そうとしてたけど、誤魔化せないと気付くと従弟は認めた。
従弟のチンコを鷲掴みして、「いつから?」って聞いたら、「もうわかんないくらいした」って。

従弟はすぐに勃起した。
やっぱり小さい。
たぶん8センチ弱くらい。
従弟に手を払われて、触り返された。
俺は半勃起した。
手を振り払って、従弟の目の前でチンコをブランブランさせた。
ちなみに俺のは従弟の倍くらいある。
かなり落ち込んでる感じが伝わってきたので、「今日もするの?」って聞いた。

「たぶん・・・」

従弟が元気なく答えた。
夜になり、寝る準備が終わり、電気を消した。
気づくと朝だった。
姉とやってるのを見ようと思ってたのに寝過ごした。
残念だった。

それ以来、俺は従弟の家には行ってない。
姉に、この事を話すか迷ってる。
今こうして思い出すと、混ざって3Pすれば良かったと思う。