最近、夫婦で変態プレイにハマっています。
妻(28歳)を、白のカットソーとフレアスカートというラフな格好にさせてデートするのです。
カットソーの下は色の派手なブラジャー1枚だけにします。
夏で汗ばんだ真っ白で薄地のカットソーには、恥ずかしいくらいにブラジャーが透けています。
Dカップある妻の胸は、前から見てもくっきりと、ブラの線が浮き出ています。
男なら誰しも揉みしだきたくなるような胸の膨らみ。

先日はピンクのブラでデートしました。
近年の下着メーカーの透けブラ対策で、街からめっきり透けブラ女がいなくなりました。
そのためか、希少な透けブラを見せる妻に、街の男たちの視線が熱いのです。
胸にはブラの花柄模様が浮き出ていて、背中はホックのタグが見えるほど透けています。

「あそこのサラリーマン、お前の透けブラをちらちら見てるぞ」

「いやあ、恥ずかしい」

いわゆる視姦。
妻は視線で犯されているのです。
駅のホームやショップなどで、周りにわざとピンクの透けブラを見せつけます。
男性のみなさんは、まー見るわ見るわ。
でも、それがたまらなく妻を興奮させるのです。

「おい、後ろのオッサン、お前の透けブラをエロい目で見てるぞ」

「やだあ・・・」

「きっと、頭の中でお前のこと犯してるんじゃないか」

「もう・・・変態っ」

そんな会話をしながらも、妻は私にこう耳元で囁くのです。

「ねえ、濡れてきちゃった」

だんだん、とろけるような目つきになる妻。
それを見て私も股間が熱くなってきます。
妻の背中から透けるピンク色の下着を見ていると、私自身も妻を犯したくなってきます。

変態プレイはさらにエスカレートします。
スカートをカバンに引っ掛けて街を歩くのです。
つまり後ろからパンティーが丸見えになっている状態。
気づかないふりを演じ、ピンクのパンティーを見せながら夫婦でデート。

「さっきの大学生、ずっとお前のパンティーを見てたぞ。きっと帰ったらお前のパンティーをおかずにオナニーするんじゃないか」

「ええ・・・そんなあ・・・ううーん」

「ほんとは嬉しいんだろ?」

「言わせないでよ、もー!」

私たち夫婦は、こんなアブノーマルなデートでお互いの愛を高めあっているのです。
妻の恥ずかしい姿を他の男に見られている。
妻が男の脳内で犯されたいる。
そう思うと、妻がたまらなく愛しく思えてくるのです。
嫉妬が胸を熱くします。

変態デートを楽しみ、お互いの性欲が存分に高ぶったところで、私たちは、とある学生寮に行きます。
その学生寮の一室を、私は仕事の関係で借りているのです。
(仕事部屋みたいな感じです)
ラブホや家ではなく、この学生寮でエッチをするのは大きな理由があります。
私たち夫婦は、漲らせた性欲をこの部屋で発散させます。

「真弓・・・もうグッチョグチョじゃないかあ」

スカートに手を入れてアソコを触るとパンティーが湿っていました。
パンティーの上からオマンコを刺激すると、妻は吐息を漏らしはじめました。

「はっ・・・はんん・・・あっ・・・」

ディープキスをしながら、立ったままペッティングを楽しみます。
お互いの気持ちいいところを弄り合います。
身を捩らしていく妻はなんともエロい。
妻を壁際に向かせ、私は妻の背中の透けブラを舌でなぞりました。

「いやしいな・・・ブラジャーが透けてるぞ。みんな、この透けブラを見て興奮してたんだ。でも今は俺だけのものだ」

街中の男に視姦された妻を1人占めできる感覚は、私の支配欲を満たしてくれます。

「さあ、脱ぐんだ」

私は妻のカットソーとスカートを脱がせ、妻を下着姿にさせました。
ピンク色の下着。
真っ白な素肌。
白のフリルが施されたブラジャーとパンティー。
贅肉の一切ない艶やかな体。
なんともセクシーな下着姿です。
私は妻を後ろから襲いました。
Dカップの胸を揉み、唇を奪います。
胸を揉み、片方の手をパンティーに忍ばせて円を描きました。

「ああん・・・ああっ・・・」

妻の喘ぎ声もどんどん声が大きくなっていきます。
パンティーの中に指を入れると、オマンコはびっしょり濡れていました。
私は腰を下ろし、激しい手マンをしました。

グッチャグッチャグッチャグッチャ・・・。

いやらしい音を立てながら妻は水滴を噴射します。

「アアアーーーーーいやーーーーーーーー」

床に水溜まりが作られていきます。
手マンで2度、3度とイカせると、妻は放心状態になりました。
腰をピクピクさせています。
少し休憩すると、妻は口をパクパクさせながらつぶやきます。

「ねえ、挿れて・・・」

「オチンチンが欲しいのか?」

「うん・・・欲しい」

私は全裸になりました。
そして妻のパンティーをずらし、お尻の割れ目にペニスを当てました。
ペニスは熱く硬く、上をまっすぐ見上げています。
挿入の直前、私は妻にあることを教えました。

「今日もまた盗み見みしてるぞ。あいつら」

部屋の窓際の向かいには、学生寮の食堂があります。
その食堂の休憩室の小窓から、大学生たちがこちらを覗いているのです。
私たち夫婦は以前からそれを知っていました。
知っていて、ここでセックスをするのです。
カーテンも閉めずに。

彼らが覗いている状態でのセックスは、なんとも興奮を煽るのです。
しかも、その大学生の中には女子も混じっています。
女子大生にセックスを見られているという異様さが、私の性欲をさらに加熱してきます。
ペニスは恐ろしいくらい勃起してきました。
私は妻のオマンコにゆっくりとペニスを挿入していきます。

「アアアん・・・あっ・・・」

妻の背中が仰け反ります。
立ちバックで私は妻を犯しはじめました。
腰を掴み、激しいピストンを繰り返します。
喘ぐ妻の声はもう近所迷惑になるほどの大きさになっていきます。

「あん、あっん、あああっ、ああん、ああん・・・」

色っぽい声はペニスを堪能していました。
この部屋の壁は薄い。
隣の住人はきっと壁に耳を当てているでしょう。
もしかしたらセックスの声でオナニーをしているかもしれません。
想像すると脳内がクラクラするほど熱くなりました。
立ちバックで狂うほど妻を犯し、次は騎乗位でセックスしました。
ピンク色のブラジャーを剥ぎ取り、露わになった乳房を回しながら揉みます。
妻の腰つきは跳ねるような音を立てています。
揺れる豊満な乳房は見ているだけでヨダレが出てきそうです。
私は妻の乳房を揉みしだきました。
乳首もしっかり愛撫しながら揉みました。
妻の声は、さっきよりも卑猥に、そして大きくなっていきます。

「アアアアアア・・・アアアん・・・アンアンアンアン」

目は白目になって、意識がおかしくなっているほど喚いています。
私も射精感に襲われました。

(ああ・・・イキそうだ・・・。でもその前に、やりたいことがある)

私は射精をこらえました。
妻を起き上がらせて窓際に連れて行きました。
パンティーも脱がせて全裸にし、窓際に手をつかせて、再び立ちバックで犯しました。
きっと真向かいの食堂から丸見え状態でしょう。
学生たちの存在に気づかないフリを続け、夫婦は裸でセックスに夢中になります。
見られている快感が私たち夫婦の興奮を爆発させてくれます。
立ちバックで犯される妻は途中何度も昇天していましたが、私はかまわず腰を振り続けました。
射精感がまた押し寄せてくると、私は腰の振りを高速にしました。

「イク・・・イク・・・あっ・・・」

イク瞬間、ペニスを抜いて、私は妻を跪かせて妻の顔にぶちまけました。
ドロドロの生臭い精子が妻の上品な顔を覆いました。
妻は息を切らし、肩を揺らしていました。
イキすぎて朦朧としているようでした。
目の焦点の合わない妻の顔は間抜けなほど脱力して、意識喪失といった感じでした。
覗き見している学生たちは、きっと胸をドキドキさせて覗いているのでしょう。
私は人形のようになった妻を抱き寄せてディープキスをして、その後も何発も犯しました。